金井克子の夫は?韓国人との噂が!年齢や現在について!

1970年代、「他人の関係」のヒットで一世を風靡した金井克子さん。

曲の冒頭の振り付けも人気になりましたよね。

あまりにインパクトがあるからか、1993年にはお米のCMでも使われていました。

有名なバレエ団出身で、スタイルも抜群な金井克子さんが、どのような方と結婚したのかを調べていきたいと思います。

 

金井克子について

金井克子さんは1945年、戦時中の中国で生まれたそうです。

もう古希を過ぎてるのですね、びっくりしました。

終戦後、中国から日本に戻ってきてからは、大阪に住んでいたそうです。

帰国して大阪に移り住むというと、なんとなく「韓国・朝鮮」から帰ってきた感覚になってしまいます。

また、「金井」という苗字に韓国、朝鮮の名前に多い「金」が使われているせいか、金井克子さんが韓国人なのではないかという噂が出てくるのですが、そういった話は噂どまりで真実味がないのが現状です。

スポンサードリンク

金井克子さんは、1953年に地元大阪で結成された西野バレエ団に参加します。

西野バレエ団は1954年に旗揚げ公演を開催するなど、バレエダンサーを育成することを目的としていましたが、1960年代のテレビブームに乗り、団員をテレビ番組に出演させるようになります。

現在はバレエ公演はほとんど行われておらず、芸能プロダクションとしての役割や、創設者の西野皓三さんの提唱する呼吸法を普及するための活動の場とされているようです。

金井克子がテレビ番組で活躍していた頃の西野バレエ団は、「入団すればスターになれる」といった感じがあったようで、金井克子さんの後輩にあたる奈美悦子さんは、1500人の中から選ばれて入団したそうです。

それくらい西野バレエ団は人気で、団員になるには非常に狭き門をくぐらなければならなかったようです。

性別の違いはありますが、現在でいうとジャニーズ事務所のような感じだったのかもしれませんね。

西野バレエ団出身の女性タレントには、金井克子さんや奈美悦子さんの他に、由美かおるさんもいます。

由美かおるさんは、いつまでも変わらぬスタイルと美貌を維持していますよね。

奈美悦子さんにしても金井克子さんにしても、西野バレエ団出身の方たちは、みなさん「美魔女」な感じがします。

還暦や古希を過ぎても美しくいられる秘訣はどこにあるのでしょうか?

教えていただきたいものです。

 

芸能界デビュー

金井克子さんに話を戻すと、芸能界デビューは歌手ではなく、モデルとしてだったそうです。

公式のプロフィールでは166cmですから、当時の女性では背の高い方だったのでしょう。

加えて、バレエで鍛え上げられた抜群のスタイル。

モデルとして活躍するには、素晴らしい条件を備えているといえます。

スポンサードリンク

歌手デビューは3年後の1962年。

1965年に10曲目のシングルとしてリリースした「ノーチェ デ・東京」がヒットし、放送局への貢献が認められた形で1996年に紅白歌合戦に初出場します。

この時に「放送中に下着が見えた」と話題になり、紅白史上初の名誉?をいただいているそうです。

以後1969年まで、歌手としての出演はなくても、西野バレエ団の団員で結成されたユニット「レ・ガールズ」の一員として、また、金井克子さんがソロでダンスを披露する形で4年連続で紅白歌合戦に出場しています。

1962年のデビューから、紅白歌合戦に連続出場していた1969年までで発表したシングル曲は全部で24曲。

約3ヶ月~半年くらいに1曲はリリースしているようですので、それだけ金井克子さんがファンに愛されている人気歌手だったことがわかりますね。

 

「他人の関係」

金井克子さん最大のヒットであり、現在も歌い継がれている曲が「他人の関係」です。

1973年、31枚目のシングル曲として発表されたこの曲は、「♪パッパッパヤッパ」というコーラスに合わせて指先で左右を指し示すような独特の振り付けと、大人の恋愛、情事を思わせるちょっとエロティックな歌詞で人気になりました。

30年以上たった2000年代でも、いわゆる「懐メロ」番組があれば披露されています。

ここでびっくりするのは、金井克子さんが当時と変わらないスタイルと歌声だということです。

古希を迎えてもその歌声は健在の金井克子さん。

2018年には舞台出演もされるようで、まだまだ衰え知らずというところでしょうか。

「他人の関係」で描かれている大人の恋、大人の情事を思わせる内容の歌に魅かれたアーティストとして、中森明菜さんが歌謡曲を集めたカバーアルバムに「他人の関係」を収録しています。

また、2014年には、一青窈さんがドラマ「昼顔」の主題歌としてカバーしています。

不倫をテーマにしたドラマの内容と主題歌のイメージが見事にリンクして、「他人の関係=不倫の曲」という図式が、多くの人々の頭の中に植えつけられた感じがしますね。

一青窈さんのカバーがヒットした影響もあって、音楽番組で金井克子さんと一青窈さんが一緒に「他人の関係」を歌ったこともありました。

 

金井克子の夫

現在も精力的に芸能活動をしている金井克子さん。

そんなパワフルな女性を射止めた男性はどのような方なのでしょうか?

金井克子さんは1982年に歯科医師の男性と結婚したといわれています。

男性の名前が「足立」さんというのでしょう。

金井克子さんの本名は「足立」克子さんといいます。

お子さんについては公式に記されているものが見つからなかったので、よくわかりません。

ただ、いらっしゃるのであれば、もう成人して、ご両親に負けない活躍をどこかでされているのだろうと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)