吉田日出子の夫は?高橋克典との関係は?今現在は何してる?

吉田日出子さんの夫や、噂の人との関係など具体的にまとめて見ました。

 

吉田日出子の夫

吉田日出子さんの結婚した相手はどのような方でしょうか。

数年前に高橋克典さんとうわさになった人ですよね。
だから、結婚してないんじゃないのかなぁ。

とか、

結婚してましたっけ?
何度か高橋克典との恋愛発覚との噂はきいたことありますが。。。。。

とか。

日出子さんはずっと独身だったと思います。
串田さんと交際があったかどうかはわからないのですが、自由劇場旗揚げ前のうんとお若い頃からのお仲間です。
日出子さんやお仲間が串田さんの家(お父様は文学者の串田孫一さん)の家に入り浸っていた、という話を日出子さんがトーク番組で語っていらっしゃいました。

夫について調べてみると、その旦那さんがどうだとか、結婚していないとか、そういった形ではわかります。

しかしそうではなくて、気になるコメントが沢山出てきました。

スポンサードリンク

高橋克典さんとの噂話でした。

その高橋克典さんと結婚していたのかどうか、もしくは同棲していたのかどうかはわかりませんが、とりあえず彼女がずっと独身であったという事実は変わらないようです。

吉田日出子さんが結婚しているのかどうかについては、明確な情報はありませんでしたが、うわさでは結婚していないようです。

じじつとして分かる事は結婚していないと言う事でした。

 

高橋克典との関係

彼とはどういった関係だったのでしょうか。

吉田日出子さんと高橋克典さんは、一時期同棲していたそうです。
1995年に週刊誌で同棲が報道されています。
二人の歳の差は21歳もありますから、親子ほど年齢が離れていると言ってもいいでしょう。

はっきりとここで同棲していたという事実がわかりました。

しかし、結婚まで至っていないということは、同棲してよかったというよりかは、歳の差がかなり離れてからこそ、結婚せずに一緒に生活をしていたという方が正しいのかもしれません。

本当に好き同士であって、一緒に生活しているなら、結婚してもよかったのではないかとも思いました。

そのことについて、もう少し具体的にていきたいと思います。

 

破局

いつからいつまで付き合っていたのでしょうか。

95年頃に噂になり、破局と聞く前に奥さんとの熱愛が発覚されたように思います。
2004年に結婚してるのでその少し前まで付き合ってたんじゃないですか?

かなり長い間つき合っていたともいえますし、破局になってからすぐに高橋克典さんが結婚してしまったのです。

もしかしたら高橋克典さんは誰かとひそかにつき合っていたのかもしれませんね。

スポンサードリンク

とにかく彼女自身が独身を今でも貫いているということは、高橋克典さんとの関係が長く続いていたからかもしれませんし、ずっと結婚しないからこそ高橋克典さんが嫌になってでていったのかもしれませんね。

高橋克典さんの無名時代を支えた吉田日出子さん。
その吉田日出子さんと別れた後、高橋克典さんは、元モデルの中西ハンナさんと結婚しています。

真相は分かりませんが、結果はコレでよかったのでしょうか。

 

現在

現在は何をしているのでしょうか。

女優の吉田日出子さんが、高次脳機能障害と言う病気に罹っていることを著書「私の記憶が消えないうちに」で明かしたことが、ニュースになっています。

吉田日出子さんは、2007年にセリフが覚えられないなどの症状が出ていたことから、病院にいった所、高次脳機能障害と言う病気だったことが判明したそうです。

この障害について分からない人も多いと思いますので、調べてみました。

 

高次脳機能障害

どういった病気なのでしょうか。

人が人間らしさを発揮できる所以が高次脳機能です。
人の脳には、下等な動物にもある呼吸など生命維持に必要な部分や運動や感覚に必要な部分に加えて、物を覚えるとか判断するという高度の機能と関係した新しい部分があります。
これら、人にしか存在しない部位が障害されると高次脳機能障害が起こります。

これはとても辛い障害ですね。

 

障がい

女優にとって、セリフを覚えられなくなるというのは、死活問題で大変ですよね。
しかも、使い慣れた道に迷うレベルならば、日常生活を送ることにも支障がでてしまいます。

致命傷ともいえる病気になってしまったのですね。

 

回復

病気が治らないとなると引退したのでしょうか。

その後治療がうまくいった様で、2010年に舞台「上海バンスキング」で復帰しています。

これは本当に良かったですね。

克服したというのがすごすぎます。

ただ、高次脳機能障害が完治したというわけではないようで、けいこ場では、セリフや歌詞を忘れることもあったそうです。
ただ、仕事に復帰できるまでは、回復されたことは間違いないので、良かったですよね。

女優としての彼女の真剣さが、この病気までも克服したのではないでしょうか。

本当に頭が下がる思いです。

彼女は独身を貫いているのも、もしかしたらそういった揺るぎない信念があるのかもしれません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)