植村花菜の結婚した旦那の清水勇博に腹立つコトとは?現在消えた理由は?

今回は植村花菜さんが結婚した旦那の清水勇博に腹立つコトがあるとかないとか、現在消えた理由などを調べています。

植村花菜さん知ってますか?

プロフィール

植村花菜さんといえば、名曲「トイレの神様」が大ヒットしましたね。

植村 花菜
本名:清水 花菜。
愛称は、カナちゃん、カナ吉。
生年月日: 1983年1月4日
生まれ: 兵庫県 川西市
兵庫県川西市出身。
日本の女性シンガーソングライター。
2005年5月にシングル「大切な人」でキングレコードからメジャーデビュー。
植村花菜さんの生い立ちですが、
植村花菜は4人兄弟の末っ子で、
小学校3年生の時に祖母と2人暮らしをすることになる。
祖父が亡くなり祖母がひとりで暮らすのは,
寂しいだろうと花菜が一緒に暮らすことになったのだ。
2人暮らしといっても実は実家と祖母の家は隣接しており「5秒くらいで行ける」のだった。
すでに多くの方がご存知かと思いますが「トイレの神様」は、その「おばあちゃん」がいつも言っていたこと。
つまり、実話です。
また、先祖は大久保利通だったらしいですね。
それから
2002年、19歳の頃に独学でアコースティックギターを始め、作詞、作曲を開始。
2005年「大切な人」にてメジャーデビューを飾る。
デビュー曲は「トイレの神様」ではないのですね。
2010年、自身の実体験を元に作詞した「トイレの神様」がオリコン首位を獲得。
この曲でNHK紅白歌合戦にも出演を果たすなど、一躍世間の脚光を浴びる。

 結婚した旦那は誰?

植村花菜さんは誰と結婚したんかが気になるところですよね。
植村花菜さんは2013年1月29日に入籍されています。
旦那さんは、バンド「Indigo Jam Unit」を中心に活動されるジャズドラマー清水勇博さん。
生年月日が1983年5月27日ですので、年齢は、ほぼ同い年です。

二人の馴れ初めは?

2012年の5月から6月にかけて
植村花菜さんはギター修行の旅に
出かけました。
そこで知り合ったのが、旦那さんの清水さん。
2人はすぐに交際に発展し
約8か月の遠距離恋愛を得て
結婚されています。
また、ギター修行に行った理由は、
先ほどの事務所問題や元カレであるお笑い芸人の西野亮廣さんとの破局が関係しているとか・・・
お笑いコンビ「キングコング」西野亮廣(32)と交際していたが、2012年1月に破局。
原因は「性格の不一致。ああ見えて彼女は気が強く、
痴話ゲンカでは両者譲らずの展開になることが多かった。
植村花菜さんも一度、腹が立つとなかなか気が治まらないような気の強さのようですよ。旦那さんとはあまりけんかされないようにね^^

現在は?消えた理由は?

そんな植村花菜さんですが、現在は、あまり見なくなったという声もあります。
確かにTVでも全く露出がないですよね。
最近見ないです。何かあったのでしょうか?
植村花菜さんは「トイレの神様」という楽曲でブレイクした歌手と言うことで覚えている方も多いかと思います。
その実績とは、
植村花菜の歌った「トイレの神様」は、2010年に有線放送で流れたことから、問い合わせチャート月間1位になり、その年の「ベストヒット歌謡祭2010」ではゴールドアーティスト賞を受賞。人気の勢いに押される形で、「NHK紅白歌合戦」にも初出場を果たしました。
ところが、
「紅白歌合戦」に出場が決まると、1つの問題が。それは、植村花菜の「トイレの神様」は、全体で10分ほどになる作品であったこと。
紅白出場が決定した際、「カットするところが一言もないので、切らずに歌わせていただければ」と発言した植村花菜に対し、「誰の歌もカットするところはない」「そんなに全部歌いたければ、私を切ってでも歌えばいい」と噛み付いたのが和田アキ子です。
どの歌手も時間の制約の中で歌っているのに、新人の立場もわきまえないその発言は何だ?と、和田アキ子がブチ切れたのです。結局、植村花菜は、間奏をカットすることで、「トイレの神様」を7分55秒で歌い切りました。

スポンサードリンク

本当に根性ありますよ。
大御所には簡単に言えませんよ。

植村花菜さんが消えた理由は「トイレの神様」後の2013年3月末に、事務所の社長と揉めてクビとなり、露出が激減して消えたようです。
事務所の社長はつて矢井田瞳を見いだしてブレイクさせた凄腕の方で知られており、植村花菜さんもその御蔭でブレイクしたようです。
しかし、植村花菜さんは売れて勘違いしたのか、少しずつと事務所の方針に反発するようになり、最後は退社を駆け引きに使っていたようです。
この植村花菜さんの態度に「じゃあ、勝手にしろ!」と社長が怒り、実質クビになり、「トイレの神様」後は一曲しかリリースせずに、露出が激減して消えたようです。
実際に植村花菜さんは紅白出場が決定した際に、初出場なのに「カットするところがないと切らずに歌いたい」と発言し、和田アキ子さんに噛みつかれたことがあります。
そして、視野を広げるために渡米したことで、更に見なくなって消えてしまったようです。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*