木内晶子の旦那・結婚相手は?引退してる?現在や実家について!

女優や歌手、写真集出版などの芸能活動をしてきた木内晶子さんについてご紹介していきます。

 

木内晶子の旦那

旦那さんはどんな方なのでしょうか?

残念ながら、木内晶子さんは結婚はまだなされていないようです。

現在、未婚のようですよ。

女優さんともなると出会いがあってもおかしくはないと思うのですが、出ていないだけで彼氏くらいはいるのではないでしょうか??

お綺麗な方ですので、お付き合いしている素敵な方がいるのかもしれませんね!

 

彼氏がいる?

付き合っている男性がいるのでしょうか?

彼氏といえば少し気になるのは、お笑いの中川家のお兄ちゃん礼二さんとの関係はどうなったのでしょうかね??

スポンサードリンク

中川家のお兄さんと噂があったようです。

「芸恋リアル」という番組で中川家の礼二さんが木内晶子さんに告白をしているんですよ!

そこで木内晶子さんは「友達からなら」ということで交際をOKしたそうなのですが、続報もないまま芸恋リアル自体が終わってしまったということで物語は終わっています。

結局はお別れしてしまったのでしょうか!?

現在礼二さんは結婚をしていますので何もなかったというのが普通ですかね?
他に何も彼氏の情報も何も出てこなかったというのが少し驚きです。

中川家の礼二さん以外、男性との噂話もあまりないそうですね。

 

結婚相手は?

そんな木内晶子さんですが、結婚はしているのでしょうか?

木内晶子さんは結婚しているかと思われていましたが、現在独身でした。
一度も結婚をしていませんでしたので、子供もいませんでした。

やはり、まだ結婚していませんね。

今年37歳で、お若い方ですので、きっと素敵なご縁があることでしょう。

 

芸能界を引退?

すでに引退しているのでしょうか?

その前に木内晶子さんの簡単な芸能界の経歴を見てみましょう。

木内晶子さんは1997年に高校在学中に「第1回THE JAPAN AUDITION」に応募し、俳優部門で合格し芸能界入りしました。

1998年に『PU-PU-PU』で女優デビューしました。

その後、『踊る大捜査線』や『GTO』と人気作品に次々と出演するようになり、2001年に放送された『はみだし刑事情熱系』では柴田恭兵さんの娘役を演じ、人気を獲得しました。

木内晶子さんは1999年に公開された人気映画の『GTO THE MOVIE』に出演。

ドラマで大ヒットした『GTO』は映画化もされ木内晶子さんは藤崎加奈子役で『GTO THE MOVIE』に出演しました。

2004年には『女医・優〜青空クリニック〜』で女性医師役を演じました。

スポンサードリンク

過去に写真集を出版していました。
2001年に『木内晶子写真集』が出版され、2002年には『SHINCHO MOOK 月刊木内晶子』が出版されました。

マルチに活躍される経歴をもった芸能人ですね!

 

現在の活動

昨今はどんな活動をしているのでしょうか?

木内晶子さんが2017年6月10日(土)に開催された「愛南町 いやしの郷トライアスロン大会2017」に出場しました。

「初めての挑戦で完走できるか不安」と言われていた木内さんですが、当日はスイム1.5㎞、バイク40㎞、ラン10㎞を見事に走破!!

地元の方々からの大喝采を浴びながら、愛南町のご当地キャラクター「なーしくん」に迎えられて、大感動のゴールでした。

また現在は、朗読劇や歌手活動も行っていますし、地域活動を中心に行っています!

近年はトライアスロンや朗読劇などで活躍していますね。

どうやら、それ以外にも新たな活動を行っているようです。

 

うどん県副知事

うどんがお好きなのでしょうか?

高松市出身でもある木内晶子さん。

2011年からは香川県の観光大使の「うどん県副知事」としても活躍しています。
その活躍が評価され2016年には「かがわ21世紀大賞」を受賞しました。

美味しいうどん食べ放題ですね!

 

独立して実家に帰省?

芸能活動開始から20年経った2017年には、東京の芸能事務所から独立して香川県でnanami officeを設立して地元での活動の重きをおいているそうです。

東京中心に活動していた頃は、帰郷といっても年に数日、実家に寄る程度。
芸能活動だけを考えれば東京が便利だが、地元での活動も増やしたいと思った。

どんな実家なのか情報はありませんでしたが、これでご両親も安心ですね!

地元で活動を開始するきっかけは、2011年に俳優の要潤さんと共に香川県から委嘱された「うどん県副知事」だそうですね。

独立後はさぬき映画祭の上映作品で高松市の離島、男木島を舞台にした『Lemon&Letter』に出演した。

瀬戸内の美しい景色が印象的なこの作品は、幸運にも『ベルリン国際フィルムメーカー映画祭2017』に入選。

故郷のPRに役立てたなら俳優冥利に尽きる。
地元を舞台にした映画がもっと生まれたらいいなと期待している。

色々な活動を行っていますね!

母校の小学校で講演する機会があったが、私が通っていた頃に比べて生徒数が大きく減っていて驚いた。

進学や就職で都会に出て行く若者も多いと聞く。
時代の変化とともに少子化の深刻さを感じた。

このままでは地域が弱ってしまうのではないかと心配になる。

地元を大事にされる方なのですね。

また、2018年春号の「るると」の表紙にも登場しています!

さらに「みんなで子供を育てる県民運動」も地元高松で行うそうです!

日時 5月29日(火) 13:15〜16:00
場所はサンポートホール高松 第2小ホールにて。

講演は14:15〜15:15
1時間ほどお話させて頂きます。
是非、ホームページ等チェックしてみて下さい。
よろしくお願い致します。

ファンは参加必至ですね!

インスタグラムも要チェックです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)