堀内詔子の旦那や息子は?実家や経歴について!

政治家として活動している、堀内詔子氏についてご紹介します。

 

堀内詔子の旦那

どんな旦那さんでしょうか?

旦那さんは、山梨に本社がある「富士急行」社長の「堀内光一郎」氏なのだそう。

ちなみに「光一郎」さんの父親は、富士急行の会長で「自民党」総務会長でもあった「堀内光雄」さん(故)です。

「堀内」さん自身も、歴史上の人物である「大久保利通」の子孫なのだそう。

凄い家系ですね!

祖父の「小林中」氏は(日本政策投資銀行)の総裁であり、父の「小林喬」氏は「フコク生命社長」であったようです。

堀内さんは、先祖代々貴族級のエリート家系だったのですね。

一般的なご家庭ではないようです。

スポンサードリンク

 

旦那・堀内光一郎について

どういった方なのでしょうか?

ちなみに、堀内光一郎さんの画像は↓です。

1960年9月17日に山梨県出身。

今年58歳になる旦那さんです。

経歴が気になります。

富士急行株式会社代表取締役社長、富士吉田商工会議所会頭、社団法人日本バス協会会長、富士五湖観光連盟会長、慶應義塾大学理事。

すごい経歴の方ですね。

どんな会社経営をしているのでしょうか。

 

経営理念

深い会社経営の理念をもっている旦那さんです。

富士急は、「富士山の伝道師」みたいな存在だと思っています。

創業当時の富士山は未開発で、麓に到達するにも大変でした。

その様な中で初代社長の堀内良平は「開拓」という意味で、「拓く」と言っていたと思います。

鉄道を敷き、道路・水道などのライフラインを整備し、別荘地を開きホテルを作り、ゴルフ場を整備することを80年前から始めたのです。

これに対し、今は「開拓」をする時代ではありません。

世界のお客さまを一人でも多く富士山にお越しいただいて、いかにグローバルスタンダードの快適な環境で、富士山を楽しんでいただき、そしてその結果、富士山を理解し、ひいては日本を理解し、愛していただけるよう努力することが我々の使命であり、それが「世界に拓く」ことになると思っています。

素晴らしい理念です。

特別な人でなくとも、素晴らしい富士山の眺望を楽しめるような、施設を整備することも大事な仕事です。

「ふじやま温泉」では、樹齢200年を超えるケヤキを使用した日本一の大きさを誇る町家造りの純和風浴室の中から、富士を眺める贅沢を味わうことができます。

日本の伝統を施設に生かし、外国人を含め多くの方々に富士山を楽しんでいただくという、広い意味で「富士を世界に拓く」になるのではないでしょうか。

創業時の「物理的」な「拓く」から、多分に精神的な「拓く」に変わってきたのでしょう。

スポンサードリンク

記者からの質問へも答えています。

世界遺産の暫定リストに載るなど、最近なにかと話題が多い富士山ですが、今の富士山を取り巻く現状を、どう考えておられますか。

私自身は大幅に改善され、いい方向に向かっていると思っています。

富士山クラブが出来てからの9年を見ても、劇的に変化し、 その多くの部分は富士山クラブの努力の賜物ではないかと思います。

経営も上々のご様子です。

さらに、 日本の文化や民度の向上につながっていると思います。

富士山クラブも我々も、富士山を世界遺産にすることはプロセスであり、 目的とはしていませんが、世界遺産に向けさまざまな動きが、地元の人をはじめ、日本中の人の意識を変え、さらに、 それが環境整備の原動力となってきたのではないでしょうか。

これからも素晴らしい理念の基、さまざまな施設の運営と発展に期待しています。

 

息子は?

そんな素敵な旦那さんとの間にお子さんはいるのでしょうか?

どうやら、お子さんがいるようですよ。

2012年には、衆院選(山梨2区)での元「自民党」の「長崎幸太郎」氏に敗れているものの、比例で復活、14年には2期目の当選を果たされています。

さらに2016年8月、第3次安倍・第2次改造内閣での厚生労働大臣・政務官に就任されているそうです。

自民党の山梨2区の支部長もつとめられており、党内では、「岸田」派に所属されている。

息子さんは、政治家として頑張っているそうです。

 

堀内詔子の実家

どんなご実家なのでしょうか?

堀内の実家である富士急グループは、山中湖畔の県有地、約440ha(東京ドーム94個分)を山梨県との随意契約で1m2当たり約74円借り受け、1m2当たり平均1万円で顧客に転貸している。

やはり、桁違いのお金持ちと言えるでしょう。

 

経歴

そもそも、どういった経歴なのでしょう。

簡単にプロフィールをまとめてみます。

1965年10月28日、山梨県笛吹市石和町出身。

学習院幼稚園・初等科・女子中・高等科を経て、1988年3月、学習院大学文学部卒業。

直後に小学校の先輩だった堀内光一郎と結婚。

1990年、学習院大学大学院人文科学研究科博士前期課程を修了し、文学修士。

1993年、同博士後期課程単位取得。

2017年10月の第48回衆議院議員総選挙に山梨2区から自民党推薦の無所属として出馬し、小選挙区初当選となる3選。

その後、自民党の追加公認を受ける。

今年、53歳になる方ですね。

政治一筋といったご経歴でしょうか。

ちなみに、子供の頃の夢は女代議士だったそうですよ。

ですので、今は選挙事務所にて国民の為に精一杯活動されているのでしょうね。

これからも、素敵な日本国を作る政治家として頑張ってください!

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)