佐藤悦子の夫は佐藤可士和。息子は慶応?実家はどこ?

今回は、佐藤悦子さんの夫や息子について紹介します。

また、佐藤悦子さんの実家についてまとめました。

佐藤悦子の夫

すてきな彼女の夫になる人とは、どのような方なのでしょうか?

佐藤可士和と妻「佐藤悦子」さんは、現在は同じ事務所である佐藤可士和が代表の「SAMURAI」で働いている。

役割は、佐藤可士和がデザインやクリエイティブを担当して、妻の佐藤悦子さんがマネージャー業を担当している。

もともと、佐藤悦子さんは広告代理店の営業職。
その後、可士和氏との結婚を機に、外資系化粧品会社のAD/PRマネージャーに転身。
そのあと佐藤可士和の事務所を手伝うことになった。

同じ仕事場で同じような仕事をしているというと思いますが、もともと彼はデザイナーとして売り出していたところ、その才能を見いだし、もっと活用できるのではというふうに持ち上げていったのが佐藤悦子さんなのです。

もちろん夫の才能を見抜いた彼女もすごいと思います。

スポンサードリンク

しかし、彼女がいなければ夫も今の才能を生かせないということですから、お互いがお互いの才能を育み、伸ばしていったのではないでしょうか。

そんな夫をもう少し具体的に見てきたいと思います。

 

佐藤可士和について

彼のことを具体的に見ていきます。

有名企業のロゴ、超ヒット商品のパッケージデザインなどそのすべてを佐藤可士和がデザインした。

彼はデザインとは「ビジョンを形にすること」だと語っていて、ぼくはホームページ制作時代にその考えを何度も参考にした。

おそらく日本のデザインの中で彼の作品に出会ったことがないという人はいないのではないでしょうか。

むしろ目の中に入るものはすべて彼の作品だと言っても過言ではありません。

自分のデザインをすべて形にすること。

それが彼の目標であり、それを実際に考えているという素晴らしい才能を持った人ですね。

 

信念

彼は仕事に対してどのような信念があるのでしょうか。

「ロールモデルがない人は、『どうなりたいのか』が自分のなかで明確になっていない可能性があります。

自分が成功するイメージや、こういう仕事がしたいとか、こういうことをやって認められたいというイメージがあれば、お手本になる人やチームは、きっとあるでしょう。

まずは自分でどうなりたいか、どうしたいのかのイメージを持つことが優先で、そうすれば、目指すべきあり方は自ずと見つかると思います。

僕はそう信じています」

スポンサードリンク

こういう何かしら信念を持っている人というのは、やっぱり揺らがないです。

そして何かしら成功している人というのは、このような名言となるようなことも必ず持っているものです。

そういったものをしっかりと生かすことができ、形にすることができるからこそ成功することができたといえるのではないでしょうか。

さて、これは彼自身のことですか。部下は彼を評価しているのでしょうか。

 

評価

クリエイティブディレクターとしてトップランナーとして走り続ける佐藤可士和さん。

メディアを通して受ける印象からは、「わかりにくさ」や「曖昧さ」を伴った日本のデザインにメスを入れ、より明快な形で提示する「潔さ」を感じていました。

今回の取材では、ご本人やともに働くスタッフからも一貫してそれが感じられただけでなく、「チームビジョンにブレがない」「任せるだけではなく、きちんと見ている」など、チームリーダーとしても秀でた方だと言えます。

クリエイティブディレクターとしての名前を世の中に広げるために彼女の才能が活かされました。

そして実際に会社の中で彼の能力をフルに活用することができ、生かすことができたかからこそ、部下たちも自由に仕事ができたといえるのではないでしょうか。

 

息子は?

さて息子さんは慶応大学に関するキーワードが出ていますが、この点について見ていきたいと思います。

佐藤可士和さんはクリエイティブディレクターであり、慶応義塾大学特別招聘教授である。
子供はまだ小学生なので、慶応ではないかといううわさがあるものの真相は分からない。

息子さんはまだ.幼い子供であり、慶応大学をでているということはありません。

また慶応大学に属している小学校や中学校に入ってるのかと思いきや、そういった情報も手に入れることができませんでした。

また彼自身が慶応大学特設教授ということから、そういった点でもキーワードとして検索をかけられていたのかもしれません。

 

実家

もちろんこれだけの能力を世の中に放つことができるというわけですから、彼のお父さんやお母さんも相当金持ちだったのではと考えられます。

ですのでこの点につき、見ていきたいと思います。

実家がお金持ちの可能性があるのですが、一般人のため情報が少ないですね。
どこかも正直みつからず・・・。

この情報に関してはとても少なかったのですが、少なからず言えることはある程度裕福な家庭だったのではないでしょうか。

さて、彼の才能を見いだし、それをできるだけひきだし生かすことができた彼女の能力には恐れ入ります。

2人が2人三脚でこれからもどんどんと頑張って行ってもらい、社会引っ張ってもらいたいなと思います。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)