ミラ・ジョヴォヴィッチの旦那は?腕切断って本当?今現在は?娘は?

ロシア出身のハリウッド女優・ミラ・ジョヴォヴィッチの旦那さんや、彼女の噂についてまとめました。

 

ミラ・ジョヴォヴィッチのプロフィール

こちらはミラ・ジョヴォヴィッチのプロフィールです。

本名:Milica Jovović
生年月日:1975年12月17日
出身地:ソビエト連邦キエフ
身長:174cm
職業:女優・モデル
活動期間:1987年~

映画版「バイオハザード」シリーズや、ジャンヌダルク、ウルトラヴァイオレットといった映画で主演を務めている有名女優さんです。

バイオハザードシリーズは今でもテレビでよく放送されますので、知っている方は多いのではないでしょうか。

一作目の彼女は特に綺麗なので、かなり記憶に残っています。

映画によっては、かなり脱げることも、彼女の魅力の一つですね。

男性大喜び。

スポンサードリンク

現在でも十分綺麗ではありますが、さすがに昔ほどとはいかず、シリーズ最終章で共演した日本のモデル・ローラと比較されています。

これを見て、ネットでは「ローラがミラ・ジョヴォヴィッチに勝ったぞ!」などと騒がれているようです。

まあ、ローラも現在のミラと同じ年齢になったら、大して変わらんと思いますが(笑)。

 

旦那はポール・W・S・アンダーソン。

ミラ・ジョヴォヴィッチには、二度の離婚歴があります。

最初の旦那さんは俳優のショーンアンドリュース、2人目は映画プロデューサーのリュック・ベッソン。

そして、現在の旦那さんは、映画監督のポール・W・S・アンダーソンです。

「バイオハザード」シリーズ「エイリアンvsプレデター」といった娯楽映画で有名な監督です。

ポールと結婚されたのは2009年の事。

2001年に始まった『バイオハザード』シリーズで、ミラは主人公のアリスを演じており、この映画がきっかけで二人は交際に発展しました。

『バイオハザード』シリーズでの撮影で知り合った二人。
ポールは、ミラとの出会いについて、以下のように語っています。

「彼女から、ゲームの大ファン!!
わたししか演じられる女優はいないって熱烈なアピールを受けたんだ。
あのとき、彼女を主演に決めなかったら今の僕はいないよ」

バイオハザードに対する情熱に関して、価値観が一致したのでしょうね。

休日はバイオハザードを一緒にプレイしたりしているのでしょうか?(笑)。

二度の離婚歴のある彼女ですが、今現在でもポールとは離婚することなく、バイオハザードの最終章まで一緒に仕事もされていますから、とても仲良し夫婦なのでしょうね!

 

子供は娘が2人。

こちらはミラ・ジョヴォヴィッチの娘さんたちの写真です。

うわー可愛い、まるで天使ですね!!!

私は小さい赤ん坊や子供を見て可愛いと思う事はあまりないのですが、これは別ですね(笑)。

さすが、モデル兼女優の娘さんです。

ミラは、ポールと婚約中の2007年に長女エヴァ―を出産
2009年に二人は結婚し、2015年に次女ダシールを出産しました。

長女エヴァ―は10歳。
お人形さんのように整った顔立ちです。
ダシールも目がくりくりで、将来はママのような美人になること間違いなしです。

スポンサードリンク

因みに、この天使のように可愛い長女エヴァーは、バイオハザードの完結作に、「レッドクイーン」という役で出演しています。

親子で同じ映画に共演するなんて、夢のような企画ですね!

ミラは自身の娘さんの演技を「堂々としている」と褒めています。

これはもう、将来は女優さんを目指すのではないでしょうか!?

 

「腕切断」って何事!?本当なのか!??

ミラ・ジョヴォヴィッチについて調べると、「腕切断」と言った単語や、左腕がなくなった女性が病室に横たわる写真が出てきますが、一体何事なのでしょう!?

まさか、彼女、撮影に熱心になるあまり、腕をそぎ落としてしまったのではないでしょうか!???

かなりびっくりして調べてみたのですが…。

片腕を無くしたのは、バイオハザードで彼女のスタントを担当した、オリヴィア・ジャクソンという女性でした。

ミラ・ジョヴォヴィッチの腕は両方とも生えたままですので、ご安心を。

しかしこのスタントウーマン、オリヴィア・ジャクソンに一体何があったのでしょう??

ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の映画『バイオハザード』シリーズ最新作の撮影中に事故に遭ったスタントウーマンが、左腕を切断することが分かった

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』や『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』などの撮影に参加しているオリヴィア・ジャクソンは9月、南アフリカのヨハネスブルグで猛スピードで疾走するオートバイのシーンを撮影中、金属製のカメラアームと衝突して入院。

医療行為によって昏睡状態にされたが、2週間後に意識を取り戻すと、Facebookでケガの具合をファンに報告した。

「2週間の昏睡状態。
脳内出血、脳腫脹、首の大動脈の切断、顔の破砕と損傷、肋骨の骨折、腕の麻痺、肩甲骨の粉砕骨折、鎖骨の骨折、上腕の骨折…。
橈骨と尺骨(腕の骨)の骨折、開放創、行方不明の骨が7.5本、親指の切断、裂けた指、脊髄から引きちぎられた5つの神経…。
最高に楽しい現場だったとは言えないわね」とオリヴィアはつづっている。

彼女によると、麻痺した左腕は切断する必要があり、英「The Sun」紙にこう心境を語っている。

「左腕が麻痺して、切断することになったの。
顔の傷は本当にひどくて、前の顔に戻りたい。
でも生きていて本当に良かった」

撮影の為とはいえ、これは辛いですね…。

スタントマンとしては五体満足の方が仕事に差し支えないでしょうし、彼女の今後が思いやられます。

ミラは、彼女のけがについて以下のように語っています。

「私たちは全員で毎日、彼女のために祈りを捧げ、想いを送っていて、プラスのエネルギーが少しでも届いてほしいと思っています。
彼女が本当に必要としているからです。
みなさんも忙しい毎日の中、少しだけ時間をとってオリヴィアの全快を祈ってくれたら本当に感謝します。
今の彼女は得られるだけのサポートを、私たちが送れるだけのプラスエネルギーを必要としています」

自分のスタントとして体を張った結果がこれですからね、感謝する反面、申し訳なさもあるのでしょうか。

やるせない気分になりますね。

 

今現在の仕事

さて、ミラの代表作、バイオハザードの完結作が2016年に公開されたため、今後は彼女の活動があまり見られなくなってしまうのではないかと心配している方もいらっしゃるかと思いますが、ご安心ください。

彼女はバイオハザード以外にも、これまでに多くの映画で主演を張っていますし、2019年公開予定のリメイク映画「ヘルボーイ」に出演することも決定しています。

まだまだ彼女の活躍が見れるのは嬉しい限りですね!

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)