徳永エリ議員の夫や子供について。国籍や嘘つきと言われる理由は?

一見明るい容姿で印象もまずまずの政治家・徳永エリ議員ですが、国籍の問題や嘘つきという噂が立ってしまい、現在はあまり評判がいいとは言えない状況です。
一体なぜ彼女は嘘つきと呼ばれてしまうのか?
国籍についても調べてみました。

徳永エリ議員の夫や子供について。

アイドルと並んで選挙活動を行うという新しいスタイルを打ち出した徳永エリ議員。
明るい笑顔は多くの支持者を獲得していましたが、政治家として活動すればする程、評判はあまり良くありません。

夫とは離婚

息子と二人、必死に生きてきた今までは、余り考えもしなかったのに、やっぱり結婚っていいなとか、紆余曲折、危機も後悔もあるかもしれないけれど、結局夫婦の歴史、時間をかけて築きあげていくものの大きさを感じます。
周りの夫婦がものすごく今、羨ましいです(私のことですから、また心境は変わるかもしれないけれど・・・)。

徳永エリ議員が離婚したかどうか正式な情報を入手することはできませんでしたが、彼女が投稿した上の文章を読むと、息子と2人で必死に生きてきたと表現されていることから、恐らく旦那様とは離婚した可能性が高いと思われます。

息子が1人

来春、18年間二人で暮らしてきた息子が巣立ちます。
若い息子は夢に胸を膨らませ、一人暮らしに多少の不安を抱きながらも、反面、新しい暮らしを楽しみにしているようです。
独りぼっちになる、わたし・・・。

考えただけで涙が出ます。
独りの暮らしに慣れるまでにどの位かかる事でしょう。
高校の3年間、毎日作ってきたお弁当も、あと一月で終わり。
一度巣立っていったら、男の子は二度と一緒に暮らすことはないでしょうから、春までの四ヶ月余り、息子との生活を大切に胸に刻みたいと思います。

スポンサードリンク

彼女が言う通り、息子は一度巣立つと二度と戻ってこない可能性が高いものですよね。
それまで毎日一緒に暮らして、自分のことより大切にしてきた存在がいなくなる…。
毎日作っていたお弁当も、あれだけ面倒くさかったはずなのに、最後の1週間は作りながら涙が出てしまうかもしれません。

しかし…18歳という若さで巣立つ息子の逞しさを想うと、彼をそこまで立派に育てあげたのは他でもない徳永エリ議員の頑張りの賜物なのです。
今後は息子に注いできたパワーを政治に向けてくれるかもしれませんね!

国籍や嘘つきと言われる理由は?

徳永エリ議員は国会である発言をし、以降「嘘つき」というレッテルを貼られてしまいます。
政治家としては致命的なニックネームを付けられているのですが…、一体彼女に何が起きてしまったのでしょうか?

韓国や中国の助っ人説

12月27日、民主党の徳永エリ参議院議員が自身の『Facebook』を更新。

何だろうこの国旗の波。特別な祝日でもないのに…。

徳永 エリ on 2015年12月26日

というコメントと、国旗が道路沿いに連なって掲揚されている画像をアップした。

↑の画像がその時徳永エリ議員がアップした画像です。
確かに国道沿いに国旗がいくつもあるのが確認できます。

「気色悪いですね」
「どこなんだろ。世界から見たら。極右政権。取り巻きが増えてるのでしょう。マズいですよ」
「安倍政権になってから「国家のために」「お国のために」という、妙な(閉鎖的な?)雰囲気を感じてます」

スポンサードリンク

といった、徳永議員に賛同する返信コメントもあれば、

「別に国旗はよいのでは?」
「欧米でも自国の国旗を揚げていますね。別に何も違和感はありません。」
「その地域周辺で、何か催し物でもあったのではないですか? 調べられませんか?
ただ、 ” 国旗 ” を見て、“ 気持ち悪い ” とか “ 極右 ” とか、その考えが解らない。。。
どうせ、祝日でも、国旗を出さないんでしょ。 昔は、タクシーとかでも見たんですけどね。 アメリカ国旗なら良いんですかね? それとも、中華人民共和国国旗なら良いのですかね? そう思います。」

というコメントも寄せられ、後者には多くの「いいね!」がついていた。

徳永エリ議員は思ったことを口にしてしまう性格なのか…?
先程の国旗の件については、自分の立場を考えると、発言しないで心の中にとめて置く方が波風が立たないのでは?と思ってしまいます。

中国はじめ韓国の望むまま行動する民主党では、日本という国の主体性を失わせてしまわないだろうか。

嘘つきの政党に任せて安心なのかと疑惑はつき続けると思われる。

国旗に対する徳永エリ議員の発言は、中国や韓国の望む意見なのでは?という厳しい声も飛んでいるようです。
中には「徳永エリ議員は韓国人なのでは?」という国籍問題も浮上しているようですが、徳永エリ議員は日本人です。
国旗のことに口を挟むよりも、もっと考えて欲しい問題があるのでは?と思ってしまうのでは私だけではないのではないでしょうか…。。

嘘つき発言

「全く意味がないと思いますよ」。
安倍晋三首相が19日の参院予算委員会で、NHKの籾井勝人会長の辞任の是非を問うアンケートを地元で独自に行い、結果を披露した民主党の徳永エリ参院議員に「ダメ出し」する場面があった。

徳永氏は北海道で行ったという「100人アンケート」の結果を示し、「辞任すべきは87人だった」と述べ、籾井氏の辞任と首相の見解を求めた。

だが、首相は「世論調査風の数字の結果は統計的には意味はない。徳永氏の後援会に聞いたのではないか」と一蹴した。

徳永氏は昨年4月の参院予算委で、古屋圭司拉致問題担当相が靖国神社を参拝したことに「拉致被害者が落胆している」と指摘。

安倍総理がそう答えるのはごもっともです。
なぜこんな簡単なミスを犯してしまったのか…。
国民の1人としてちょっと唖然としてしまいます。
こんなアンケート結果を堂々と国会の場で発表できるなんて、逆の意味で凄過ぎです…。

さらに安倍首相の靖国参拝に関する質疑応答の際、韓国や中国の配慮が足りないことを主張している。

特に韓国との連携が拉致被害解決のための足がかりであるとし、だからこそ参拝は自粛せよというものだった。

首相から「古屋氏が家族会などに問い合わせたが、一切そういう声は上がっていない」と全面的に否定されたことがあった。

中国や韓国のことを思いやる気持ちは大切だと思います。
過去のように、侵略したり、日本語を強制したり、慰安婦の方々にしてきたことは、いつの時代であっても、どの国の人に対してもやってはならないことです。

しかしそれと、今、日本を大事に考えて、守っていくこととはまた別の事柄だと分けるべきなのです。
日本を守ろうとする人の邪魔をしないで欲しい。
お隣の国の邪魔をしないで、自分の国を守る…そんな政治をして行って欲しいものです。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)