山本香苗議員の夫や子供まとめ。結婚までの馴れ初め。またヨガやかわいい画像。

可愛い一面と、政治家としてクールな行動力を魅せる、公明党のエース・山本香苗議員。
彼女がしていることを知れば、日本の未来を背負う姿に興味が沸くかもしれません。
i PS 細胞の利用開始、女性の視点からの防災対策、通学路の安全対策を強化…大事な未来について彼女は日々動いています。

山本香苗議員の夫や子供まとめ。

数いる女性議員の中でも鋭い切込みと行動力で力を発揮する山本香苗議員。
彼女の私生活は一体どうなっているのでしょうか?

山本香苗議員の夫の存在は確認

プロフィールによりますと、山本香苗議員は現在、結婚をしていた旦那さんがいらっしゃるようです。

旦那さんがどのような方かはわかりませんでしたが、きっと優秀な方なのでは無いかと想像できます。

また、子供については、情報が得られなかったので、子供はいないのかもしれません。

しかし、山本香苗議員の活動内容を見ていると、とても女性らしい優しさを感じることができる活動が多いので、もしかすると、子供については、公表していないだけかもしれません。

お洒落な服装で凛とした姿を見せる山本香苗議員。
旦那様がいらっしゃることは分かっているのですが、どんな方なのかというところまでは情報が公開されていませんでした。

スポンサードリンク

旦那様については、情報をできるだけ公開しない方が政治に有利になると考えていらっしゃる方が多いのか、妻が政治家の場合、旦那様の情報については公開されない方がほとんどです。

子供の為の政治

学校の耐震化・防災強化
初当選以来、取り組んできた学校耐震化は、2015 年までに完全実施の道筋を付けました。
地域の防災拠点となる学校施設の防災機能強化も推進しています。

読み書きの困難な子どもたちへデイジー教科書を推進
読み書きに困難を抱える子供たちのため、教科書をパソコンなどを通して音声や文字で学べる「デイジー教科書」の利用を推進しました。

また、山本香苗議員にはお子さんがいらっしゃるのでは?という憶測も飛び交っていますが、実際にいるかどうか、はっきりした情報は今のところ出ていません。

しかし政治家としての活動の中では、子供の未来の為の活動を多くされていらっしゃいます。

例えば、学校の耐震化・防災強化として、2015年までに完全実施を実行。
読み書きの困難な子どもたちの為にデイジー教科書を推進するという活動も行っています。

結婚までの馴れ初め。

政治に猪突猛進する山本香苗議員が選んだ夫とはどのようにして出会ったのでしょうか?

公明党の役職歴と恋愛

スポンサードリンク

副幹事長
女性委員会副委員長
参議院国会対策副委員長
女性局次長
国際局次長
青年局次長
文部科学部会長代理
女性委員会学校いきいき教育PT座長
関西女性会議議長
大阪府本部副代表
関西各府県本部顧問(京都、兵庫、奈良、福井、滋賀、和歌山)
新潟県中越沖地震対策本部副本部長

山本香苗議員は政治家としてかなりガードが固いのか、残念ながら、旦那様との馴れ初めについては情報を見つけることはできませんでした。
何か少しでも情報がないか調べている内に、山本香苗議員の役職がかなり凄いことになっていることに気が付きました。

ちなみに↑で記載した役職は全て山本香苗議員が背負う役職です。
これだけのことをたった1人でやられているので、相当忙しい中で旦那様との結婚生活を送っていらっしゃるということになります。

その辺の事情を理解してくれる相手、それが山本香苗議員のパートナーなのです。

またヨガやかわいい画像。

山本香苗議員はヨガが好きなこと、選挙ポスターなどが可愛いと評判です。
確かに可愛い画像がたくさん残っているのですが、彼女の政治家としての活動は可愛いなんて言葉で片付けられるものではありませんでした。

女性の視点からの防災対策

東日本大震災――。
多くの被災者が、長期間に渡って避難所生活を余儀なくされています。
その中で「トイレが男女別になっていない」「着替える場所がない」 「間仕切りがない」等々避難所で暮らす女性から切実な声が届きました。
避難所運営に、女性の視点 が欠けていました。
そこで2011年10月公明党地方議員とともに658自治体で「防災行政総点検」を実施。
これを受け、女性の視点 を反映した「災害対策基本法」改正され、地方防災会議に、女性委員の登用が推進されました。

着物を着ている山本香苗議員は一見可愛らしい雰囲気ですが、彼女が東日本大震災で成し遂げたことはそんな可愛らしいものではありませんでした。

「トイレが男女別になっていない」、こういう細かい部分に気が付いてくれるかどうかって、かなり重要になってくると思います。山本香苗議員はこういうところで力を発揮されているのです。

さい帯血法整備推進プロジェクトチーム

造血幹細胞移植推進法成立によって、さい帯血を研究目的で利用できるようになりました。
さい帯血はお母さんと赤ちゃんをつなぐへその緒や胎盤の中に含まれ る血液のことで、白血病などの血液難病の方々に移植するために公的バンク(全国8カ所)で保存されています。
そのなかで、細胞数が小さくて移植に適さない ものなどは処分されます。
これを患者さんのために使わせてもらいたいというのが、山中伸弥京大教授の思いでした。

公明党は2011年5月に山本かなえを座長とする「さい帯血法整備推進プロジェクトチーム」を設置。
法案策定の段階から推進法(議員立法)成立へ中心的な役割を果たしてきました。
命を守る公明党の闘いが、最先端の研究医療にも役立っています。

山中伸弥京大教授が発見したi PS 細胞は将来どんな分野で役立てられるのか、気になっている方は大勢いらっしゃると思います。
山本香苗議員はその活用が早期に達成できるよう、さい帯血法整備推進プロジェクトチームの座長に就任。
彼女の今後の活動次第で救われる命がたくさんあるはずです。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)