亜蘭知子の夫は?現在について!病気との噂が!

作詞家としてだけでなく、80年代にはアーティストとしても活動していた亜蘭知子さん。

ある学園ドラマでブレイクした、今は政治家になったタレントさんや、「夏と言えば○○」というくらいに夏が似合うグループなどに歌詞を提供しています。

そんな亜蘭知子さんについて、いろいろ調べてみました。

果たしてどのような方と結婚して、どのような結婚生活を送っているのでしょうか?

 

亜蘭知子について

亜蘭知子さんは1958年生まれ、19歳の時に作詞家としてデビューしたそうです。

1978年には音楽製作会社「Being」の一員として活動し始めます。

亜蘭知子さんが、1990年代にB’zやZARD、大黒摩季さんさんやDEENといった「ビーイング系」といわれ、ミリオンヒットを連発するアーティストを抱えることになる音楽プロダクションの立ち上げメンバーのひとりだったなんて驚きですね。

スポンサーリンク

亜蘭知子さんが作詞したアーティストで特に注目されたのは「三原じゅん子」さんと「TUBE」でしょう。

三原じゅん子さんのデビュー曲の作詞を亜蘭知子さんが作詞し、30万枚を超えるヒットとなります。

ランキングでも、オリコン週間8位、当時の歌番組でも週間2位、年間30位台と人気を博します。

当時三原じゅん子さんは、学園ドラマの不良少女役で人気を博していて、そのイメージを踏襲するような楽曲だったことがヒットとなった要因のようです。

TUBEはそもそもボーカルの前田亘輝さんが高校生の頃に亜蘭知子さんの所属するBeingの事務所に出入りしていたようです。

その後、前田亘輝さんたちはバンドを結成、1985年にデビューします。

亜蘭知子さんは7番目までのシングル曲やアルバム曲の作詞を手掛け、「TUBE=夏」というイメージを作り上げることに貢献したといわれます。

 

アーティスト活動

亜蘭知子さんは様々なアーティストに作詞するのと同時に、1980年代にはソロアーティストとしても活動しています。

1981年にデビューしてから、8枚のシングルとベスト盤を含む10枚のアルバムをリリースしています。

透明感のあるのびやかなボーカルがとても印象に残ります。

また、1987年には織田哲郎さんやTUBEのメンバーらとともに「渚のオールスターズ」を結成、海と潮風が似合うバンドの楽曲を作詞していました。

 

亜蘭知子の旦那

亜蘭知子さんがどのような方と結婚したのかは、公になっていないようです。。

唯一といっていい手がかりは、亜蘭知子さんの旦那さんがバンド活動をしているという話をブログに載せていたこと。

その時に出てきた「エイプリルバンド」というバンド名、ドラムスというパートから、おそらくこの人が旦那さんなのではないか?というところまで調べることができました。

その結果、亜蘭知子の旦那さんは、ビクターミュージックアーツに勤めている吉浦芳一さんではないかと推測されます。

スポンサーリンク

吉浦芳一さんは、ジェロやラブサイケデリコ、スタイリスティックスなどのアーティスト達のレコーディングに携わっているようです。

2008年に製作されたラブサイケデリコのアルバムのレコーディングでは、スタッフとして一緒に海外に行ったそうです。

また、吉浦芳一さんは時折レコーディングの際にドラムやパーカッション、カホンなどを演奏するスタジオミュージシャンとしての側面があるそうです。

ラブサイケデリコがある生放送の音楽番組に出演したときに、予定していたドラマーが来られなくなり、急遽吉浦芳一さんがピンチヒッターとして演奏したということもあったそうです。

「(いくら技術があっても、)知らない人と演奏するよりは、知った人と演奏する方がいい」

ラブサイケデリコのナオキさんは、そう言って吉浦芳一さんにドラム演奏をお願いしたそうです。

このエピソードから、ものすごくアーティストから信頼されているスタッフなのだということがうかがえます。

 

昔の吉浦芳一

吉浦芳一さんが今でも所属する「エイプリルバンド」、実はメジャーデビューしています。

1981年に6月にシングル、7月にアルバムをリリースしているそうです

その後もメンバー変更をしながら、今現在もバンドとしての形はとどめているそうです。

また、実は吉浦芳一さんはかつては尾崎豊さんのバックバンドとして、コンサートなどに帯同していたそうです。

尾崎豊さんの誕生日や命日になると、自身のブログに尾崎豊さんのことを話題にすることもあるようです。

また、尾崎豊さんが亡くなって25年たったときに発行された本の取材で、かつての若者のカリスマについて、自分の思いを語ったという話です。

 

亜蘭知子の子供

亜蘭知子さんと吉浦芳一さんとの間には女の子がひとりいるようです。

亜蘭知子さんがブログを始めた2009年に「高校生」だと紹介されて、以後2011年まで高校のことが記事になっているので、おそらく1994年生まれなのではないかと思われます。

亜蘭知子さんは、娘さんのことをブログに書くときに、娘さんが小さい頃ハムスターが好きだったことから「ねずみさん」と呼んでいます。

高校を出てからイギリスの芸術系の大学に留学し、卒業後は陶芸家になるべく修行中なのだそうです。

 

亜蘭知子の病気

亜蘭知子さんは2009年にブログを始めました。

実はブログを書き始める前に、卵巣膿腫という病気を患ったこともあるそうです。

また、初期の頃は毎日のように記事がアップされていたのですが、途中で滞りがちになってしまいます。

もともといろいろと持病を抱えていて、からだの調子が良くないことが多いようなのですが、2017年1月のブログで「2年半前に甲状腺の病気になった」ことを告白しています。

音楽活動についても、2010年に復活ライブをしてからは思うようにできていないようです。

早く回復して、また元気に歌う姿が見てみたいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.