ななじ眺は旦那がいて結婚して子供もいる?脳梗塞の病気なの?

今回は漫画家のななじ眺(ななじ ながむ)についてみていきましょう。

ななじ眺について

ななじ眺さんは10代の頃から漫画家として活躍しており、『マーガレット』で少女漫画を描き続けています。

代表作はドラマCDも発売された『パフェちっく!』ですね。

そんなななじ眺さんは結婚しているのでしょうか?

 

ななじ眺の結婚した旦那は誰?

ななじ眺さんは結婚して旦那さんがいるようです。

一般人のため、年齢や画像など詳細は明かされていません。

たまにTwitterで「ちち(旦那さんの愛称)」のことをつぶやいています。

スポンサードリンク

 

ななじ眺と旦那さんの間に子供はいる?

ななじ眺さんと旦那さんの間には、お子さんはいらっしゃらないようです。

その代わり大型犬を飼っているようで、夫婦で交代でお世話しているようです。

 

ななじ眺は脳梗塞だった!

ななじ眺さんはマーガレットで連載されていた「あるいとう」が連載スタートした2011年4月直後、脳梗塞を患ってしまいました。

長期入院を余儀なくされ、連載はストップしてしまいます。

まず、もうマンガ家として復帰できるかどうかもわからなかったから。

下手したら麻痺も残ってたし。もうめまいもすごくて。

めまいは一生残るだろうって言われてたから、我慢しながら描くしかないって言われてたんです。

本当すごかったです。

自分は動いてないのに、全部がずっと動いてるように感じて。

葉月めぐみちゃんと一緒にやってたチャリティ雑誌(参照:「君届」番外編も!マーガレット作家によるチャリティ本)も出すのを延期したくらいで。

でも入院中、めっちゃリハビリがんばって。

このように必死のリハビリの甲斐あって、無事漫画家に復帰できたようです。

命に別状が無くてよかったですね。

 

ななじ眺の脱・王道少女漫画への挑戦!

ななじ眺さんといえば「パフェちっく!」などの王道ラブコメが印象的ですよね。

しかし、「あるいとう」という漫画では、「強く朱(あか)るくたくましく」生きようとする主人公・くこが、自身のことや人間関係に悩みながら成長していくという物語。

ラブコメは少しお休みして、シリアスめの話を描きたいという気持ちがあったのですが、テーマがすごく重いので、かなり辛かったようです。

こんな重いテーマを、私が描けるのかなって。描きたいって思っていたのに、本当に描けるのかなってずっと思いながら描いてきました。

スポンサードリンク

言っちゃうと、売れる内容じゃないというか、読者さんを選ぶだろうなというのもわかっていたので……。

生活、大丈夫かなって(笑)。

でも旦那も「今は好きなことやりなさい」って言ってくれたので。

ヒット作があると、好きなことにチャレンジしようという気持ちも自然と芽生えてくるのでしょうね。

男性の読者さんが増えましたね。

それまではほとんど女子で、たまに彼女のを借りて読んだっていう男の子はちらほらいたんですけど。

「あるいとう」は、男女問わず、全国各地からわざわざ神戸でのイベントに来てくださる方もいらっしゃって。ありがたいですね。

ななじ眺さんの漫画家としての挑戦はまだまだ続くようです。

 

ななじ眺は兵庫県出身!

ななじ眺さんは兵庫県加西市出身で、地元への恩返しの意味もこめて以前サイン会を開催したことがありました。

サイン会は、奈良時代の地誌「播磨国風土記」に出てくる悲恋物語「根日女伝承」を描いたななじさんの作品「ねひめのとき」(神戸新聞総合出版センター刊)の出版を記念して開かれた。

加西をはじめ、小野や加東市、福崎町などからファンら63人が列を作った。

参加者はサインをしてもらうために、パフェちっく!やねひめのときの主人公である亀山風呼、新保壱、新保大也の3人からお気に入りの1人を選択。

ななじさんが、ねひめのときの裏表紙に主人公の顔とサインを次々と描いていった。

サインだけでなくて、イラストまで描いてくれるなんて、ファンとしては一生の宝物になりますね!

 

ななじ眺はデビュー直後に被災していた?

ななじ眺さんは1995年、19歳でデビューした直後に阪神・淡路大震災に見舞われました。

あの時はちょうど、漫画を描いている最中でした。

数日前から高熱を出して寝込んでいたのですが、どうしても原稿を仕上げなければならなくて。

揺れがひどく、インクがこぼれてしまったのを覚えています。

幸い、大きな被害はなかったのですが、家族全員、いつでも逃げ出せるようにと同じ部屋に集まっていました。

被害がどんどんひどくなっていく様子をテレビで見ているうちに居ても立ってもいられなくなって、高熱にもかかわらず、ボランティアに行こうとしたんです。

その時、父から「自分にできることは他にあるだろう」と言われて、はっとしました。

今の私にできること…それは、漫画を描くことなのだと。

幼少期から、人になにかを伝えたいという気持ちが強かったななじ眺さん。

「自分にできること」は漫画を描いて、その思いを皆に届けること。天職だと悟ったそうです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)