芦田多恵の夫は?子供はいるの?別荘を紹介!

有名なデザイナーである父の娘として生まれ、父と同じファッションの道に進んだ芦田多恵さん。

2016年にはデザイナーデビュー25周年を迎えました。

ファッション業界という華やかな世界にいる女性の旦那さんはいったいどのような方なのでしょうか?

また、お子さんはいるのでしょうか?

芦田多恵さんご本人や家族についていろいろと調べていきます。

 

芦田多恵について

芦田多恵さんは1964年生まれで、アラカン世代。

アメリカの造形大学に在学中にも著名なデザイナーのもとで研修、経験と実力を積んでいきます。

その後、1988年にお父さんである芦田淳さんの会社に入社します。

スポンサードリンク

お父さんである芦田淳さんは、日本を代表するファッションデザイナーのひとり。

1966年から皇太子妃美智子さま(現在の皇后さま)のデザイナーを10年間務め、1993年には皇太子妃雅子さまの御成婚衣装も制作したそうです。

1996年のアトランタ五輪では、日本選手団の公式ユニホームのデザインも手掛けました。

「皇室御用達」のデザイナーなんて、非常に名誉なことですよね。

芦田多恵さんがデザイナーの道に進んだのは、皇室の人たちの服を手掛けるお父さんに誇りと憧れを抱いたからかもしれません。

父の会社に勤め始めた芦田多恵さんですが、1991年に自らデザインした洋服を販売する「ミスアシダ」という別ブランドを同じ社内で立ち上げます。

これが芦田多恵さんのデザイナーとしてのデビューとなるそうです。

その後も、1993年に帝国ホテルのユニフォームや宇宙飛行士の山崎直子さんが宇宙船内で着る服のデザインなどをしていきます。

2012年に「ミスアシダ」を自分の名前を前面に押し出した「タエ アシダ」に変更。

ブランド内では、普段着からイブニングドレスまで多岐にわたる製品を展開しており、仲間由紀恵さんや高島礼子さん、長谷川京子さんなどの著名な女優さんたちがお客様として訪れているそうです。

また、水野真紀さんや藤原紀香さん、横綱白鵬さんの奥さんといった人たちのウェディングドレスをデザインしたそうです。

有名なモデルさんや女優さんがお客様になるというのは、ファッションブランドとして大きなステータスになりますよね。

レッドカーペットや結婚式などの様々なイベントに、自分のデザインした服を着た女優さんやモデルさんが出席することで、自身のブランドの宣伝にもなっていきます。

「○○さんが着ている服はどこの服なの?」と話題になれば、何千万という広告費をかけるよりももっと大きな効果が見込めるかもしれませんしね。

日本の多くのセレブにも愛されてきた芦田多恵さん。

2016年にデザイナー生活25周年を迎え、お祝いのパーティーでは俳優の斎藤工さんによるドキュメンタリー映画の上映されました。

藤原紀香さんや神田うのさん、アンミカさんなど芦田多恵さんのファンが出席者として数多く訪れ、盛大だったそうです。

 

芦田多恵の夫

ファッション業界という華やかな世界で生きている芦田多恵さんの旦那さんは、この記事を書いている時点で、「ジュンアシダ」の社長を務めている山東英樹さんです。

芦田多恵さんと山東英樹さんは1993年に結婚します。

結婚当初、山東英樹さんは日本興業銀行(今のみずほ銀行)に勤務していました。

スポンサードリンク

デザイナーと銀行員、イメージはまるで真逆ですよね。

山東英樹さんは、1995年におばである山東昭子議員の公設秘書を経て、1997年に芦田多恵さんのお父さんの会社である「ジュンアシダ」に入社します。

銀行員がデザイナーズブランドに勤めるといっても、デザイナーやパタンナーなど、洋服製作の実務に携わるのではなく、経理や会計などといった、数字の面での仕事をしていたそうです。

そして2013年、「ジュンアシダ」の創立50年を機に、創設者の芦田淳さんが社長から会長へ。

山東英樹さんが社長として舵を取ることになったそうです。

近年、ユニクロやZARA、FOREVER21やH&Mなど、お手軽な値段で実用性の高いファストファッションが主流になり、いわゆるブランド物の服に目がいかなくなってきています。

芦田多恵さんと山東英樹さんは夫婦二人三脚で、この逆風ともいえる状況に立ち向かっていくことになるでしょう。

 

芦田多恵の子供

芦田多恵さんと山東英樹さん夫婦の間にはお子さんがふたりいるといわれています。

一流ファッションブランドの社長とデザイナーを両親に持つ子供。

果たして、どのような生活をしているのでしょうか?

こちらは2017年11月23日に芦田多恵さんのInstagramにアップされた写真です。

18歳になる息子さんの誕生日ケーキのリクエストを聞きだすのに芦田多恵さんが難儀したことが書かれていました。

思春期真っただ中でしょうから、お母さんに対してなかなか素直になれなかったのかもしれませんね。

残念ながら、その他お子さんについては調べきれませんでしたが、優しいお母さんのもとで、文句を言いながらすくすくと成長していることは想像に難くないですね。

 

芦田多恵の別荘

一流ブランドのデザイナーである芦田多恵さん。

次々にコレクションか行われていく中、常に新鮮なデザインを生み出す苦労は大変なものでしょう。

いろいろなしがらみやストレスを発散、解消するためには、環境を変えるのが大事だとばかりに、芦田多恵さんは軽井沢に別荘を構えています。

こちらが食後に映画鑑賞やゲームなどを楽しむ部屋。

そして、こちらがリビングルームです。

豪華ですね。

ここに訪れては自分の「お気に入り」に囲まれてリフレッシュして、またファッションの戦場に飛び込んでいくんでしょうね。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)