朝倉匠子の夫は?乳がんを克服!ハーフとの噂?身長は?

若い頃は、テレビのCMや伝説の深夜番組に出演し、その美しさで話題や人気を呼んだ朝倉匠子さん。

今は海外で学んだジェントロジー(加齢学)を元にして「アクティブエイジング」を提唱。

人間に確実に押し迫ってくる「老い」をただ受け入れるだけじゃなく、時に流されることがあっても、時にはその流れに抗う。

心と体を健康に保ち、若々しく、セクシーに、そして美しく老いを迎えうつことができるような仕組みを、個人で、そして社会全体で作り上げていこうというのです。

朝倉匠子さんはそのための活動を積極的にしているそうです。

確かに、これからは65歳以上の人の割合がどんどん増えて、若い世代が減っていく超高齢社会です。

いかに年を取ってからの生活を輝かしくするかということは、すごく大切なテーマになってきそうです。

「アクティブ」と銘打ってエイジング(老い)に向かい合っているだけあって、朝倉匠子さんは還暦を過ぎでもすごく若々しくて美人です。

スポンサードリンク

目元もぱっちりしていて、「ハーフなの?」と思ってしまいますが、特に出生に関する話がないので、ハーフではなさそうです。

朝倉匠子さんの身長はわかりませんでした><

朝倉匠子さん個人のHPでは、60歳を過ぎて水着姿を披露しちゃっています。

この朝倉匠子さんの姿が、今後の中高年の標準的なスタイルになるというのなら、恐るべし、アクティブエイジング!って感じですよね。

中高年の女性に多くの希望と憧れをもたらしている朝倉匠子さん。

そんな、彼女のプライベートってすごく気になりますよね?

どのような男性と結婚して、どんなお子さんがいて・・・といったことを調べていこうと思います。

 

朝倉匠子の夫

朝倉匠子さんはバツ1で、今の夫とは再婚です。

最初の結婚は、1986年頃だといわれています。

美人だったという理由でスカウトされて入ってきた芸能界でしたが、ルックスだけではこれから先やっていけないことを悟り、芸能界から離れていきます。

その時に知り合った男性と結婚し、男の子をもうけたそうです。

どのような男性と結婚したのかは、残念ながらわかりませんでした。

一般の方という話もあり、素性が明かせないのかもしれません。

10年ほど専業主婦として奥さん、お母さんとして生活していましたが、思うところがあってアメリカに留学します。

スポンサードリンク

帰国後のエイジングスペシャリストとしての活躍は、芸能活動をはるかにしのぐものになったといえるのではないでしょうか。

残念ながら、お子さんが15歳の時に最初の旦那さんとは別れてしまいます。

経緯については多くは語られていませんが、お子さんとお父さんとのつながりは切らずにおいていたようです。

お子さんの「英語を忘れたくない」という望みをかなえるために、海外に行かせるまでの資金を用意できなかった朝倉匠子さんは別れた旦那さんに相談。

お子さんに海外でのひとり暮らしをさせる条件で、留学費用を出してもらったというのです。

夫婦としての関係は切れてしまったけれど、それぞれ母親、父親としての役割は子供がいるまで続くものです。

離婚したら、もう一方の親に子供を会わせないようにする親もいる中、お子さんのことを第一に考えて、憎んでいるかもしれない相手に相談するなんて、素晴らしいですよね。

 

2度目の結婚

最初の旦那さんとのお子さんとの写真は、朝倉匠子さんのコラムにたびたび登場しては、仲の良い様子がわかります。

このまま親子二人で暮らしていくのかと思われたのですが、朝倉匠子さんが51歳の時に転機が訪れるのです。

新たなパートナーを見つけて再婚するのです。

出会いのきっかけは婚活サイトというから驚きです!

人生を前向きに歩いていこうとするアクティブエイジングの実践者だからなのか、ちょっと抵抗感を覚えそうな婚活サイトにも積極的に取り組んだのでしょうね。

そこから生まれた出会いが、新たな人生を歩むきっかけになったのでしたら、朝倉匠子さんに限らず、トライしていってもいいのではないかと思いました。

朝倉匠子さんと新たな旦那さんとの幸せが続くといいですね。

 

朝倉匠子の病気

新たなパートナーを迎え、お子さんとの関係も順調。

このまま自身の唱えるアクティブエイジングを全うするかに思われた朝倉匠子さんに2016年大きな闇が襲っていたことがわかったのです。

2017年1月に朝倉匠子さん自身のコラムの中で、2016年の3月乳がんの手術を受けたことをカミングアウトしました。

これまで身内にしか話しておらず、本当に本当に辛い時期があったそうです。

幸いにも、ガンはおかげさまでステージ1、周りの愛と「『輝く自分』へのこだわり」で今は乗り越えられたと語っています。

むしろ大きな苦しみを経験した事で思ってもいなかった方々と出会い、パワーをいただき、自分が成長したとも話しています。

女性にとって乳がんを患うというのは結構ショックなことです。

場合によっては女性の象徴ともいえる乳房を切除することになりますし、抗がん剤や放射線による治療も、心身ともに大きな負担となります。

でも、それを「乗り越えることができた」、「がんを通して大きく成長することができた」と振り返っている朝倉匠子さんは素晴らしいですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)