西岡秀子の夫は?家族やプロフィールについて!独身なの?

政治家として活動している、西岡秀子氏についてまとめています。

 

西岡秀子の夫

どんな方なのでしょうか?

では、調べてみましょう。

私はも独身で子育ての経験はありませんが、壁にぶつかりながら、女性が活躍できることを見せていけたらいいなと思います。

1964年3月15日 生まれで今年54歳の方ですが、現在は結婚しておらず、独身のようですよ。

 

西岡秀子の家族

どんな家族構成なのでしょうか?

長崎市にて、西岡武夫(第28 代参議院議長)の長女として生まれる。

スポンサードリンク

お父さんも同じく政治家のようですね。

↓がお父さんです。

小学生の頃から父に憧れて政治家志望だったので、小学校5年生から政治家になるまで、同級生全員(約300名)に毎年年賀状・暑中見舞いを送っていた。

西岡秀子さんは、小さな頃から政治家に憧れていたそうです。

身だしなみや礼儀に厳格で、国会議事堂の本会議場は大変神聖な場所だと言う考えに徹しており、ある若い議員が紺のブレザーとグレイのズボンで議場に入るのを見て、「あれは許せない。神聖な議場には揃いのスーツで入るべきだ」と苦言を呈したこともある。

お父さんは、マナーを大切にされていた方なのでしょうね。

1936年2月12日長崎県生まれの方で、 2011年11月5日に75歳で亡くなっているそうです。

調べてみると、政治家が多い家系ですね。

1963年(昭和38年)11月、衆議院議員を5期務めた父・竹次郎と、吉田茂が率いる自由党初の女性参議院議員として婦人参政権運動に尽力した母・ハルの地盤を引継いだ世襲候補として第30回衆議院議員総選挙に無所属で立候補。

4位当選を果たし、自民党の追加公認を受ける。

なお、前職の国会議員である母とともに初登院した。

当初は三木派に所属し、自民党青年局長、文教部会長をつとめていた。

親族にも政治家がいますよ。

西岡秀子さんの祖父・西岡竹次郎さんも政治家だったそうです。

親族の倉成正さんや倉成正和さんも政治家として活動していたそうです。

父は衆議院議員を務めた倉成庄八郎。

1941年に東京大学法学部政治学科を卒業。

東洋高圧、長崎県農地農林部長などを経て、1958年の第28回衆議院議員総選挙に自民党公認で長崎1区より立候補し当選する。

以後、当選回数12回。

自民党では、河野派から中曽根派に所属する。

現在、西岡秀子さんは東京の千代田区と長崎市に事務所を構えています。

 

西岡秀子のプロフィール

どんな方なのでしょうか?

wikiから抜粋して、まとめてみましょう!

スポンサードリンク

長崎大学教育学部附属小学校、長崎大学教育学部附属中学校、活水高等学校、学習院女子短期大学、学習院大学法学部卒業。

職歴は父の西岡武夫の秘書やNEC従業員など。

以前、一般企業へも務めていたみたいですね。

その後、政治家を志したようです。

2016年1月、第24回参議院議員通常選挙の長崎県選挙区に民主党から出馬する意向を表明した。

同年3月17日、市民団体が仲介する形で、民主党、日本共産党、社会民主党、生活の党の4党は西岡を野党統一候補とすることに合意した。

同年7月の参院選は民進党公認で出馬するも、自民党の金子原二郎に敗れ落選。

2017年9月24日、民進党の高木義明が次期衆院選に出馬しない意向を表明。

同日、同党県連は後継として長崎1区から西岡を擁立することを決めた。

同年10月の第48回衆議院議員総選挙に長崎1区から希望の党公認で出馬し、自民党前職の冨岡勉を破り初当選を果たした(冨岡は比例復活で当選)。

この衆院選で希望の党新人候補として小選挙区当選したのは西岡だけである。

2018年5月7日、民進党と希望の党の合流により結党された国民民主党に参加した。

さまざまな政治活動を経ていますね。

 

政策

どんな考えをもっているのでしょうか?

  • 原発は当面は必要だが、将来的には廃止すべきだ。
  • 安全保障関連法の成立について、どちらかと言えば評価しない。
  • 北朝鮮問題への取り組みについて、どちらとも言えない。
  • 共謀罪法について、どちらかと言えば評価しない。
  • 所得や資産の多い人に対する課税を強化すべきだ。
  • 外国人労働者の受け入れについて、どちらかと言えば反対。
  • 選択的夫婦別姓の導入に反対。
  • ひとり親家庭やDINKSなど家族の形は多様でよい。
  • 非核三原則を堅持すべきだ。
  • 消費税10%にどちらかと言えば反対。

気になる政策が沢山あります。

政治への想いも語っていますね。

激動する世界情勢の中、日本の命運を決する大切な今、国民の真の思いを受け止め、党利党略ではなく、国家国民の利益だけを考え、行動する政治家・政党が求められています。

経済・雇用・教育の再生・持続可能な社会保障制度の整備など、日本は待ったなしの状況です。

今、まさに、しがらみや既得権益に縛られない思い切った改革が必要です。

庶民にとって、さまざまと良い方向へ流れて欲しいものですね。

 

女性の視点

女性目線での活動がメインのようです。

すべての女性が、それぞれの居場所で安心して活き活きと希望を持って生活し、活躍できる社会を目指します。

そのためには、一律の政策ではなく、多様で、きめ細やかな支援システムの構築が必要で す。

安心して子どもを産み、育てる事が出来る社会システムの構築、子育て・介護をしながら働き続けられる体制の整備、女性の雇用環境の改善と共に、女性の政治参画推進のための制度づくりが是非必要です。

あわせて若者の政治参画についても選挙制度改革の中で議論すべきです。

住みよい日本になっていくと良いですね。

これからの活動にも期待しています!

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)