吉行和子の元夫は?若い頃が美人!母は?妹は吉行理恵で作家?顔が不自然?

女優や俳人として活躍されている吉行和子さん。

今年、83歳という年齢になります。

そんな吉行和子さんについてご紹介していきましょう!

 

吉行和子の元夫

随分と昔に結婚されていて、旦那さんはおられたようです。
でも、このことについて吉行和子さんはあまり語らないみたいで、詳細などはほとんどわかりません。
すでに離婚はされているようで、現在は独身生活を送っておられます。

離婚してしまった元の元夫について、多くを語っていませんね。

いろいろあったことでしょう・・・。

ちなみに28歳の時に結婚をしたそうですので、55年程前の出来事です。

旦那団は一般人と思われるため、情報がありません。
同じ芸能人であれば、大きな報道がされていると思います。

スポンサードリンク

確かにそのようですね。

一般人の方との淡い結婚生活が1度あったようです。

離婚原因について、
「私は典型的なB型というんでしょうか、基本的には、人のことはどうでもいいっていうんでしょうか(笑)、自分が常に気分よくいたいって方でして、そういう性格なものですから、誤解されることも随分あって相手を怒らせちゃったりするものですから友達付き合いもなかなかスムーズにいかなかったりします。」

ん~結局は、血液型というより人間性!?とも思われます!

A型・O型・B型・AB型のいずれでも、立派な方は大勢いますのでね。

人の血液型は、あくまでも目安のような・・・。

 

若い頃が美人

若い頃の吉行和子さん、本当に美しいですね。
劇団民藝を受験した時、道具係ではなく女優として採用されたというのも頷けます。
とても美人です。
長く女優として起用されるわけですね。

やはり、顔が命でもあるのが女優業です。

この美貌によって多くの男性ファンを獲得してきたことでしょう!

また、美人な富司真奈美さんとも仲が良いですね。

以前、TBS「ぴったんこカンカン」では、冨士眞奈美&吉行和子コンビで行く俳句旅をしていました。

東京都港区芝浦1丁目竹芝橋付近よりロケスタート。
吉行和子さんと冨士眞奈美さんさんも登場した。
ぴったんこカンカンには、久しぶりの登場となる。

いつも仲良しのお二人ですね!

今日は、俳句を詠みながら「吟行」の1日となる。
さっそく冨士眞奈美さんが一句。
「いい男 二人に増えて 豊の秋」
絵で見るよりも写真で見るよりもいいわ。
好みだわ!と冨士眞奈美さん。
吉行和子さんも、
「愉しさを 分け合ってゆく 秋の道」

スポンサードリンク

やっぱり仲良さげです。

「仲良きことは美しきかな」という武者小路実篤氏の言葉通りですね。

 

吉行和子の母

母は日本の美容師の草分け的存在の吉行あぐりさん、兄は1954年に「驟雨」で第31回芥川賞を受賞した小説家の吉行淳之介さん、妹は1968年に第8回田村俊子賞を受賞した詩人、小説家の吉行理恵さんです。
こうしてみると文筆家が多いですね。

お母さんを筆頭にして、文章に生きる一家なのですね。

素敵なご一家です!

母のあぐりさんは、1997年のNHKの連続テレビ小説「あぐり」のモデルとなった人物です。

テレビへ作品提供されているそうです。

吉行あぐりさんは、生前自分の生い立ちやプライベートをあまり話したがらなかったということで、吉行和子さんも、このドラマを見て初めて実母の半生を知る事ができたということです。

いいきっかけで母親の人生を知ることができたようですね!

美容師としても90歳過ぎまで活躍し、
「人間は一人一人違うんだから、旦那さんだと思って頼ってはいけない」
「旦那さんは好きなことをしているんだから、私もやりたいことをやろう」
と思っていたということです。

素敵なお母さんです。

今の時代は、こういう自立心を持っている女性は多いですが、昔なら数少なかったと思います。
となると、出る杭は打たれる・・じゃないですが、叩かれることも多かったのではないでしょうか?
当時はまだ、女性が活躍するには難しい時代ですよね。
その後、美容師として日本の草分け的な存在になったわけですから、本当に素晴らしいです!

魅力的なお母さんだったのですね!

ただ残念ながら、2015年に107歳で亡くなられています。

ご愁傷様です。

 

妹は吉行理恵で作家

妹さんの画像はこちらです。

妹の吉行理恵さんは、詩人としてデビュー。
後に小説を書くようになり、ご家族の中でただお一人だけ、あまりメディアに登場することがなかったと言われています。

吉行和子さんの妹さんも作家として活動していました。

作品制作に没頭されていたのでしょうね!

お兄さん同様に癌のため、亡くなりましたが、兄弟の中でお一人だけ生涯独身でした。

残念ながら、2006年に66歳という若さで亡くなっています。

ご愁傷様です。

 

顔が不自然?

吉行和子は、2016年3月にスマスマに出演した際、顔が不自然と言われていました。

女優さんですので、美貌が必須なのでしょう、ヒアルロン酸を注射していたようですよ。

他に、声優としても活動されていますね!

2014年の映画「思い出のマーニー」での、ばあや役。

2008年に映画「崖の上のポニョ」でトキ役で声優として出演。

年齢を重ねて味わい深い声と美貌で、まだまだこれからも活躍をされる方です。

大いに期待をしています!

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)