漫画家・やまだ紫の夫は?娘がいる?死因について!

漫画家・やまだ紫(やまだむらさき)さんは2度結婚をしています。

今回は前夫と2人目の夫について注目して記事をまとめました。

 

やまだ紫の夫は?

やまだ紫さんは結婚を2度されています。

Wikipediaには次の記載がありました。

2人目の夫は、元『ガロ』副編集長の白取千夏雄で、年齢は17歳下である。

1人目の夫についてはあまり情報がありませんが、前の夫との離婚理由などが気になりますよね。

 

前夫との離婚理由は?

やまだ紫さんの前の旦那さんについての情報は見つかりませんでしたが離婚に関する情報はあります。

スポンサードリンク

やまだ紫さんは何が原因で離婚されたのでしょうか。

 

DVだった!?

やまだ紫さんが前の旦那さんと離婚した理由について、DVや子育てに非協力的だったとの情報があります。

さらに休筆期間にはいったのも前夫が原因だったようです。

71年10月、同居したとたんに夫の酒乱によるDVが始まり、輝かしい「ビッグコミック賞」佳作の受賞以後、彼女は作品をほとんど発表できなくなる。

漫画史的に言うと、1978年に「ガロ」で「復帰」するまでの約5年の間、「やまだ紫はこの間『結婚・育児による休筆期間』に入った」ということになっている。

結婚による同居のその日に、彼女はいきなり殴られたという。

「いいか、これからは俺の言うことを黙って聞け!」と。

そしてそれからというもの、酒を飲むたびに絶対的な暴力によって蹂躙され服従させられ、謝罪と裏切りを幾度となく繰り返され、挙げ句、その男は他の女のところへ通うようになったという。

驚くべきことに、次女のYちゃんを出産するその時も、何ら夫の手助けはおろか一切協力はなく、浮気の相手を連れ込んでいた形跡さえあったという話を聞いた。

ひどい話ですが、やまだ紫さんは何故このような男性と結婚したのでしょうか。

結婚したとたん旦那さんが豹変してしまったのでしょうか。

 

BlueSkyにおける「前夫」像はキャラクタ造形!?

やまだ紫さんの作品に出てくる登場人物は、前夫がキャラクタ像であるとも言われています

『BlueSky』における「前夫」像はキャラクタ造形ともに、ほぼ事実である。

BlueSkyという作品で出てくる「前夫」像はほぼ事実とのことで、作品の内容が気になりますよね。

概要は次のとおりです。

商店街の外れで化粧をしてお酒を注ぐ。

2児の母、愛子さんは無理解な夫と別れてスナック「ブルースカイ」営んでいる。

子育てや店の切り盛りに追われる毎日の中である日、アルバイトとしてやってきた一回りも年下の一郎にいつ日か魅かれていき…

これはご自身の経験がもととなった作品なのでしょう。

だとしたら、やまだ紫さんにとってはあまりいい思い出ではない作品なのでしょうかね。

 

現在の夫は白取千夏雄

スポンサードリンク

やまだ紫さんの2人目の旦那さんは白取千夏雄(しらとり ちかお)さんです。

白取千夏雄さんの職業などについて調べました。

 

元「ガロ」の副編集長

白取千夏雄さんも漫画関係のお仕事をされていたようで、最初は漫画雑誌「ガロ」のお仕事をしていました。

元々漫画家志望で手先が器用だったことから図案文字などレタリングもこなし、1990年代初頭には「ガロ」のDTP化を行う。

新人としては古屋兎丸や福満しげゆきなどを発掘する。

1997年、青林堂から親会社ツァイトに移籍。山中潤社長体制下において『ガロ』副編集長と『デジタルガロ』編集長を兼任し積極的にデジタル路線を進めるが、手塚能理子ら編集部員の反発を招き、青林堂の分裂と『ガロ』の休刊を招いた。

手塚らが青林工藝舎を設立した後も青林堂に残り残務処理に当たった。

その後、大和堂の蟹江幹彦が青林堂の経営を引き継ぎ『ガロ』を復刊させるが、白取が創設した読者投稿コーナー「4コマガロ」の担当を一方的に降板させられるなど冷遇的な扱いを受ける。

結局『ガロ』は2年で再び休刊となり、白取も青林堂を退社する。

漫画雑誌「ガロ」は、低迷が続いたり社内の内紛があったりし、休刊しては復刊もあったようですが現在は休刊となっています。

なお、NHKテレビ小説の「ゲゲゲの女房」の中では「ゼタ」として「ガロ」が出ていました。

 

2017年に他界

やまだ紫さんの2人目の夫である白取千夏雄さんですが。2017年3月に死去されています。

2005年に白血病の宣告を受け、2007年よりやまだ紫と共に夫婦で京都に移住。

2008年より京都精華大学にて非常勤講師を務める。

また、日本ジャーナリスト専門学校講師に就任したが、病状の悪化に伴い休職。

2015年にメルケル細胞癌併発。

廓清手術、放射線照射、化学療法を受けるが転移。

2017年3月17日午後8時頃死去。

10年以上に及ぶ闘病生活だったようですが、そんな中でも大学や専門学校の講師もやられていたようですね。

しかし、残念ながら2017年に死去されています。

 

娘について

やまだ紫さんには娘さんがいるようです。

年齢や現在は何をしているのかが気になりますが子供に関する情報はありませんでした。

 

脳内出血で他界

やまだ紫さんの2人目の夫である白取千夏雄さんは2017年3月に死去されていますが、やまだ紫さんは2002年に他界されています。

やまだ紫さんもまた、長年に渡り闘病生活が続いていたようです。

やまだ紫さんは2002年に腎臓を摘出、その後は糖尿病を患うなど闘病生活が続いたもよう。

2009年5月5日、京都市内の病院で脳内出血のため死去したことが報じられた。

夫婦共に病気に苦労されていたようですね。

ご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)