福田衣里子の夫は法務省?子供を出産?現在やかつらについて!

元衆議院議員の福田衣里子さんと、法務省に勤めていると言われる夫について取り上げます。

福田衣里子さんが子供を出産したという情報や、現在の活動。

果てはかつらについても言及します。

 

福田衣里子の結婚

元小沢チルドレンだった元衆議院議員の福田衣里子さんは、2013年3月10日に婚姻届を提出すると発表しました。

 

夫との出会い

福田衣里子さんは1歳年下の一般男性と5月に婚姻届を出すことを発表しました。

2人の出会いはここでした。

関係者によると、東日本大震災の被災地へのボランティアに通っている中で、以前からの顔見知りで、同様にボランティアに訪れていた男性と交際に発展したという。

スポンサーリンク

ボランティアで出会うなんて素敵です。

同じ意志を持ち、同じ目標を掲げ、被災地でボランティアをしているわけですから、必然的に話しも合いますよね。

 

夫の職業

福田衣里子さんは一般男性と結婚したという情報だったのですが、一般人といってもなかなかなれないポジションで仕事をされているようです。

と、言いますのもYahoo!知恵袋にこんな質問があったのです。

福田衣里子議員の1歳年下の夫が法務省職員で、7月1日に大阪市に出向していると週刊誌に出ていますが、法務省の中のどんな部署で働いていた人なのですか。

この夫に関しては政治家になりたいので、橋下市長のもとで勉強したいから、このような異例の出向になったのでは?

と言われているのです。

これに対しての回答はコチラでした。

法務省大臣官房行政訟務課から、7月1日付けで大阪市(政策企画室係長)に出向しているようですね。

所属の課からすると、国の行政に関する訴訟(国を被告として提起された行政訴訟など)の事務の担当のようですね。

そもそもの話し、大阪市が公募をかけて霞が関にも協力してもらった結果、法務省がそれに応えたということらしいです。

また、夫婦で維新の会に入って、夫も出馬するというのは単なる憶測でデマであるかもしれないとのことでした。

 

福田衣里子が子供を出産

福田衣里子さんに関して調べていくプロセスの中で、「子供」「出産」というキーワードが出てくるのですが、よくよく見てみますと、福田衣里子さん自身が子供を出産したということではないことが分かりました。

ですが、どうして「子供」「出産」というキーワードに引っかかるのか、その真意を細かく調べてみたのです。

スポンサーリンク

それには、福田衣里子さんが薬害肝炎九州訴訟の原告となったことと多いに関係していることが分かったのです。

薬害肝炎の問題に携わっていく中で2006年ごろ、「悪しき政治によって命が奪われることはあるが、政治が正しく機能すれば多くの命が救える。それこそが政治の本来の使命だ」と思い、政治に関心を持ち始めた。

福田衣里子さんの政治における政策には、多くの子供に関する事項があります。

例えばこんなマニュフェスト。

各地域の実情に応じた保育所・託児所等の整備により、働きながらであっても子育てしやすい社会の実現

未来への投資の想いを込め、子供・子育て支援などを中心とした現役世代に対する社会保障の拡充

このように女性目線で子育てしやすい環境を作り、多くの女性が安心して出産出来る状態を作っていくという力強いマニュフェストです。

 

福田衣里子の現在

民主党から日本未来の党へ移った福田衣里子さんの現在は、最後のブログを更新してから、その後の様子は分かりません。

選挙で落選し政界を引退しましたが、それにはこんなことも言われていました。

もともと、薬害問題で注目を集めていた彼女を民主党が強引に出馬させたこともあり、議員バッジへの執着心は薄かったのでしょうね

自らが掲げるテーマ、肝炎対策基本法などは一定の評価を得たが、それ以外では影が薄かったという。同僚議員たちともなじめず、苦労したようす。

確かにネームバリューはありましたが、実際、踊らされて終わったような印象はあります。

そんな福田衣里子さんの現在の情報で一番近いものが、夫の住む大阪のマンションで、半年遅れの新婚生活を始めたという情報までです。

そこには引退して夫を支える道に充実感を感じているようだと書かれていましたが、一度政界へ出て大きな舞台を経験している福田衣里子さんが、このまま旦那さんのサポート役で治まるのか?という疑問はありますが・・・。

そして、最新情報として、福田衣里子さんTwitterをしているようです。

そこで、今の政治について嘆いているようです。

 

かつらについて

福田衣里子さんがかかった病気について、簡単に説明します。

「薬害肝炎原告」は、国や製薬企業の「不作為」によって、C型肝炎に感染させられ、放置されてきた。

C型肝炎は、慢性肝炎から肝硬変、のちに肝癌へと移行し、やがて命を奪う病気だ。

その治療で髪の毛を失い、見た目にもかつらと分かる福田衣里子さん。

ですがそれは、世の中に薬害で脱毛してしまう人のためにも自身が積極的にかつらを着用していたようです。

特に女性にとっては「髪は女の命」とも言われるものですから、かつらへの偏見をなくすことも訴えたかったのでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)