横浜市長・林文子の旦那や子供は?経歴や評判について!

2017年に3期目の横浜市長選で当選した林文子氏。

政令指定都市の女性市長として市民の期待を集めていますが、林文子氏の経歴、評判と旦那さんや子供などプライベートを紹介します。

 

横浜市長・林文子の経歴や評判について

林文子さんの経歴や評判について見ていきましょう。

 

経歴は?

1946年5月5日 東京都生まれの現在72歳です。

1965年に東京都立青山高等学校を卒業後、東洋レーヨン株式会社に入社。

松下電器産業株式会社勤務を経て、1977年 ホンダオート横浜株式会社に入社します。

2003年にはBMW東京株式会社・代表取締役社長、2005年には株式会社ダイエー代表取締役会長兼CEO、2008年には東京日産自動車販売株式会社・代表取締役社長就任と、輝かしいキャリアウーマンの道を歩んできました。

スポンサーリンク

大学には行かずに就職されています。

今はかなり女性の社会進出や機会均等、女性の活躍支援が整いつつありますが、この時代にこれだけの華々しいキャリアを持った女性はそう多くはなかったはずです。

 

市長としての実績と評判は?

2009年の横浜市長選挙では横浜市選挙区から無所属で民主党推薦、国民新党支持で出馬し、得票数910,297票を得て初当選を果たします。

2010年に全国最多であった待機児童数を、2013年4月1日現在でゼロにし、2016年には小学6年生までの医療費無料化を実施したことを実績としてアピール。

さらに、2019年のラグビーワールドカップの決勝戦誘致、2020年の東京オリンピックでの野球の開催地誘致にも成功したことも実績の1つとして掲げています。

待機児童問題に積極的に取り組んだことと、オリンピック、ラグビーワールドカップの招致はマスコミでも広く報じられ、市民、県民以外にも浸透していると思います。

スポンサーリンク

公費で化粧代を出していたことやカジノ誘致問題など市民の批判、反対運動などもありますが、投票総数の約53%の支持を得て、2位以下の候補に大きく差をつけて当選していることからも横浜市民の期待を集めていることは間違いありません。

 

横浜市長・林文子の旦那は?

職が始まって、松下電器に行きました。事業部長秘書だったんだけど、そそっかしくてね。

入って3日目で今の夫に知り合ってね。

本当にひと目ぼれなんですよ。

それですぐデートして、1カ月後くらいに婚約してしまった。

これから仕事を覚えようという人が、入ってきて1カ月目で婚約しているんじゃね(笑)。

で、何をやってるんだと会社に怒られましてね。それでまた辞めて、ってことですね。

2社目の松下電器(現在のパナソニック)に転職してすぐに結婚しています。

旦那さんは林義弘さんで、当時は技術部門に在籍した方のようです。

 

林義弘は絵描き?林文子氏が裸婦のモデルに?

林義弘氏は本業をリタイヤして絵画教室をひらいたり個展を開いたりと、趣味が高じて水彩画の先生もしているそうです。

裸婦の絵のモデルが奥様の林文子氏ではないかと話題になったようですが、かなり豊満な身体ですが、どことなく顔は似ていますかね?

かなり似ていますが申し訳ありませんが、過激な為、自身で検索してくださいませ。

 

子供は?

家族は3人ですけど、娘は独立して、夫と2人でおります。

法人会のインタビューでこう答えられていますから、娘さんが1人いるようです。

娘さんといってももう林文子氏が70代ですから、いい年齢だと思いますが、自らも子育てを経験されているので、待機児童問題にも積極的に女性視点で取り組みことができたのでしょう。

林文子氏の経歴、市長としての実績、そして家族について紹介しました。

旦那さんはもう絵を描くことに専念して、奥様は市長として大活躍しています。

まさに女性の社会進出を実践している方ですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)