大月悠祐子の旦那は?離婚の噂が!弟について!顔が気になる。

漫画家の大月悠祐子(おおつき ゆうこ)の旦那は同じく漫画家の人のようです。

今回は大月悠祐子さんに注目し、記事をまとめました。

また、離婚の噂や弟についても触れています。

 

大月悠祐子の旦那は?

大月悠祐子さんは、2004年末に漫画家の大井昌和と結婚しています。

大井昌和さんとはどのような人なのか調べましたので見てみます。

 

漫画家

メディアワークスでデビューし、現在は芳文社、竹書房、少年画報社などで執筆をしています。

作品は「一年生になっちゃったら」、「おくさん」などがあります。

スポンサードリンク

また、「明日葉さんちのムコ暮らし」については注目がされているようで、検索サイトのキーワード候補にも出てきます。

大井昌和が「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の『明日葉さんちのムコ暮らし』の単行本第1巻が発売になりました。

この作品はハートフルかつエッチなものを読みたい読者の欲求も満たしてくれる作品です。

物語の主人公・むーくんこと明日葉六実は、妻のひなたの実家に婿入りして暮らしています。

日本でもっともメジャーな婿であるマスオさんと違い、苗字も奥さんのに変えたガチの婿であります。そんな2人が暮らすのは、ひなたの実家。

お金が貯まるまでとりあえず同居ということになったのですが、ひなたの実家は超危険です。

そもそも、巨乳家系の明日葉。義母のくるみは、まだ42歳の美熟女、そこに高校生の義妹・あすなと、小三の義妹・詩音、さらに、くるみの妹・めぐみも同居しているのです。

当然、詩音以外は全員巨乳。しかも、ぷにじゃなくてぽちゃな巨乳です。

すなわち、主人公は大迫力の女体とアクセントにロリも鑑賞できるという、美味しすぎる空間に放り込まれたのであります。

この作品は特定の男性には人気がありそうですね。

でも、この作品は18禁マンガじゃありません。家族を描くハートフルな作品です。

ですからエッチな関係なんかには、断じてなったりしません。

それでも、女所帯ですから、ドアを開けたらお義母さんが着替え中だったり、エッチなハプニングには遭遇しまくりなのです。

そんなハプニングを交えながら、むーくんとひなたのラブラブっぷりと、新しい家族の善人っぷりをとことん魅せて幸せな気分にしてくれるのです。

この内容であれば子供でも見られるようになっていそうですね。

 

尾田栄一郎との関係は?

大井昌和さんはよくワンピースの作者である尾田栄一郎さんとセットで検索がされています。

お2人の関係はよく分かりませんでしたが、合作でもしているのでしょうかね?

 

離婚の噂は?

大月悠祐子さんのことを調べていると「離婚」のキーワード候補が出てきます。

調べてみると大月悠祐子さん本人が離婚したとの情報はありませんでした。

スポンサードリンク

しかし、大月悠祐子さんは小さい頃、父親のDVに悩まされていて、「よく離婚しなかったな」との意見は目立ちます。

 

大月悠祐子について

ここからは、大月悠祐子さんについてまとめました。

 

顔は公開されている?

大月悠祐子さんの顔などが気になりますが、写真はありませんでした。

上のようなキャラクターでは出てきますが、実際の顔は公開されていないのでしょう。

 

父親は吉沢やすみ

エッセイ漫画「ど根性ガエルの娘」に、ご自身のエピソードが描かれていました。

吉沢やすみは偉大なマンガ家だ。

デビュー作である『ど根性ガエル』が大ヒットを記録し、若くして国民的な作家となった。

しかし、『ど根性ガエル』の連載終了後、彼はスランプに陥ってしまう。

そして、そんな現実から逃げるようにギャンブルへと没頭していく。

13本もの原稿を落とし、そのまま失踪。

世捨て人のような生活を送り、ようやく家に帰ってきた頃には「作家」としての吉沢は死んでいたのだ。

彼の焦りやストレス、葛藤はそのまま家族へとぶつけられる。

家の壁に穴をあけ、家族を怒鳴りつけ、子どもの財布から金を盗み取る。

そこにはもはや、父親の面影はない。

大月は幼い頃から、父親とは呼べないような人物に苦しんできたのだ。

また、その影響からか気丈な母親も次第におかしくなっていく。

「ど根性ガエルの娘」を読まれた方の感想はネット上にたくさんありますが、かなりインパクトのある内容となっています。

なお、吉沢やすみさんは、ご自身の復活劇について以下のように語っています。

『ひとつ屋根の下』ってフジテレビのドラマで、主役の江口洋介さんがピョン吉の絵の入ったTシャツを着てくれたんです。

おかげでまた『ど根性ガエル』が注目され、長男を大学に入れることができました。

再注目された『ど根性ガエル』は、その後、ソルマック(大鵬薬品)のテレビCM・パチンコ台のキャラクター・ユニクロのTシャツのロゴなどに起用され、キャラクター版権により時を越えてジリ貧の吉沢に救いの手を差し伸べてくれた。

吉沢やすみさんを救ってくれたのはご自身で生み出した「ぴょん吉」だったのです。

 

弟は吉澤康宏

大月悠祐子さんには弟がいます。

吉沢やすみがスランプに陥り、苦しんでいく葛藤を間近で見続けてきた長男の吉澤康宏氏は、2015年1月にウェブサイト「みんなのごはん。」(ぐるなび)に掲載された連載漫画『田中圭一のペンと箸 ―漫画家の好物―』のなかで、父の姿をこう語っている。

「そのころの父はマージャンしてるか、テレビ見てるか、寝ているか、酒を飲んでるかでした。今にして思うとプレッシャーに耐えられず現実逃避していたのかも…」

弟の吉澤康宏さんも同じようにスランプの父に悩まされていたようですね。

今では「ど根性ガエルの娘」という形で漫画になっています。

タイトルからは明るい内容に感じますが実際はその逆です。

興味のある方は読んでみてください。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)