岡野玲子の夫は手塚眞。子供はいる?陰陽師で大人気に!

「陰陽師」を手掛ける漫画家・岡野玲子さんの夫は手塚眞さんです。

今回は手塚眞さんに注目しました。

また、子供や岡野玲子さんの陰陽師についても触れています。

 

岡野玲子の夫は手塚眞

岡野玲子さんの夫は手塚眞(てづかまこと)さんです。

手塚眞さんはどのような人物なのか調べました。

 

職業はヴィジュアリスト

手塚眞さんのお仕事ですが、「ヴィジュアリスト」と書かれています。

これはどのようなお仕事なのでしょうか。

スポンサードリンク

ヴィジュアリストという肩書きで、映画監督など映像全般に関わるクリエーター。

「ヴィジュアリスト」という肩書は、大学時代に自ら作った。

映画をはじめ様々な媒体の映像を作る人という意味だ。

映画が大きな地位を持っていた当時から、映画だけではなく、テレビ、パソコン、イベントでの画像……映像に関する仕事を幅広く扱うことになると予見。

「映画監督」や「映像監督」に収まらない肩書がいずれ必要になるはずだと感じていた。

「ヴィジュアリスト」は手塚眞さんが自分で作った肩書とのことですが、世の中に浸透しているのでしょうかね。

 

映画作品

手塚眞さんの監督作品は数多くありますが、代表作品を少し紹介します。

 

星くず兄弟の伝説

映画「星くず兄弟の伝説」は1985年6月15日に公開された映画ですが、2018年(平成30年)1月20日、続編映画「星くず兄弟の新たな伝説」が公開されています。

作品を見た人の感想がありました。

オリジナルの「星くず」の存在は全く知りませんでしたが、何て魅力的な作品なんでしょう!

曲も良いですし、自由で荒唐無稽なロックミュージカル?でとにかく楽しいワクワクに満ち溢れています。

主役のお二人はもちろん、新旧の豪華キャストが入り混じって本当に面白い!

いちいちバカバカしいしハチャメチャだけどなんだか可愛いし、そこが最高に良いのです!

個人的には、三浦さん、武田さん、元ピチカートファイブの野宮さん、夏木マリさん、ISSAYさんが個性的で本当に良かったです!

オリジナルのカンとシンゴも良い味出していて、お二人の若い頃の前作を観たくなり、動画を検索して新旧の主役2人が歌って踊る「星くず兄弟の伝説」を比較してみました。

新: 面白い振り付けだけど、上手いので動きはどこか洗練されていて、イケメン2人がライブをしている風でカッコ可愛いです!

旧: さすがオリジナル!ヘタかもしれないけど、とにかく元気でノリノリ、楽しいしすっごくワクワクします!工夫に満ちたPVで可愛すぎる!

30年前に日本でこれを作ったなんて、興味津々です。

しかもあの懐メロでよく見かける凄い歌唱力の方、尾崎紀世彦さんもご出演されていると知り、すぐに前作を見てみたくなりました!

曲も良く、ミュージカル風で楽しくなる映画になっています。

 

お茶の子博士のホラーシアター

手塚眞さんをネットで検索すると「ホラー」というキーワード候補が出てきます。

手塚眞さんは大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。

スポンサードリンク

ホラー映画で評判になっているようですね。

では、この映画を見た人の感想も見てみましょう。

手塚眞自身が扮したお茶の子博士が出てきて、手塚自身が監督した短編のホラー映画をオンエアするという・・。

どれもコレも怖いのだが、特に踏切で無数の手が出てくる映画はトラウマになるほど怖いです。

あと、人間が猫になってしまうのとか色々ありましたが。

思っていた以上に怖そうな映画ですね。

ホラー系が苦手な人は見ないほうが良いのでしょうかね。

 

父親は手塚治虫

ビジュアリスト・手塚眞さんの映像作品などを紹介してきましたが、実は手塚眞さんの父親は、漫画の神様ともいわれる手塚治虫さんなのです。

手塚治虫、手塚眞と、親子二代にわたって、漫画や映像という創作の世界で活躍する才能を生んだ手塚家。

そんな手塚家には、江戸時代にかかれた家系図が残されており、それによると、平安時代の武将・手塚光盛がルーツ。

手塚光盛は、信州、現代の長野県の生まれといわれており、今でも長野県・須川には、手塚光盛の末裔とされる人々が暮らす集落があります。

手塚眞は、長野県に親戚はおらず、手塚家のルーツについて、これまで詳しいことはほとんど知らなったそうです。

しかし、須川の安楽寺には、手塚光盛の末裔である「手塚吉兵衛」の位牌があり、手塚眞が持っている手塚家の家系図にも同じ「手塚吉兵衛」の名前があることから、手塚家のご先祖様が、安時代の武将・手塚光盛だったことは間違いなさそうです。

ルーツを探っていくと手塚家は偉大なご先祖様がいたのですね。

そんな手塚眞さんのお子さんはどのような人なのでしょうか。

やはり子供も偉大な方なのでしょうかね。

 

子供は?

岡野玲子さんと手塚眞さんの子供について調べましたが、情報が出てきませんでした。

某QAサイトに「岡野玲子さんと手塚眞さんには子供はいますか?」という質問がありましたが、回答は次のように不明のようです。

ご結婚されたのは、どうやら1990年のようですので、お子様もいらっしゃると思いますが・・

手塚眞さんの子供がとても気になるところですが、残念ながら情報が無いので、子供がいるのかどうかもはっきりしません。

 

陰陽師で大人気に!

岡野玲子さんの代表作はやはり夢枕獏原作の『陰陽師』です。

1993年から2005年に、『コミックバーガー』『コミックバーズ』(いずれもスコラ)、『月刊メロディ』(白泉社)で連載された。

2006年、第37回星雲賞コミック部門を受賞している。

続編に『陰陽師 玉手匣』がある。

続篇は、6年間の連載を経て、今春ついに完結した。

実は岡野さんには、シリーズを再開するつもりはつゆほどもなかったという。

「外界との関係を極力絶って、友人にも会わずに仕上げたのが『陰陽師』でした。最後にやっと満足のいく晴明の顔を描けるようになった。描けて、終わるのね、と(笑)」

前シリーズ完結後、無性に身体を動かしたくなった。その時出会ったのが中東に伝わるベリーダンスだ。

旦那さんの手塚眞さんも岡野玲子さんも話題の作品を残しています。

今後もお2人からは目が離せませんね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)