東尾理子と石田純一との結婚までの馴れ初めは?年齢差は?

東尾理子さんとその夫である石田純一さんとの結婚にいたるまでの出来事などを今回は記事にしてみました。

 

東尾理子の夫

夫はタレントで有名な人ですが、具体的に見ていきます。

「不倫は文化」がトレードマークの石田。

この言葉ありましたよね。

石田純一さんらしいというか、不倫は文化という言葉とイコールになるぐらい本当に有名になりました。

ある意味、ここまであっけらかんと言えるのは、明るい性格だともいえます。

また、今となれば思いっきり批判を受けるかもしれませんが、それでも独特の明るい笑顔がある限りは何だかこれも許されるのも彼の人徳かもしれません。

「たいしたもんだよね~、チャラチャラしているように見えるけど……」

いつまでたってもチャラチャラしたプレイボーイみたいな感じはぬけませんね。

スポンサードリンク

実際にチャラチャラしていると思いますし、結婚してからも落ち着くような感じは一切ありませんものね。

石田純一は「愛の伝道師」らしい細やかな心遣いを披露。
“1年中、はだしの男”というイメージが定着しているが、会見には純白の靴下を履いて登場。
取材陣から指摘されると「履かないつもりだったけど、きっちりしようと思って…温かくていいですね」と笑顔。

不倫は文化という言葉以外に彼のイメージとしては靴下を履かないという事だったと思います。

しかし、この時ばかりはきちんと靴下を履いてくるというのがさすがだと思います。

自分を貫き通すのではなく、あくまで相手の気持ちを尊重して、こういった公共の場で履いてくるというのは、やっぱり何だか彼らしいなと思います。

 

歳の差

すごく歳があいているように見えますが、この点について調べてみました。

22歳も年齢差がある夫婦とのことです。
ちなみに、東尾理子さんの父親である東尾修さんは66歳なので、石田純一さんとはわずか4歳差ということになります。
22歳差はすごいですね。
東尾理子さんも40代での結婚なので、熟年年齢差婚ということになります。

これだけ歳の差がいていると親子のような感じも普通はします。

また、何だか気持ち悪いという感じもなくはないですね。

ただ、石田純一さんの場合は、その点は感じさせないほど若々しさもありますし、芸能人らしいというところでしょうか。

でもお父さんとそれほど年の差がないというのも、ちょっと考えられませんが、いいですね。

うらやましいですね。

 

結婚までの馴れ初め

2人がどうやって出会ったのかその馴れ初めについてまとめていきます。

テレビ番組の収録で一緒に司会を務めた時という。
石田は理子に好感を持ったものの、この時はすれ違い。

ナンパのように思いましたが、これは真剣だったようです。

スポンサードリンク

 

ゴルフ

その後、スポーツがきっかえで急接近しました。

2008年12月、ゴルフ番組の収録で再会したのをきっかけに、石田が食事にゴルフにとアタックし、ねんごろになったようだ。

趣味がゴルフの石田純一さんと、プロゴルファーとして活躍していた東尾理子さんなわけですから、それが一致したとなれば、仲良くなるのは当然ですね。

しかも石田純一さんが優しくアプローチをしたとなれば、厳しい世界で戦っていた彼女にとっては、たまらなかったのではないでしょうか。

「新聞はちょっと早くこの情報を入手したのですが、石田さんのほうから記事にするのに待ったがかかった。
父親の東尾元監督に挨拶していないからという理由だったが、新聞がもういいだろうということでドカンと……」

スクープとしていち早くマスコミとしては載せたかったんでしょうね。

また彼が待ったをかけていたとしても、勇み足へのしても彼なら許してくれるというところがどこかにあったのではないでしょうか。

 

結婚式

お二人は式を挙げたのでしょうか。

2010年6月8日に米カリフォルニア州ナパバレーのワイナリーで挙式。
日本では、2010年8月8日に帝国ホテル「富士の間」で披露宴が行なわれ、約350人が出席した。

エレガンスな結婚式であることは想像もできますし、実際に行われたとなってもやっぱりさすがだなと誰もが思ったと思います。

そしてまたとてもすてきな結婚式だったことはいうまでもありません。

 

豪華なワイナリー

式の内容はどういったものだったのでしょうか。

披露宴で理子さんは、桂由美デザインの2着のウエディングドレス姿と、四季の草花が刺しゅうされた「フォーシス アンド カンパニー」の振り袖姿を披露。
結婚35周年を迎えた父で野球評論家の東尾修氏(60)と母に「ケーキカット」をプレゼントするなど、多くのサプライズ企画で盛り上がった。

とても美しいですね。

豪華な感じがいやらしくないのは素晴らしいです。

 

アフターパーティー

アフターパーティーも盛大に行なわれました。

アフターパーティでは青山迎賓館を全館貸切って約500名のゲストをおもてなし。
「大人の文化祭」をイメージして、ゲストが楽しめるコーナーを随所につくるなど、趣向を凝らした演出で盛り上がった。

これもすごいですね。

一生に一度?のことですので、素晴らしい式やオアーティーになりました。

とてもすてきな結婚式になったようですね。

芸能界ならではのお金をかけた結婚式でした。

式の内容もとても盛り上がってようです。

お互いの交友関係が深いところもこうしたところで見てもよくわかります。

お二人が今後仲良く生活していくことを願ってやみません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)