岸惠子の旦那はどんな人?娘や在日韓国人の噂は?

岸恵子さんは、文筆家で女優です。フランスの映画監督イブ・シャンピさんと結婚されました。

娘さんを儲けられましたが、現在は離婚に至っています。

今回は離婚の原因や在日韓国人という噂など検索してみたいと思います。

プロフィール 岸恵子さん

岸 惠子

生年月日 (1932-08-11) 1932年 8月11日(85歳)
出生地 日本・神奈川県 横浜市
職業 女優、文筆家
ジャンル 映画・テレビドラマ
身長161cm。

岸恵子さんは、今年85歳くらいになられるのでしょうか?最近では「サワコの朝」に出演されたり、その年齢からはとても想像できないくらいの美しさを保っておられますね。

芸能界

 

 

芸能界へのデビューは18歳のときで、映画「我が家は楽し」でした!

スポンサードリンク

「君の名は」で爆発的なヒットとなり、大女優として仲間入りしたのでした。

結婚

大スターになってしまった岸さんは、周りからの特別扱いが息苦しくなってきつつありました。

そんなときに出会ったのが、映画監督のイヴ・シャンピでした。

岸さんのことを「普通の女の子」として接してくれるイヴ・シャンピ。

岸さんは、そのときのことを「心に春風が入ってきたようだ」と感じたそうです。

イヴさんの岸さんへのプロポーズの言葉は、「卵の殻を破らないとオムレツはつくれないよ」というフランスのことわざでした。

その言葉は岸さんに結婚の決断をさせたそうです。

娘?

 

1963年には、映画監督イヴ・シャンピさんとの間に麻衣子・チャンピが生まれています。

離婚?

監督さんとは離婚に至ったみたいですが、今では娘さんとお孫さんに囲まれてとてもお幸せそうです。

美の秘訣

岸恵子さんは、お孫さんに会うときでも、念入りにお化粧するのだそうです。

「いつも綺麗!」とお孫さんたちには思ってほしいからだそうです。

執筆

 

岸恵子さんは70歳のときに「わりなき恋」という本を執筆されています。

70歳を超えた女性の鮮烈な愛と性がテーマになっています。

内容は69歳の作家がパリ行き便のファーストクラスで一回り年下の大企業役員と知り合いになって、恋に落ちるといったもので、もしかしたら、岸さんの実体験がもとになっているのかもしれません。

この本は大変にヒットしたもので、暴露本としても話題になりました。

 

女優岸恵子(80)が、後期高齢者を迎える女性の恋愛と性に迫った小説「わりなき恋」(幻冬舎)が今日24日、出版される。
岸にとって、10年ぶりの書き下ろし小説で、70歳を目前にした日本とパリを拠点にする女性ドキュメンタリー作家と、12歳下の大企業重役との5年を超える不倫愛が題材になっている。
タイトルは、古今和歌集で詠まれた一節にもあるように「理屈や分別を超えて、どうしようもない恋」を意味する。
早くに夫を亡くした女性は、海外を飛び回る男性と遠距離恋愛を続けていくうちに深い関係になっていく。
ただし、十数年ぶりの性交は潤いが足りず、思うようにいかない。
意を決して婦人科で治療を受ける場面なども描かれる。
70代女性ならではのエピソードだが、男性にかかってくる電話やメールの内容、ささいな一言に、恋心は少女のように揺れ動いていく。

スポンサードリンク

本の狙い

岸さんの描く恋愛小説は、20代から30代の恋愛小説に一石を投じる目的があるといわれています。

「いくつになっても恋愛をしている人の方が元気だから」という意味合いもあるようです。

川端康成氏

もともとは作家希望で川端康成氏の本が好きだったみたいですね。

川端康成氏に直接原稿を持ち込んだこともあったみたいです。

もと旦那様?イヴ・シャンピさん

 

イヴ・シャンピ(Yves Ciampi, 1921年 2月9日 – 1982年 11月5日)は、フランスの映画監督、医師。
1957年、監督した『忘れえぬ慕情』で主演した女優岸惠子と結婚し、娘デルフィーヌ・麻衣子・シャンピをもうけるが、1975年離婚。

離婚の真相

 

岸さんのもと夫のイヴ・シャンピさんは、1975年に離婚してその後82年に満61歳で亡くなっています。

離婚の真相については、まず二人の馴れ初めについて語らなければなりません。

馴れ初め

 

岸さんとイヴさんが出会ったのは、56年で日仏合作映画の「忘れえぬ慕情」でのことでした。

この映画で岸さんが主役を務めたのがきっかけだったといわれます。

理想夫婦?

岸さんとイヴさんの結婚生活は18年にも渡ります。長女も生まれ、周りの人たちからは「理想の夫婦」として捉えられていたようです。

格差

 

岸さんとイヴさんが離婚した原因は、次第に広がっていった二人の「格差」であったということです。

結婚当時には若手でも有望視されていたイヴさんでしたが、業界でも次第に枯れたイメージが強くなっていきました。

70代になると映画も撮らなくなり、その代わりに岸さんの方へオファーが舞い込んできたことが離婚の原因でもあるようです。

愛人

次第にイブさんの方には、ストレスが溜まっていたのでしょうか?愛人のもとへと走っていったようです。

愛人はイタリアの女性で、岸さんとは75年の12月に離婚に至っています。

親権

一人娘の親権も岸さんが持つことになりました。理想的な夫婦に見えていても、実際は普通の夫婦と変わらない部分が多かったようです。

家族

 

岸さんには、現在家族がいます。

それは娘さんと娘さんの子供でロスコーくんと、ジャクソンくんです。

在日韓国人?

岸さんは神奈川県横浜市神奈川区生まれで、県立横浜平沼高等学校を卒業されています。

在日韓国人としての情報は確認できていませんが、国際的な大女優としてのイメージが強いからでしょうか?

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*