元KARA・キムソンヒの結婚した旦那のヤン・ウォンジュンとの馴れ初めは?

今回は、元KARA・キムソンヒさんについて、ご紹介したいと思います。
実はKARAには結成当初他のメンバーがいました。
その人物はなぜKARAを脱退することになったのでしょうか?

 

元KARA・キムソンヒの結婚した旦那のヤン・ウォンジュン

かわいですね。素敵なウエディングドレス姿です。

京畿道坡州(キョンギド・パジュ)の結婚式場で声優ヤン・ジウンの息子のヤン・ウォンジュン氏(31)と結婚する。

2011年に22歳の若さでヤン・ウォンジュンさんと結婚

2011年に22歳の若さで、9歳年上の声優ヤン・ジウンさんの長男であるヤン・ウォンジュンさんと結婚しました。
ヤン・ウォンジュンさんは宗教的理由から兵役拒否を選択し、2001年から2003年まで収監生活を送っていたとのこと。
ソンヒさんと同じ宗教であったようです。

KARA結成当初、初期メンバーとして活躍していたキムソンヒさんは、人気がうなぎ登りで上がり始めた頃、突然の脱退を申し出て世間を驚かせました。

そしてたった22歳という若さで9歳年上の男性と結婚します。
どうやら彼女が脱退したことや結婚した理由には「母の死」と「宗教」が関係しているようなのです。

スポンサードリンク

 

2人の馴れ初め

2人は2008年にある宗教団体で初めて出会い、恋人として発展した。

同じ宗教団体で出会い、価値観が同じだとその後も幸せに結婚生活も行えそうですね。

 

母と宗教との関係

ソンヒはデビュー前の2006年に母を病気で亡くして以来、母とともに信じた宗教の信仰心がより一層深くなったが、芸能界活動により宗教活動に対する所属会社との摩擦で脱退を決心することになった。

お母さんのことが大好きだったキムソンヒさん。
2006年にお母様を亡くした時は相当落ち込んでいたに違いありません。

そんなキムソンヒさんとお母様は生前、ある宗教を信仰していたそうです。

 

「エホバの証人」を信仰

エホバの証人とは、キリスト教系の新興宗教です。
神はユダヤ人たちも信じる唯一神エホバであるとされ、血を避けるべきという聖書の記述から、輸血を禁じていることでも知られています。

その宗教が「エホバの証人」でした。
日本でも信仰していらっしゃる方が相当数いらっしゃるので、知っている人も多いのではないでしょうか。

二人は宗教団体を通して音楽活動をしたことで縁を結んだと言われています。
ソンヒさんはその後、歌手を目指す人々にボーカル指導をしながら音楽活動を続けているとのこと。
KARAの活動の中でも抜群の歌唱力とされていたソンヒさん。やはり音楽が好きなのですね。

きっとキムソンヒさんは母を亡くしながらも必死に生きて行こうと宗教の力を借りたに違いありません。
そしてそこで現在の旦那様(画像↑)と運命の出会いを果たすのです。

 

整形疑惑

そんなキムソンヒさんには目の整形疑惑があるそうです。

スポンサードリンク

でも宗教のことを考えると、何かあっても輸血ができないので、整形手術もNGではないでしょうか…。
結論は「やっていない」と予想します!

 

キム・ソンヒは元KARAだった?

キム・ソンヒは2007年ギュリ、スンヨン、ニコルと4人組KARAとしてデビューしたが、活動1年で“学業”を理由に脱退した。その後、音楽、宗教活動にまい進していることが知られた。

↓の画像が結成当初、のKARAの写真です。

キムソンヒさんはこの中で1番美人だったんじゃないか?と思われるくらい美しい方でした。

 

ソンヒが所属した元KARAが解散

そんなキムソンヒさんがかつて所属したKARAですが、脱退後は新メンバーを迎えるなどして人気は急上昇。
日本でもお尻をフリフリする「Mr/ミスター」という曲でかなり有名になりましたよね。

人気曲、ミスターの時の衣装が↑の画像です。
そんなKARAに2014年ある問題が勃発してしまいます。
5人中2人が脱退を申し出てしまったのです。

KARAの所属事務所のDSPメディアは4日、報道資料を通して「ギュリ、スンヨン、ハラの3人が2年再契約を完了した。ジヨンはほかのメンバーとは異なり、来年4月に契約が終わるため歌手活動と学業など進路についてもう少し時間を設け、熟考することにした。ニコルはDSPとの再契約の意思がないことを明かしたため、来年1月に予定通り契約が満了する」と明かした。

ジヨンさんは現在、黒木メイサさんらと同じ事務所に所属して日本で活躍されています。
主演したドラマ「オーファン・ブラック ~七つの遺伝子~」では難しい役ながら見事に演じていたのが印象に残っています。

2016.1.15 ギュリ、スンヨン、ハラとの専属契約終了を発表…「これまで9年あまり、DSPメディア所属アーティストとして当社と苦楽をともにしてきたパク・ギュリ、ハン・スンヨン、ク・ハラが本日1月15日付けでDSPメディアとの専属契約を終了することになりました」と報告。

2014年にはまだ3人が残っていたのですが、KARAの活動は上手く行かなくなり、とうとう2016年に全てのメンバーの契約が終了。
KARAは解散することになるのです。

以下がKARAが出した最後のメッセージでした。

「これまでDSPメディアの所属アーティストとして共に歩んできたパク・ギュリ、ハン・スンヨン、ク・ハラは、お互いの発展のため専属契約満了と同時に他の分野でも幅広く活動することを決め、当社は彼女たちの今後に対し、惜しみない応援をおくりますとともに幸運を願います」

KARAの新メンバー、ホ・ヨンジさんだけは同じ事務所に残ったとのこと。

「ホ・ヨンジは当社の所属アーティストとして今後より良い姿をお見せするため、たくさんの努力をいたしますし、当社もまた最善を尽くして、ホ・ヨンジの成長を助けるつもりです」とヨンジのみは事務所にとどまることも表明している。

一時は記憶がなくなる程頑張っていたというKARA。
しばらくは休息という楽しみが待っていそうですね♡

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)