高田敏江の結婚した夫はどんな人?子供はいるの?

今回は、女優・司会者の高田敏江さんについてご紹介します。

高田敏江さんについて

高田さんは、1935年生まれの82歳。群馬県前橋市の出身で、女優・司会者として活躍されています。

芸能界はもうなんと60年以上になる高田さんの経歴を見ていきましょう。

1954年に東映ニューフェイスの第1期生となる。
デビュー当時の芸名は高原紀子。
映画『二挺拳銃の竜』でデビュー。

その後、劇団民藝に入団。1971年に退団するまで活躍する。

1950年代から1960年代にかけては『女中ッ子』や『あいつと私』など日活映画でも脇役として活躍した。

1958年のドラマ『私は貝になりたい』では敏子役、1979年のドラマ『3年B組金八先生』では、鶴見辰吾演じる主要生徒・宮沢保の母親(宮沢志津子)役を演じたことで知られる。

ほかにも『ケンちゃんシリーズ』や『ピュア・ラブ』での主人公の祖母役などで出演した。

女優以外でも『アフタヌーンショー』で桂小金治と共に司会を務めたり、朗読劇『この子達の夏 1945 ヒロシマ・ナガサキ』は20年以上にわたって公演を続けている。

スポンサードリンク

2008年1月、竹下景子・山田邦子・岩崎加根子・クミコらと「ななにんかい」を結成して旗揚げ公演。
NHKニュース7でも紹介された。

さすが色々なところで活躍されていますね。

最近は、2015年にNHK連続テレビ小説『まれ』に出演していました。

↑若い頃の高田さんの画像です。

とってもお肌が綺麗でかわいいですね。

↑こちらも同じく若い頃の高田さん。

雑誌の表紙みたいですね。

↑こちらは『アフタヌーンショー』での写真。

高田さんの右側にいるのは、共に司会を務めた故・桂小金治さんです。

白黒というところに時代を感じますね。

被爆者の手記の朗読会を開催!

1935年生まれの高田さんは、戦争経験者です。

その経験を生かして、戦争の悲惨さを後世に伝える活動をしています。

高田さんは1945年8月5日に空襲を受け、当時10歳だった高田さんは自宅や住み親しんだ町が燃えていく様子を目の当たりにしたそうです。

そういった経験から、同じ思いをさせまいと若い世代の人たちに自分のこととして考えてほしいとの願いをこめて、原爆で被爆した方の手記を朗読する会を全国で開催しているのだそうです。

スポンサードリンク

朗読劇を公演していた80年代ころは、被爆者から現実はこんなもんじゃなかったといわれていたそうですが、長く活動を続けていくにつれて、高齢により体が弱くなってきた被爆者の方たちから自分たちの代わりに語り続けてほしいというような励ましの言葉をもらえるようになったということです。

被爆者から「こんなもんじゃない」と言われた時は辛かったと思いますが、それでも伝える事をやめなかった結果、徐々に支持を得られるようになったのは素晴らしいことですよね。

趣味はスキー!

高田さんの趣味はズバリ「スキー」です。

しかし、幼い頃から親しんでいた…というわけではなく、はじめたのは30代になってからだったそうです。

息子さんが通うスキー教室の送迎をしているうちに、それだけじゃつまらないからと、ご自分もスキーを始めたのだそうです。

冬が近づくと駅の階段を駆け上がるなどしてトレーニングをはじめ、マイゲレンデと呼んでいる奥飛騨まで滑りに行くのだとか。

趣味はそのほかにも、ちぎり絵や、パソコンがあるそうです。
パソコンも60代からはじめ、ちぎり絵は今、老人ホームにボランティアで教えに行ったりもしているのだとか。

御年83歳の高田さんですが、とってもアクティブですよね。

今もなお元気でお綺麗なのも、そのアクティブさがあるからかもしれません。

ちなみにそんな高田さんの健康法は、「カーナビを使わないでドライブすること」だそうです。自分の頭の中の地図だけを頼りにしながら運転するんですね。

年齢を言い訳にせず頭を使う事が、元気でいられる秘訣なんでしょうね。

夫はどんな人?

高田さんの旦那さんは、早稲田大学の教授を務めた心理学者、相場均さんです。
公害による住民の心理調査や精神病理学の研究を行っていました。

↑相場均さんの画像です。高田さんより10歳以上年上でした。

高田さんと相場さんはおしどり夫婦で有名だったそうです。
相場さんがカトリック信者だったため、一緒に教会へ行ったり、海外で行われる学会へも同行していたそうです。

ですが、相場さんは急性心不全のため1976年に51歳の若さでこの世を去ってしまいました。
早いお別れだったので、当時はかなり辛かったのではないかと思います。

お子さんは、息子さんが一人いらっしゃいます。

息子さんとも一緒に教会に行っていたそうです。

家族揃ってカトリック信者なのですね。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)