井上和香の旦那の飯塚健との馴れ初めは?年収がヤバいっていくらなの?

今回は井上和香の旦那の飯塚健との馴れ初めや旦那の年収がいくらか調べてみました。

井上和香さん人物像

女優でタレント、元グラビアアイドルの井上和香さんですが、2012年5月に結婚されましたね。
プロフィールから見ていきましょうか。

スポンサードリンク
プロフィール
名前:井上和香(いのうえわか)
ニックネーム:ワカパイ
生年月日:1980年5月13日(35歳)
血液型:O型
出身:東京都
身長:166cm
所属:インセント
<経歴>
2002年:グラビアデビュー
2006年:ドラマ「黒い太陽」で初ヒロイン・千鶴役を務める
2008年:映画「コラソンdeメロン」で初主演を務める
2011年:ドラマ「荒川アンダー ザ ブリッジ」で映画監督・飯塚健さんと出逢う
2012年:映画監督・飯塚健さんと結婚
2015年:第一子(長女)を出産
ワカパイこと井上和香さん、全然メディアで見かけなくなったな〜と思っていたら
2012年5月、ってそんな前に結婚していたんですね!(^_^;
あんなキレイな人を射止めた旦那様って一体どんな人なの?と思ったので調べてみました。

旦那さんって誰?

そして気になる旦那さんについてです。実は結婚した旦那さんって誰なんかなあって知らなかったんです。
井上和香さんの旦那様は、飯塚健・いいづかけんさん(36)というお名前です。
 
職業は映画監督ですが脚本を手掛けたり演出家としても活躍されているそうです。
映画監督?正直、映画監督としてのお名前を聞いたことがなかったのでどんな作品を手掛けてきたのか調べてみると「Summer Nude」を22歳の時初監督された方だそうで、エッ!井上さんの旦那さんがSummer Nudeの監督だったのか!!と驚いてしまいました。
そして2014年にGTO(EXILEのAKIRA主演)の監督を務めたのも飯塚健さんです。
実は、有名な作品を手がけてらっしゃいますね。

そんな監督との馴れ初めは?

想像していたような方とは違ったのが印象深いですが、お二人の出逢いはどうだったのでしょうか??
飯塚さんが監督を務めた「荒川アンダー ザ ブリッジ」に井上さんが出演していたことで知り合い、交際に発展したようです。
知り合ったのが2011年のようで、結婚が2012年5月ですからわずか1年足らずで結婚。
なんか運命を感じたのか、当初からお互い結婚を意識していたのかもしれませんね。
井上さんは友人に、飯塚監督をとても尊敬していると話していたそうなので、井上さんが好意を持ったことから交際に発展したのではないかと推測します。
こんなグラビアアイドルに興味を持たれてアプローチされたらぐらっときますよね・・・^^

子供は?

井上和香さんは、結婚した3年目で第一子を出産されたようです。
2015年7月18日に3,108gの元気な女の子を出産したことが分かりました!
井上さんの公式ブログには、
ご夫婦揃って赤ちゃんが生まれてくることを待ち望んでいた様子や、生まれてからの育児奮闘ぶりが綴られています。
飯塚監督は、職人気質なところがある様子から、女は3歩下がってついてこい!的な人なのかと勝手にイメージしていましたが、どうやら全然違うようです。(^_^;
井上さんと一緒にマタニティフォトを撮りに行ったり、妊婦体験に行ったり、また朝食を作ってくれたりと、大きなお腹の井上さんを気遣ったり積極的に育児に協力する様子が井上さんのブログから伺えます。
優しくて素敵な旦那様なんだ〜ということが分かります。♡
井上さんが惚れた理由はきっとこういう所だったのでしょうね!!
 子供さんとの写真をインスタにもアップされてますが良い母親の顔ですね。

年収がヤバイって?

旦那で映画監督の飯塚監督ですが、有名作品を世に送り出しているので、相当稼いでいるのでしょうね。
井上和香さんも人気グラビアアイドル出身なんですから、幸せな生活を送っているんだろうなあと思ってました。
が、どうも飯塚監督はそうでもないようです。
監督は稼ぐ為、またお金の為に仕事をするという感じの方ではなく、自分が納得出来る仕事しかやらないそうなので、井上さんこの先大丈夫なんだろうか…と少し心配になりました。
世に言う職人気質ってやつですかね。
こんな事実が浮き上がってきました。
物作りやクリエイティブな仕事をされている方には多い気がします。
きっと自分の信念というかポリシーを持っていて、そういったところに井上さんは惚れたのかもしれませんね。♡(^_^)
この時点で井上和香さんが結婚相手に求める条件として、経済力が一番ではなく、飯塚監督の人間性というところに魅力を感じていたことが分かりますね。
さらに調べてみると、
飯塚監督の年収は500万円程だという噂があります。
これがどこまで真実かはわかりません。
普通のサラリーマンとしては、一般的なお給料として考えれば普通だと思いますが、映画監督で有名な作品を手掛けているにしては結構、意外な話でしたね。
いや、真実ならですよ^^
 
スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*