丸山圭子が旦那と離婚?現在は何してる?息子は?学歴や病気について!

シンガーソングライターの丸山圭子さんが旦那さんと離婚したというのは本当か?

その真相に迫ると共に、現在の活動や息子さんについて取り上げます。

学歴や病気に関してもご紹介します。

 

丸山圭子の結婚

「どうぞこのまま」で知られるシンガーソングライターの丸山圭子さんは、1977年に結婚しました。

 

旦那について

丸山圭子さんと結婚した旦那さんは、佐藤準さん。

どんな職業をしていたのでしょうか?

お相手はChar、鳴瀬喜博、金子マリ、藤井章司が在籍した伝説的ロックバンドSMOKY MEDICINEのキーボード・プレーヤーで、作曲家・音楽プロデューサー・アレンジャー・キーボーディストの佐藤準(さとう じゅん)であった。

スポンサードリンク

どんな出会いだったのでしょう。

佐藤準とはアルバム「MY POINT OF VIEW」のレコーディングで知り合って結婚。

音楽が繋いだ縁で結婚まで至ったんですね。

才能と才能が呼び合うって本当にあるのだと思います。

 

離婚

残念なことに旦那さんの佐藤準さんとは1995年に離婚しています。

息子さん2人を丸山圭子さんが引き取り、シングルマザーとして育てていくことになりました。

その後、丸山圭子さんが再婚したという話しは聞きません。

 

丸山圭子の現在

丸山圭子さんは結婚して2人の子供を出産した後は、子育てに専念するために芸能界を休業しました。

ですが、23年前に離婚して、子供を育てるためにもう一度歌手として活動することを決意しました。

そんな時、丸山圭子さんは病気になってしまったのです。

病気についてはこの後、詳しく触れていきますが、この病気になったことから現在の仕事に繋がる結果となりました。

入院中、隣のベッドに入院していた人から「退院したら私に歌を教えて下さい」と言われたのです。

退院後にはじめたのが音楽教室。収入が不安定な歌手ではなくシングルマザーとして堅実な道を選びました。

すると、そのレッスンが評判を呼び音楽大学の講師の話が舞い込んできました。

どこで道が広がるのか分からないものです。

たまたま隣のベッドに入院していた人に歌を教えることになったことから、ここまで派生して結果トントン拍子に枝分かれしていきました

そして4年前に洗足学園音楽大学の客員教授に就任。

自ら作詞作曲を手がけた経験を生かし、シンガーソングライタークラスを受け持っています。

シンガーソングライターとしての立派なスキルがあるのですから、それを生かした仕事が出来ることは天職だと思います。

病気になったことも無駄ではなかったという訳です。

神様は意味のない試練を与えないと言います。

スポンサードリンク

 

丸山圭子の息子

丸山圭子さんの息子さんは、「サトウレイ」さんと言ってやはり音楽関係のお仕事をされているようです。

ツイッターに「息子をよろしく」と息子さんのアピールをしています。

また、ある日には息子と一緒にアルバムを作ります。

サウンドは二人でアイデア出しています、いい感じです!

と呟いていました。

息子さんが自分の背中を追ってきてくれるなんて幸せですね。

ただ、息子さんは「あの丸山圭子の息子だから」という看板を背負い続けなければなりません。

ですから、親を越える勢いで頑張って欲しいですね。

 

丸山圭子の履歴書

丸山圭子さんは結婚、出産、離婚、子育て、病気と振り返ると苦しい時もあったかと思います。

そんな丸山圭子さんの学生時代まで遡ってみました。

 

学歴

丸山圭子さんの学歴について調べてみたのですが、唯一分かったのは埼玉県立浦和第一女子高等学校を卒業したということくらいです。

その後、音楽関係の大学へ進学したのか分かりませんでした。

シンガーソングライターに学歴はいらないと思いますが、音楽の基礎を学ぶことが出来るメリットは音楽関係の学校しかないかと思います。

 

病気について

今から23年前に離婚することになり、2人の息子さんを育てるために、もう一度表舞台への復帰を計画していた矢先に、丸山圭子さんは卵巣嚢腫になってしまいました。

卵巣のう腫は卵巣内に溜まった分泌液や脂肪が原因の腫瘍で、放っておくと拳大ほどまでに成長し激しい腹痛や吐き気に襲われる病です。

丸山圭子さんの腫瘍は10cmにまで肥大。幸い手術は無事に成功し、片方の卵巣を摘出。腫瘍は良性でした。

まだ幼かった息子さん2人を抱え、病気になってしまったことは、とても心細かったと思います。

この先のことを考えると不安だらけだったでしょう。

ですが、丸山圭子さんがシンガーソングライターとして歩んできた道は決して間違いではなかったことを思い知らされる転機が訪れたのです。

それが、隣のベッドの人から「歌を教えて下さい」という言葉だったのです。

現在は息子さんも音楽の道に進み、丸山圭子さん自身もライブ活動をパワフルにされています。

64歳になっても丸山圭子ここにアリ!です。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)