立石涼子は結婚して夫がいるの?若い頃がかわいい!

立石涼子さんについてご紹介します。

 

立石涼子さんのプロフィールについて

生年月日:1951年12月4日 (66歳)
出身地:長崎市
身長:
160 cm

立石 涼子は、日本の女優、声優。
旧芸名は立石 凉子。
長崎県長崎市出身。シス・カンパニー所属。

活動の中心は主に舞台。
『欲望という名の電車』『三人姉妹』など、
また蜷川幸雄演出作品や劇団ナイロン100℃の作品などにも出演し、
出演作は多方面に亘る。
2004年には『エレファント・バニッシュ』
『ビューティークィーン・オブ・リーナン』での
演技により第39回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。
立石凉子ワークショップを開催し、後進の指導にもあたる。

後進の指導に当たっているというのがすごいところで、
この点についてこう言う事を書かれてあるのを見つけました。

女優としての経験は一級品であり、それを一般のひとや後輩にまで教え、
演じることの楽しさを皆さんに知ってもらいたいという彼女の考えは尊敬します。

本当にその通りだと思います。女優としての鑑ですし、
人間としても鑑ですね。
もっといろいろな人が彼女に教えてもらうと良いと思います。

スポンサーリンク

立石凉子ワークショップ. あたらしい自分を発見するために.
つぎに進む勇気を手にするために.
あなたの心と体を「 解放」しましょう!

このワークショップに行けば、
この世界で生きていきたいと思う
俳優の卵が増えるのは間違いナシだと思います。

テレビドラマや映画など映像作品への出演に加え、
声優として洋画や海外ドラマの吹き替えも担当している。

2012年、立石凉子から立石涼子に改名。
2015年よりシス・カンパニーに所属。

特技は長崎弁、英会話。

ドラマや舞台で活躍しているのはご存知の通りだと思いますが、
何よりも特筆すべき点が声優なんですよね。
たぶん声を聞けば知っている方もおおいと思います。
女優としてだけでなく、いろいろなジャンルで活躍されていて、
なおかつこの歳まで第一線で活動されている事がすごいと思いますね。

とにかく実力がすごい。

「演出家の「指示待ち」に終始するタレントが目につく昨今、
今度の舞台には俳優の意志の力が確かに宿っていた。
英国のジョナサン・マンビィは演出にあたり、ディスカッションを重んじた。
時にセリフが聞き取りにくいのは残念だが、
堤真一、松雪泰子、黒木華、溝端淳平らが現代を撃とうと
懸命に演じている。ベテラン小野武彦、立石涼子が抜群で、
レンブラントの絵を思わせる光と闇の陰影(マイク・ブリットン美術、
勝柴次朗照明)や妖しい踊り(黒田育世振付)が見事だ。」

スポンサーリンク

やはりベテランの味が舞台や劇を左右すると言えますね。
こういうコメントを見ると本当に
彼女でないとダメだというのがよく分かります。

また、演出家の期待にしっかりと応えたいという彼女の気持ちがこういう言葉に。

数々の蜷川作品に出演してきた俳優、立石涼子さん(64)は
「普段、特に外国ではすごくシャイな男の子みたいなんですが、
あの時の蜷川さん、神がかったような、
ものすごいエネルギーがありました」。
稽古で見せた動き、表情を思い起こす。

すごいコメントだと思いませんか?
蜷川さんの事をこういえるのは彼女だけだと思います。
共にすごいパワーだと思いますね。

結婚して夫がいるの?

立石さんの結婚やご家族・夫やお子さんについて
いろいろ調べてみましたが、正確な情報が出てこず、
調べられず残念ながら分かりませんでした。

おそらく結婚してお子様もいるとは思うのですが、
プライベートな情報については
一切流されていないので、
私生活については、ふれられて欲しくないのかもしれません。
若い時から芸能活動されているので、
おそらくそういった公私混同をするような
ことだけは避けていたのかもしれませんね。
旦那様も芸能人ではないと思いますので、
一般人の方ならなおさらのことながら、
そっとしておいて欲しいというのが本音ではないでしょうか。
また、ずっと第一線で活躍されている方ですので
、結婚されておらず、独身のままおられると
いうことも考えられますが、
この点についても一切触れられていませんので、
わからない状態でした。

若い頃がかわいい!

とにかく若い頃はとても可愛らしい方でしたので、ご紹介します。
ただ、当時の画像はほとんどありませんでしたので、
貴重な写真を元に当時を思い出していただければと思います。

若い頃はとても可愛い方でした。
いまはきれいなイメージがありますが、結婚しているのかは
わからないなあ。

いろいろな画像を集めてみましたが、ほとんど残っていませんでした。
彼女自身は、舞台が中心で活動されていることが多かったので
画像はほとんど残らなかったのではないかと推測します。
しかし、当時の彼女を知る人たちには心の中でしっかりと
焼きついているのではないでしょうか。

何といっても彼女の演技力はずば抜けたものがあり、
一度見れば忘れないほどインパクトが強いと思います。
テレビで拝見していると、その最近のお姿を見ても
ご存知の方が多いと思いますが、
衝撃のある素晴らしい実力派女優だと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)