吉沢梨絵の結婚相手・夫は?半沢直樹に出演していた?

歌手として活躍していた彼女の結婚相手は誰なのかなど、いろいろしらべてみました。

 

吉沢梨絵の夫

どんな男性なのか見ていきます。

吉沢梨絵さんの結婚相手が一番気になるところですよね。
色々調べてみましたが確かな情報はなかったですね。
吉沢さんのブログを見てみると妊娠中との報告が記載されていました。
「母子ともにかなり元気な状態で出産間近と言う時期までたどり着く事ができました。」とありました。

調べて見てわかったことといえば、結婚相手が誰であるか明らかにしていないことでした。

また妊娠中ということですので、お相手がいることは分かりました。

 

結婚相手

結婚しているのは確かですが、誰でしょうか。

吉沢梨絵さんを検索していると望月龍平さんの名前が上がってきて旦那さんは望月龍平さん?ってところなんですが、実際はわかりません。
望月龍平さんも有名な元舞台俳優さんです。

しかし、この方が夫であるという明らかな根拠があるわけではありませんでした。

スポンサードリンク

ただ単に舞台俳優として共演していたからだということしか根拠はないのです。

実際のところ結婚相手という意味では何ら根拠がないと言えます。

 

一般人

芸能や同業者ではないということなのでしょうか。

もう一方、一般の方ではないか?なども言われているようですがこちらも分かりません。
お二人の方の噂は聞こえますが、確実な情報がないので一般の方なのかも知れませんね。
発表ができないということは一般人の可能性が高いといわれています。

プライベートに包まれているので、もしかしたら一般人ではないかという話も出ています。

しかしそれすらも明らかにしていません。

 

情報

決定的な情報はどうなのでしょうか。

結婚時期すらわからない吉沢梨絵さんですから結婚 した相手つまり旦那の情報も明確な物は1つもありません!
驚きですよね。

ということは、彼女自身が仕事以外でプライベートの話を公表されるのが嫌だったのかもしれませんね。

もしくは旦那さんの方が勘弁して欲しいということで明らかになるのを断っているのかもしれません。

とにかく結婚生活が静かに過ごせますように我々が配慮しなければなりませんね。

 

出演作

スポンサードリンク

有名なドラマに出ていたとの噂がありますが、どうでしょうか。

半沢直樹の第3話の最後の方に吉沢梨絵が「優子」という役で出演していました。
ブログとかをチェックしていなかったので嬉しい驚きでした。

有名なドラマですので、誰もが知っている作品ということで出演していたということはとても大きいと思います。

名前を聞いたり、どういう場面であるかということを説明すると、「ああいう所にでていたならしっている」という事がわかりますね。

だから、ファンである方なら喜んでいたでしょうし、ファンでなかった人としても、誰だろうと気になった方も多いのではないでしょうか。

そして、彼女自身もご自身のブログで報告されています。

「半沢直樹」ご視聴ありがとうございました。
終盤には悲しい別れもありましたが、半沢さんの10倍返しに多少なりとも貢献できて良かった優子です。
今後の行方も一緒に見守りましょうね。

これで実際に出演されていた事がはっきりしましたね。

 

「半沢直樹」

どういったドラマだったのかまとめて見ました。

バブル期に入行した銀行員の葛藤と苦悩に満ちた戦いを描いた、企業エンターテインメント作品。
筆者の池井戸は銀行員を経験しており、本作の他にも銀行や企業を舞台にした著作がある。
第1作『オレたちバブル入行組』および第2作『オレたち花のバブル組』は共に『別冊文藝春秋』で連載されたのち、単行本化された。
そして2013 年7月7日から9月22日まで、これらを原作としたテレビドラマ『日曜劇場 半沢直樹』が放映された。

日本のドラマ史の中でも1、2位を争うくらい素晴らしい作品だったのではないでしょうか。

その作品に少なからず携わることができたということは、彼女の今後の芸能生活においても、とても大きなものになったのではないかと思います。

たとえわずかな場面であったとしても、これだけ大きなドラマだったのですから。結果はとても大きかったと思います。

何度も見返してそのシーンを覚えてしまっている方も多いのではないでしょうか。

これからは作品で有名になったのではなく、彼女がでているからこの作品が有名になったと言われるように頑張ってもらいたいところですね。

 

視聴率

どれだけすごい作品でていたのかといいますと、

2013年に高視聴率を記録したドラマ。
『半沢直樹』最終回で『ミタ』超え、“紅白”並みの視聴率42.2%、瞬間最高46.7%だった。

すくなくとも国民の半分近くがこのドラマを見ていたということになります。

NHKの紅白歌合戦と同じくらい見ていたという事です。

年末にテレビの前で待っている状態の紅白と比較すれば、普段の時間帯にコレだけの数字を取れるのかいうぐらいすごかった事がわかります。

この作品に彼女がでていたという事は、多くの方にみていただいたという事ですものね。

ぜひともこれからも頑張ってもらいたいです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)