栗田ひろみの結婚相手の旦那は一般人なの?井上陽水との関係とは?

栗田ひろみさんは、歌手で女優です。

今は引退して一般人の方と結婚しています。

息子さんがひとりおられ、お孫さんもいらっしゃるようです。

今回は旦那様のことや現在のことなどを検索してみたいと思います。

 

栗田ひろみさんのプロフィール

くりた ひろみ 栗田 ひろみ
本名 栗田 裕美 生年月日 (1957-09-02) 1957年 9月2日(60歳)
出生地 日本・東京都 豊島区
職業 女優 ジャンル 映画・テレビドラマ 活動期間 1971年 …

栗田ひろみさんは歌手で女優です。
1972年に大島渚監督の映画「夏の妹」の主役に抜擢されました。

その語はテレビ、雑誌、グラビアへの露出が増え人気が高まってきました。

デビューはテレビドラマ「さすらい」

 

スポンサーリンク

中学時代にNHKのテレビドラマ「さすらい」に出演して芸能活動を開始しています。

テレビドラマ「伊豆の踊子」も

テレビドラマでは「伊豆の踊り子」に主演したことで、人気が沸騰しています。

CMで活躍

CMには少し陰りのある優等生役のイメージで多くのCMに出演しています。

歌手デビューでは

 

歌手デビューではワーナー・パイオニアからレコードデビューしています。

シングルレコード[編集]
太陽のくちづけ/ほほえみの天使  (1973.02.10)
初恋の散歩道/黒い瞳        (1973.07.10)
愛の奏鳴曲/蝶々と雪だるま    (1974.01.25)
LPレコード[編集]
太陽と海とオレンジ (1973年)

写真集について

1974年には週刊プレイボーイ特別編集の大判写真「プレイガール」の表紙を篠山紀信さんの撮影でヌードを飾っています。
その後は映画テレビで活動しています。

引退について

1980年大晦日には芸能界を引退しています。

結婚について

1981年には石油会社に勤めるサラリーマンと結婚しました。
栗田さんの結婚相手は、ゆくゆくは、東京三田の油脂会社社長を継ぐ長男で知り合ったには、栗田さんが高校2年生で、お相手は早稲田大学2年生でした。

御曹司だったということなのですね。

旦那様との馴れ初め

旦那様との馴れ初めは、親友の浅田美代子さんに誘われたバーベキューパーティーでした。

栗田さんは、30人紹介された中から彼を紹介されました。

2回目は仲間から「湘南の海にいかないか?」と再び誘われたことから。

これを機会にグループ交際が進んでいったといいます。二人で交際するようになったのは、テニスをしたことがきっかけでした。

しばらくは、外でのデートが続きましたが、だんだんと家の中でのデートに代わっていきました。

スポンサーリンク

結婚が決まってからは「仕事と家庭との両立はできません」とあっさりと引退してしまったということです。

トレードマークの長い髪も短くカットして82年6月にハワイで挙式を挙げています。

映画出演作品

栗田ひろみさんの映画出演作品については以下の通りです。

夏の妹(1972年、創造社=ATG)
放課後(1973年、東宝映画)
ときめき(1973年、松竹大船)
街の灯(1974年、松竹=田辺エージェンシー)
樺太1945年夏 氷雪の門(1974年、東洋映画)
沖縄10年戦争(1978年、東映京都)
地獄(1979年、東映京都)

数々の名作に出演していますね。

夏の妹

夏の妹は1972年に公開された大島渚監督の日本映画です。
公開年の1972年に返還された直後の沖縄県を舞台としてオールロケで制作されたものです。

主人公素直子(すなこ)がひと夏の沖縄県の旅を通じて知り合ったさまざまな立場の人物を通し、戦後の日本と沖縄との複雑な関係を表現しています。

井上陽水さんとの関係は?

栗田ひろみと井上陽水が夫婦だったというのはまったく初耳で、でもまんざら間違いでもなさそうな組み合わせではある。
で早速、ネットで調べてみると、やはり事実のようで、なんでも栗田ひろみの主演映画『放課後』のテーマソングが陽水の「夢の中へ」だったそうで、なるほどそういうつながりかと納得した。
世代的なものもあるのだろうが、栗田ひろみの名前と顔はすぐに思い出せるが、思い入れはそれほどない。
だがもう少し上の世代になると、それなりに入れ込んでいたようだ(テクニクスの広告が印象的だったそうで)。

初めて知った衝撃の事実ですね。

熱愛

熱愛の相手は井上陽水さんだったのでしょうか?「放課後」のテーマソングが陽水さん「夢の中へ」だったみたいですね。

「夢の中へ」もだいぶヒットしたことは覚えていますが、結婚したというのは少し以外みたいな気もします。

このころには二人とも結婚していましたし泊ったといわれるところも栗田ひろみさんの自宅で夫や井上陽水さんの奥さんも含め家族ぐるみで中の良かったのですがそこでの家族ぐるみの団欒を書かれてしまったという感じなんですかね。
そして栗田ひろみはこのあとすぐに芸能界を引退してしまいます。

人間関係が悪くナルト大変ですもんね。

 

美少女アイドルとして

熱烈ファンのみうらじゅん氏が「青春ノイローゼ」と表現したように、70年代に圧倒的なアイドルオーラを放った栗田ひろみ(57)。80年の引退以降、一度も姿を見せないが‥‥。
「は~い、どちら様でしょうか?」
インターホンの向こうから、聞き覚えのある甘い声。都内の一等地にある4階建の豪邸に彼女は住んでいた。

誰もが青春ノイローゼになるほど、同時代のマドンナといわれています。

大変な人気があったのですね。

セーラー服の似合う美少女も

栗田さんは70年に13歳でスカウトされ、モデルデビューしていますね。

セーラー服がよく似合うロングへあの美少女でした。

栗田ひろみさんは23歳で芸能界を引退しています。

引退後の東宝映画

女優としての代表作は73年に公開された「放課後」(東宝)である。
地井武男演じる年上の男を誘惑する女子高生が栗田の役どころだった。
引退から35年の中で、一度だけ芸能の仕事を引き受けたのも同作である。

この作品にかける思いがあったのでしょうね。

結婚後の生活

栗田さんは引退後は、わずかなOL生活を経て、81年に結婚されています。
夫は工業用の潤滑油を販売する会社を経営しているとのことです。

子どもさん

栗田さんの息子さんは、現在30歳になられたということで、2013年頃に男の子の初孫も生まれています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)