杉浦日向子の夫は?死因は頭頸部がん?タバコが原因?病気について!

漫画家、江戸風俗研究家、エッセイストとして活動する、杉浦日向子さんについてご紹介しています。

 

杉浦日向子の夫

旦那さんは誰なのでしょうか?

夫は作家・博物学者の荒俣宏。

博物学者、図像学研究家、小説家、収集家、神秘学者、妖怪評論家、翻訳家、タレントという多才な顔をもつ方です。

旦那さんの画像は↓です。

荒俣と結婚した際は「女性的な荒俣と男性的な杉浦とで、似合いの夫婦だ」と評された。

どんな方なのでしょうね。

スポンサードリンク

東京都出身。

中学生にして平井呈一に弟子入りし、平井と交流していた紀田順一郎を紹介されさらに兄事した。

幻想小説や怪奇小説に魅かれ、野村芳夫と同人誌を発行するとともに、鏡明と国外作品の翻訳に取り組み、ハワード・フィリップス・ラヴクラフトやロバート・E・ハワードらの作品を手掛けた。

作家活動にも尽力してきた方のようですよ。

ただ、現在は離婚しているそうです。

互いに多忙のため同居せず。

荒俣の女性問題が原因で、半年で離婚。

不倫はいけませんよ!

 

元旦那・荒俣宏について

どんな男性なのでしょうね。

大学卒業後は日魯漁業でプログラマとして勤務する傍ら、旺盛な執筆活動を続けた。

小説家として独立後、伝奇小説の「帝都物語」シリーズがベストセラーとなった。

著作で陰陽道や風水を取り上げたことから、それらが広く一般に認知されるきっかけとなった。

著書もあるそうですよ。

博物学についても関心を持ち、「世界大博物図鑑」シリーズを完成させた。

そのほか、神秘学や民俗学などにも関心を持ち、特に妖怪研究では水木しげるに師事した。

実にマルチな活動をする旦那さんのようです。

どんな生い立ちなのでしょうね。

元来は漫画家志望で、主に少女マンガ本を描いていた(『漫画と人生』に、萩尾望都ばりの幻想短編漫画が収録されている)。

慶應義塾大学在学中、野村芳夫と同人誌『リトル・ウィアード』を刊行した。

さらに、紀田順一郎と『怪奇幻想の文学』の編集、翻訳、解説を担当するとともに、鏡明とヒロイック・ファンタジーの翻訳活動を開始した。

天才的な方かもしれませんよ。

元々左利きであるが、現在は箸と筆記の際は右手を使っている。

また、たびたび目をしばたたく癖もよく指摘されている。

少年期から様々なジャンルに興味を持ち吸収、その多忙さから予習や復習などの学業に時間が割かれる事が煩わしくテスト一週間前に教科書を丸暗記して凌いだ 。

ちなみに、IQは115あるそうです。

 

杉浦日向子について

どんな女性なのでしょうね?

経歴を見ていきましょう!

スポンサードリンク

東京・日本橋の呉服屋に生まれる。

5歳上の兄の影響で、ロック・映画などのサブカルチャーに早くから関心を寄せる。

日本大学鶴ヶ丘高等学校時代に大相撲が好きになり、特に魁傑のファンになり、アート・ディレクターを志望して日本大学芸術学部にエスカレーター入学。

しかし講義に興味が持てず、2年で中退。

家業を手伝いながら、手描きの友禅の勉強をする。

いつ頃、作家としてデビューしたのでしょうか?

22歳の時、雑誌『ガロ』1980年11月号で、吉原を題材にした『通言・室之梅』(つうげん・むろのうめ)で漫画家としてデビュー。

杉浦日向子の本は時代考証が確かな作品で、その作風は文芸漫画と呼ばれた。

1958年11月30日 生まれですので、今年60歳になる方ですね。

浮世絵を下地にした独特な画風に特徴があり、江戸の風俗を生き生きと描くことを得意とした。

漫画家としての代表作には、実業之日本社の雑誌「漫画サンデー」で1983年11月15日号から連載の葛飾北斎と浮世絵師たちの世界を描いた連作短編集『百日紅』、月刊誌小説新潮で1986年から1993年まで、99話の怪談を描いた『百物語』がある。

江戸にまつわる作品を得意とする江戸っ子ですね。

 

代表作

どんな作品があるのでしょうか?

1995年 には、 「杉浦日向子全集」が筑摩書房から刊行されていますね。

それでは、最近の2000年代に出版した作品をまとめてみましょう!

・『お江戸でござる』(2003年、ワニブックス のち、新潮文庫)

・『ごくらくちんみ』(2004年、新潮社、のち新潮文庫)

・『4時のおやつ』(2004年、新潮社、のち新潮文庫)

・『隠居の日向ぼっこ』(2005年、新潮社、のち新潮文庫)

・『杉浦日向子の食・道・楽』(2006年、新潮社、のち新潮文庫)

・『うつくしく、やさしく、おろかなり 私の惚れた「江戸」』(2006年、筑摩書房、のちちくま文庫)

・『杉浦日向子の江戸塾 特別編』

面白そうな作品がありますね~

気になった方は、ぜひ手にとってみましょう!

 

病気

杉浦日向子さんは、病魔に侵されてしまったのでしょうか?

杉浦日向子さんが亡くなった。

ニュースが信じられなかった。

嘘でしょと思わず呟いた。

どうたら、病気で亡くなっているそうです。

死因は何でしょうか?

病名は下咽頭癌。

享年四十六。

亡くなったのは二十二日とのこと。

親族だけで葬儀・告別式も済ませたともあった。

2005年7月22日のことですので、亡くなられて今年で13年目になります。

二子山親方が亡くなったのもこの癌だと記憶してましたから。

親方の喫煙が止められず横綱になれなかったというエピソードも読んだ覚えがありました。

やはり、タバコが死因に関連している可能性があります。

命日も近いですね。

ご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)