草村礼子の夫はどんな人?子供はいるの?若い頃が超美人[画像あり]!

草村礼子さんは日本のベテラン女優さんですが、本名野口礼子さんといいます。

夫や子どもさんはいるのでしょうか?若い頃は超美人だったといわれています!

 

草村礼子について

くさむら れいこ 草村 礼子
本名 野口 禮子
生年月日 (1940-07-05) 1940年 7月5日(77歳)
出生地 東京府 北多摩郡三鷹町(現:東京都 三鷹市)
身長 156cm
血液型 B型
職業 女優 ナレーター
ジャンル 舞台 映画 テレビドラマ
配偶者 あり

草村礼子さんは、東京都立国立国高等学校を中退して、劇団炎座に押しかけ研究生となりました。

劇団国芸を経て、劇団東京小劇場の幹部女優として16年活動しています。

「キューポラのある街」ではトミ役を400回以上も演じています。

小・中学時代の暮らし

草村さんは、4歳のときに父親が亡くなったので、母親に育てられました。

自宅で助産婦をしていた母親が住み込み看護婦となったために、9歳の時から炊事、洗濯、掃除などの家事を一切してきたようです。

スポンサーリンク

また、幼い兄弟の面倒を見るほか小学校、中学校へと通いました。

ひとり芝居

NHKの仕事だけでも「おていちゃん」や「はね駒」「おしん」など心に残る作品に出演させてもらったのですが、思っているほど多くはなかったので、「父の死をムダにしないために、と思いつき老後の夢」に向けて朗読の勉強をはじめられたようです。

小さな会場で続けていた「いのちと愛」をテーマとするライブ活動の中から草村礼子さんの一人芝居が生まれたのでした。

テレビドラマ

東京小劇団退団後は、映画、テレビドラマなどで広く活躍されています。

1982年から「いのちと愛」をテーマに、一人芝居・朗読・講演などのライブ活動を開始する。
1996年公開の映画『Shall we ダンス?』での田村たま子役で7つの映画賞を総なめにして、広く顔が認知されるようになった。
2005年から「夢のダンス」と称するダンスボランティア活動を行っている。

受賞歴について

賞もたくさん受賞されていますね。

平成2年度文化庁芸術祭賞(『一人芝居・じょんがら民宿こぼれ話』)
第11回種田賞(『一人芝居・じょんがら民宿こぼれ話』)
キネマ旬報賞女優賞(『Shall We ダンス?』)
毎日映画コンクール助演女優賞(『Shall We ダンス?』)
日刊スポーツ映画賞(『Shall We ダンス?』)
横浜映画賞(『Shall We ダンス?』)
高崎映画祭(『Shall We ダンス?』)
第20回日本アカデミー賞助演女優賞(『Shall We ダンス?』)
第25回日本映画批評家大賞・実写部門 ゴールデン・グローリー賞 [1]

Shall We ダンス?でたくさん賞を取られていますね。

もう一度昔の映画を観る価値がありますね。

演劇への目覚め

草村さんが演劇に目覚められたのは、中学2年生のときでした。

文化祭の劇に出演したことがきっかけでした。

最初は内気で友人も少なかった草村さんは、劇に出るのがとても恥ずかしかったそうです。

しかし、「やってくれなかったら絶好する」と友人にいわれ、しぶしぶと舞台で演じたときでした。

スポンサーリンク

演じてみると、1200名ほどの観客の人たちからたくさんの拍手喝采を浴びてとても嬉しかったようです。

そのことがきっかけで、「演じることの楽しさ」を実感したのでした。

押しかけ研究生として

草村さんは、高校に進学されたものの「早く女優になりたい」という思いが強く、高校は中退して劇団の研究生になります。

劇団は「炎座」という劇団でしたが、途中から劇団「東京小劇場」に入団します。

劇団では「キューポラのある街」で主人公ジュンの母親役のトミを400回も演じています。

フリーでテレビドラマに

東京小劇場を退団後は、映画やテレビドラマなどに出演するようになりました。

1982年からは、「いのちと愛」をテーマにひとり芝居や朗読などをはじめられています。

1990年に、「じょんがら民宿こぼれ話」では第11回種田賞、平成2年度文化庁芸術祭賞を受賞しています。

ダンス講師で有名に

草村さんはダンス講師の役で一躍有名になります。

映画「Shall weダンス?」で田村たまこ役を演じています。

「キネマ旬報ベストテン」「毎日映画コンクール」「日刊スポーツ映画大賞」「横浜映画祭賞」「高崎映画賞」「第20回日本アカデミー賞」などで、助演女優賞などを受賞されています。

草村さんは、なんと54歳のときにこの映画のオーデションを受けています。

そして田村玉子役に抜擢されたのでした。

夫は舞台監督で

草村さんの旦那様は、舞台監督をされているみたいです。

結婚されたのは1966年頃だったみたいです。

プライベートはあまり明かしてはいないようで、詳しい情報はないようです。

ただ、テレビの旅番組などでご一緒されているみたいですね。

2010年の土曜スペシャル、「お得で豪華な冬の旅!素泊まり歓迎の名旅館」で出演されています。

ふたりは、旅のレポーターをしながらとても仲睦まじいご様子でした。

最近のご活躍では

最近は、テレビドラマで活躍されています。

2016年8月の「賢者の愛」で真由子さんのおばあちゃんの役どころですね。

ドラマのイメージとしてドロドロとして愛憎劇でも、裕福な家庭で育った少女が主人公の設定で、草村さんは「やさしいおばあちゃん」です。

2017年8月にはテレビ朝日で「刑事7人」第5話で高島政宏さん、吉田鋼太郎さんなどが出演の刑事もので活躍いるみたいです。

草村礼子 オフィシャルサイト

草村礼子オフィシャルサイト、Shall we・・・?には、草村さんに関するいろいろな情報が掲載されています。

草村さんの生い立ちから今まで活動されてきたこと、テレビや映画のこと、くらし、舞台、ライブ、旅、ダンス、新聞、雑誌などのことが興味深く書かれています。

テレビに出られているときには、ふつうの優しいおばあちゃんを演じておられますが、ブログを見せてもらってもお芝居に対する情熱がとても感じられますよね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)