永岡桂子の旦那や娘は?実家は?評判について!

政治家として活動している、永岡桂子さんについてご紹介しましょう。

永岡桂子の旦那

どんな方なのでしょうか?

旦那の永岡洋治は、日本の政治家、官僚。

茨城県古河市出身。埼玉県立春日部高等学校、東京大学法学部卒業。

ハーバード大学大学院修了。

自由民主党、志帥会(亀井派)に所属した。

旦那さんも政治家のようですね。

スポンサードリンク

1950年12月24日 生まれですので、今年68歳の方です。

いつ頃、結婚したのでしょうか?

1976年3月に学習院大学法学部を卒業し、2年後の1978年1月に永岡洋治と結婚した。

今年で結婚後、42年が経ちますね。

 

旦那が自殺

物騒な事件があったのでしょうか?

2005年8月1日、郵政国会で衆議院本会議で郵政法案に賛成票を投じた夫・洋治が自宅で自殺を図り、死亡した。

旦那さんは、13年前に54歳で亡くなっているようです。

永岡桂子さんは夫の跡を継いで、直後の第44 回衆議院議員総選挙に、比例北関東ブロックに自由民主党から立候補した。

建設大臣などを務め、茨城7区で強固な地盤を固めている無所属の元職・中村喜四郎には敗れるも、比例北関東ブロックで復活し、初当選を果たした。

「初めは、何も知らないおばさん。しかし、野党時代も経験し、回を重ねるごとに政治家としての力も付けてきた」と自負する。

永岡桂子さんは旦那さんが亡くなった後、政治家を志し、精力的な活動をしてきたようです。

永岡洋治さんの後、志師会所属安倍晋三内閣農林水産大臣松岡利勝さんも首を吊って在任中亡くなられています。

松岡利勝さんは、郵政国会の時、亀井静香・小林興起・荒井広幸・平沼赳夫旧亀井グループと訣別しています。

過去、政界で複雑な問題があったようですね。

 

娘さんがいるようですね。

夫を亡くした直後に初当選してからも、ワッと涙がこみあげて来て泣きながら廊下を歩いていた。

娘がふたりいるが、政治家にはなりたがらない。

2人の娘さんは政治家ではなく、一般人のようです。

二人の娘を育て上げた経験から、力を入れているのは食の安心・安全などの消費者問題や、子供の教育。

「国会で私がやらなくて、だれがやるの、という思いで取り組んでいる」

東京五輪・パラリンピックの選手村で、県産野菜が使われるような構想を描く。

PRの絶好の場で、県のイメージアップにもつながる。

「おかあさんの底力」がキャッチフレーズ。

海外で暮らす二歳の孫娘との携帯電話などでのやりとりが気分転換になっている。

お孫さんが海外にいるそうですので、娘さんも海外で生活しているのでしょうね。

永岡桂子さんの結婚観や、子供をもつ事への想いを語っていますね。

少子高齢の時代に、女性が社会進出できる環境整備が必要と考える。

スポンサードリンク

子供を産み育てるという大切な役目もあるが、ストレスもかかっている。

「○○の奥さん」ではなく、「○○□□さん」と名前できちんと呼ばれる社会にしたい。

女性代議士の場合、代理出席は秘書が務めるが、男性代議士の場合は奥さんが通常は務めている。

党内でも男性の意識改革が必要かと思う。

結婚は1回した方が良い。

ものすごく成長するし経験が大切。

できたら子供も作った方が良い。

これからも、精一杯の政治活動に期待しています。

 

永岡桂子の実家

永岡桂子さんのご実家は、政治と関連があるのでしょうか?

学習院大学を卒業後は、渋谷区にある実家の家業(家畜飼料の卸し)を手伝っていた。

サラリーマンに憧れ、東大出の農水省の官僚と結婚。

ご実家は、家畜飼料を作る仕事をしているそうですので、一般家庭でしょうね。

 

永岡桂子の評判

永岡桂子さんは、現在、茨城県古河市に選挙事務所を構えています。

以前、選挙違反を犯してしまったそうですね。

選挙違反が発覚し、話題騒然の茨城の永岡桂子は当然失格ですよね?

一人に現金2万円を配ったようですが、皆さんはどう思われますか。

もともとあの地区は現金バラマキ選挙で有名ですが、こんな政治家等に市民は何を期待するのか。

自民党惨敗で即座に民主党に擦り寄る政治家もいるみたいだが、情けないの一言です。

きっと信念なんてないでしょう。

評判が低迷しています。

他にも、よくない評判があります。

茨城の自民党も落ちるところまで落ちましたね。

お金を配らないと落選すると思っていたということは、危機感が相当有ったという事ですね。

茨城自民党県連の会長も衆議院選知事選の惨敗に対して自分の責任では無いと開き直っていたけど、会長の大好きな麻生のせいなのでしょうか?

しかし、今日になっていきなり辞任だって。

往生際の悪いのは会長も麻生も同じですね。

そんな感じの延長に汚職が発生しているんですね。

茨城の自民はもう崩壊です。

選挙違反をした直後、市民の評判は低迷していますね。

ですが、その後は様々な出陣式を行い、精力的に活動していますよ。

常総市の一言主神社の第1声 社会保障制度改革、景気回復、子育て支援、農業政策は永岡桂子に任せて下さい。

皆さんが住み慣れた故郷で、地域で生涯安心して暮らすことの出来る日本にしていきます。

名誉挽回に精力的ですね。

茨城県坂東市長選挙『木村敏文』候補の出陣式に出席しました。

すごい雨の中、3000人の応援団が集結!

開通したばかりの圏央道を駆って『河野太郎』衆議院議員が、当選同期の元気印『片山さつき』参議院議員が、応援に駆け付けてくれました。

4月2日までの1週間、木村敏文候補当選のため頑張ります!

今後の活動にも期待しています!

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)