中山千夏の結婚した夫の佐藤雅彦との馴れ初めは?現在は何してるの?

今回は、中山千夏さんが結婚した夫・佐藤雅彦との馴れ初めや現在の様子について調べました。

 

中山千夏さんって?

作家、歌手、タレントとマルチな活躍をしていた中山千夏さんを色々な角度から掘り下げて行きます。

中山千夏さんプロフィール

  • 氏名 中山千夏
  • 生年月日 1948年7月13日
  • 出身地 熊本県 山鹿町
  • カテゴリー 歌手、作家、タレント、元参議院議員
  • 50年におよぶ芸歴と多彩な活動歴を持つ

意外な略歴を多々保たれている方です。

少しその略歴をご紹介します。

1948年、熊本県山鹿市生まれ。のち宮崎に、更に4歳時には大阪府布施市(現・東大阪市)に転居。
芸術座での『がめつい奴』(三益愛子主演)に出演、一躍「名子役」として脚光を浴び、芸能活動の便宜上、小学5年生の時に東京へ転居し、中央区立泰明小学校に転入する。
以来、女優として舞台、テレビ、ラジオで活躍。
芸能活動の傍ら、中央区立明石中学校(現・中央区立銀座中学校)を経て麹町学園女子高等学校卒業。
ロシア文学専攻を志望し、1966年に上智大学を受験したが失敗。
成人すると共に活動分野が広がり、テレビタレント、歌手として、また数多くのエッセイや小説の作家として活動した。
さらに1970年代、時の女性解放運動(ウーマン・リブ)に参画した後、反差別・反戦などの市民運動に取り組み、
1980年には参議院選挙に出馬して当選、1期を務めた。
その後は著作活動のかたわら、人権や反戦の市民運動を続けている。

なかなか変わった略歴でしょう。
タレント、女優から歌手、またエッセイストとしての活動もして、最終的には衆議院議員も当選してから努めている。
普通の人ではないな・・・

歌手としても数々の曲を出されています。

スポンサーリンク

若い頃の写真、レコードジャケットですけど、トップの方の現在の姿とは全く雰囲気が違いますよねえ。

昭和のフォークソング歌ってます!って雰囲気丸出しですよねええ。

こちらのレコードジャケットも貴重。
まさにフォーク!しかし、この当時のシングルレコードの価格みてください。

右下に¥370って^^こんな価格だったんですねえ。

スポンサーリンク

結婚した夫は誰?

続いては少しプライベートについて書いて行きます。
結婚しているかどうかについてですが、正確には結婚していたというのが答えです。
結婚相手は佐藤允彦(雅彦)さんで7年間結婚生活をしていました。
佐藤允彦さんは作曲家で1971年結婚、そして1978年離婚しています。
結婚歴はバツイチでした。
佐藤雅彦さんプロフィール
佐藤 允彦(さとう まさひこ、1941年10月6日 – )は、ジャズピアニスト、作曲家。東京出身。幼稚舎から慶應義塾に学び、慶應義塾大学経済学部卒業。元妻は、作家の中山千夏(1971年結婚、1978年離婚)。慶應義塾大学アート・センター訪問所員。
略歴

ジャズ・ピアニスト

  • 1966年から1968年までアメリカ合衆国ボストン市のバークリー音楽院(現バークリー音楽大学)に留学して作曲・編曲を学ぶ。
  • 1969年、帰国後初のリーダー・アルバム『パラジウム』でスウィング・ジャーナル誌「日本ジャズ賞」受賞。
  • 1970年、ビッグバンドのための作品『四つのジャズコンポジション』で芸術祭優秀賞を受賞。
  • 1971年、ドイツのピアニストのウォルフガング・ダウナーと「佐藤允彦&ウォルフガング・ダウナー」名義で『ピアノロジー』をリリース。
  • 1971年、チャールス・ミンガスのアルバム『Charles Mingus With Orchestra』(Denon / 日本 コロムビア)の録音に参加した。
  • 1972年、『邪馬台賦』で同賞受賞。
  • 1980年、清水靖晃(sax)、高水健司(b)、山木秀夫(ds)、穴井忠臣(per、congas)、等のメンバーと佐藤允彦&メディカル・シュガー・バンク(MSB)というグループを結成し、2枚のスタジオアルバムをリリース。
  • 1983年、アート・ファーマーのアルバム『Maiden Voyage』(Interface)の録音でロン・カーター、ジャック・ディジョネットと共演した。
  • 1985年、スティーヴ・ガッド(ds)、エディ・ゴメス(b)とのトリオ編成でレコーディングした『アモーフィズム』を全米リリース。

その他、“セレクト・ライブ・アンダー・ザ・スカイ ’90”で誕生した『ランドゥーガ』(スウィング・ジャーナル誌「日本ジャズ賞」受賞)のフランスでのリリースなど。また、前田憲男・羽田健太郎との「トリプルピアノ」としての活動もある。

作・編曲家

  • 1970年、万国博覧会~地方自治体館の館内音楽。
  • 1975年、JVCから発売された『鏡の中の肖像』(サウンド・スペース)の12曲中7曲を作曲、全編曲を担当。
  • 1985年、『リチャード・デューセンバーグ三世』の変名で、『BEL AIR(ベルエア)ストリングス・クラッシー・ミュージック』のアルバム3作品をJVCなどから発表した。しかしリチャードの正体が佐藤であったことはあまり知られていない。
  • 1987年、『オーケストラと三人のインプロヴァイザーのための「乱紋」』。
  • 1988年、『WAVE・とオーケストラのためのコンチェルト』。
  • 1990年、国際花と緑の博覧会~JT館の館内音楽。

この他にも、ナンシー・ウィルソン、アート・ファーマー、ヘレン・メリル、中川昌三、伊藤君子、宮本文昭等のレコーディングへの参加や、『火曜サスペンス劇場』などのテレビドラマ、『パンダコパンダ』などのアニメ、映画、コマーシャルの分野の活動も行っている。

総合的活動

  • 1993年、日本武道館に千人の僧侶を集めて開催した声明コンサート“千僧音曼荼羅~BUDDHIST MUSIC with 1000 Shomyo Voices”において、作・編曲に加えて音楽監督も担当。

  • 1997年、自己のプロデュース・レーベル「BAJ Records」を創設。

  • 音楽学校メーザー・ハウスを設立。自身もマスタークラスにて講師を務め、多くのプロミュージシャンを世に送り出している。

離婚理由などはわかりません。しかし人生経験を積み重ねているのでこの経験が作家としての活動に生きている部分もあるかもしれませんね。

二人の馴れ初めは?

離婚理由もわからなければ、二人の馴れ初めも詳しいことはわかりませんでした。

おそらく歌手とジャズピアニスト、作曲家という二人の職業ですから仕事関係でのつながりでしょうね。

現在は何をしてるの?

現在は、タレントとしての活動も行っていないようです。
2009年の時点では伊豆に移住して悠々自適な生活をしていると言う話でした。
現在の年齢が68歳と言うことから、考えても昔のように活発には動けないのかもしれません。
女優や歌手、作家などマルチな活動をしてきました。それではそのマルチな活動の中から、いくつか取上げて書いて行きます。
作家としての最近の活動は、2014年にリリースした著書、『芸能人の帽子 アナログTV時代のタレントと芸能記事』や2016年にも共著でありながら、『となりのイカン』をリリースしており、作家としての活動は上手く運んでいるようです。
女優としての活動は現在、行っていないようです。
年格好が丁度合っている役柄が来ればオファーが行くかもしれませんが、なかなか役柄が合わないと女優の仕事は来ないかもしれませんね。
スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)