高見こころは結婚していた?夫はどんな人?鼻フックって?

高見こころさんについてご紹介します。

高見こころさんのプロフィールについて

  • 生年月日:1984年3月16日 (33歳)

  • 身長:162 cm

高見 こころは、兵庫県出身のラジオパーソナリティ、モデル、タレント、女優、元グラビアアイドルである。

高校卒業後に西神オリエンタルホテルのホテルウーマンとして
勤めていた彼女が
関西テレビ放送された、関西ローカルの情報バラエティー番組でのユニットの第3期メンバーとして参加し、芸能界に入ります。
その後南海キャンディーズの冠番組である「南海パラダイス」などにも引き続き出演し、
かわいい、美人、と話題になります。
ラジオのパーソナリティーを務めるだけでなく、
女優としてテレビドラマや映画などにも出演し、
その演技力が高く評価されているのです。
関西圏と関東圏で撮影などのイベントでも
人気になっている彼女は
上戸彩さんや酒井法子さんなどに似ていると言われています。

関西に住んでおられる方なら彼女のことはしっているのではないでしょうか。
決して目立つ存在ではありませんが、
少なからずその番組では結構なポジションだと思いますよ。
可愛らしくもあり美人でもある高見さんのことを好きな方は少なくないと思います。
隠れ人気なら関西でも上位ではないでしょうか。

結婚していた?夫はどんな人?

まだ若い高見さんが実は結婚しているのでは?とウワサが・・・。
結婚しているとすれば、夫はどんな人か気になりますよね。
そこで、実際に結婚しているのか、調べて見ました。

スポンサードリンク

結婚しているかどうかの前に
彼氏がいるのかどうかについてなのですが、
彼女の公式のツイッターで、
ブログの更新情報を追加するなど
マメな性格の彼女は
その中で彼氏のことについては、いまのところ明らかにしていません。
また彼女の恋愛について調べてみると、
「結婚」というワードが出てきますが、
これは、どうやら2013年に公開された主演の映画である「結婚前夜」によるものではないかと思われます。
現時点で結婚はしていないし、彼氏(夫)すらもいてないといえるのですが、
電撃婚約やできちゃった結婚、授かり婚なんてこともあるかもしれませんし、
有名芸能人との熱愛も発覚するかもしれませんね。

また、実際彼女が結婚していなくてほっとしている方もいるでしょうし、
夫がいなくてよかったと思ってる方もいるでしょう。
しかし彼女自身は、もしかしたら本当は結婚しているかもしれませんし、
夫もいるかもしれませんが、
たんに表ざたになっていないだけかもしれません。
ミステリアスな部分がのこっているっていうのも
また一つの高見さんの魅力なのかも知りません。
また今実際に彼氏とつき合っているのなら、
そっとしておくのが1番でしょうね。

スポンサードリンク

鼻フックって?

実は関西の番組で取り上げられた中で、彼女が出演していて、その中の出来事が
どうやら検索ワードとして、彼女と一緒に出てくるようです。

たむらけんじが企画説明を行った。
街行く女性に声をかけて女性の欲を徹底検証する。

たむらけんじが街行く女性にクイズを出題、
正解するとお金がもらえるとして女性の欲がどこまで行くのかを検証した。
たむらけんじは女性2人に「ギネスブックに
世界一の長編映画として登録されたのは?」を出題、
正解は「男はつらいよ」だが、不正解が続いた。

さらにたむらけんじはその女性達に間違えれば罰ゲーム、
電話を友人にかけて質問できるチャンスを与えた。
しかし女性たちは答えられず罰ゲームの鼻フックを受けた。

続いてたむらけんじは別の女性2人組に「小説坊ちゃんの冒頭、
子供の頃から○○ばかりしているの○○は?」を出題。正解は「損」だったが、
女性たちは不正解が続いた。

さらにたむらけんじはその女性達に間違えれば罰ゲーム、
電話を友人にかけて質問できるチャンスを与えた。
女性1人は不正解、女性1人は正解した。

たむらけんじが「女性は欲を出すとイッテしまうのか!?」
の検証で出てきた鼻フックは安全な物と説明、
その鼻フックを提案した江川達也はいいでしょ鼻フックなどと話した。、、、、.
鼻フックを見た後のこころちゃんの表情。 女優さんなので、
鼻フックには挑戦しないよう、、、、.

実際に彼女が鼻フックをかけて、お笑いのようにやってたわけではなく、
たまたま番組の中で取り上げられただけで
それが検索のときに一緒になって、
でていたので彼女がそのイメージをつけられたのだと思います。


ブログのなかでもいろいろ話を更新する時に
そういった問題についてコメントするファンがいたので
その点も検索の上位に上がってきたのではないかと思われます。
彼女自身がそういったキャラクターとしてしているのならば、
それもひとつのお笑いのネタとしてやれると思うのですが、
そういうわけではなく、
単純にコトバだけが先行してしまった感はぬぐえないような気がしますが、
一つのきっかけとしては、みんなに見てもらえるということでは、
よい意味だったのかなと思ったりします。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*