樫山文枝の夫(旦那)の綿引勝彦との馴れ初めは?子供はいるの?現在は何してる?

最近はテレビではあまりお見かけしませんが、樫山文江さんは劇団民芸で舞台の女優さんです。
俳優、綿引勝彦さんとは仲のよいご夫婦として知られています。
今回は旦那様のことや子供さんのことについて検索してみたいと思います。

 プロフィール 樫山文枝さん

かしやま ふみえ 樫山 文枝
本名 綿引 文枝(旧姓:樫山)
生年月日 (1941-08-13) 1941年 8月13日(76歳)
出生地 日本 東京府 北多摩郡武蔵野町吉祥寺 (現:東京都 武蔵野市吉祥寺)
職業 女優
ジャンル テレビドラマ
活動期間 1960年代

最近はテレビではあまりお見かけしませんが、樫山文江さんは劇団民芸で舞台の女優さんです。

俳優、綿引勝彦さんとは仲のよいご夫婦として知られています。

かつては、NHKの朝の連ドラで大ブレイクしていました。演技派の女優さんとして知名度をあげています。

学校

 

1960年に新渡戸稲造さんが校長をしていた、東京文化学園高等学校を卒業しています。

その後は俳優剤付属養成所で演劇を学んだ後、劇団民芸俳優教室を経て1963年には劇団民芸に入団しました。

スポンサードリンク

俳優座の養成所には当時は40倍くらいの競争率で、養成期間は3年だといっても養成所を出たからといって、俳優座に所属できるとは限りませんでした。

養成所を出て準劇団員になれるのも毎年1人くらいで、準劇団員から団員になれるのもそれは大変だったそうです。

おはなはん

NHK朝ドラの「おはなはん」が話題になったのは、1996年です。
樫山さんが団員になって3年の頃ですね。

劇団民芸でも養成所の第一期生で1950年の劇団創設からのメンバーの奈良岡朋子さんがいますが、大先輩にもかかわらず、樫山さんのことを「樫山先生!」などと持ち上げてくれたとか?

それもそのはず、朝ドラの「おはなはん」は、相当な視聴率で全国では水道メーターもストップしてしまうほどで、その視聴率も最高60%を超えていたそうです!

それで、樫山さんの代表作というと「おはなはん」をあげる人も多いです!

お子さんについて

樫山さんと綿引さんの間には、息子さんが一人いらっしゃいます。

芸能人の家の子どもとして、後ろ指をさされることのないように厳しく躾されたようです。

現在は一般人で社会人として活躍されているみたいです。

名士

樫山さんの家族や親せきには、名士がいらっしゃいます。

樫山文枝さんの父、樫山欽四郎さんは、早稲田大学哲学科の教授でヘーゲル研究で有名なドイツ近世哲学・実存哲学の研究者でした。

伯父、樫山純三さんは、オンワード樫山の創業者で多くの競走馬をデビューさせた馬主です。

稼ぐばかりではなく、樫山奨学財団を設立して優秀な人材の育成に力を入れてきました。

母親の趣味としてもいつも短歌を作ってはノートに書きつけていたような母親で、樫山さんの育ち方としても単に可愛らしいだけではなく、どことなく文化的な家庭で育った印象があるみたいです。

旦那様の綿引勝彦さんについて

 

スポンサードリンク

旦那様

樫山文江さんの旦那様というと、綿引勝彦さんです。
馴れ初めは、同じ劇団民藝の団員だったことからいっしょになられたみたいですね。
団員の中では樫山さんの方が3年先輩になるそうです。
年齢的にも樫山さんの方が4歳年上で、当時は「結婚相手は無名の劇団員」といわれていました。

 

綿引さんの代表作は、TBSの昼ドラマ「天までとどけ」ですね。

「涙くんさよなら」という楽曲をドラマで使われていたのを思いだします。

樫山さんと結婚した当時は、ギターの弾き語りをするようなアルバイトをしていたみたいです。

いっぽう、樫山さんの方は有名女優で収入も多かったです。綿引さんは過去にも「太陽にほえろ」「水戸黄門シリーズ」「月曜ゴールデン」などに出演されています。

樫山さんとの出会いは、劇団民藝でしたが、奥さんの樫山さんは劇団民芸に所属し続けているのに対し、綿引さんは現在は「綿帽子」なる劇団の主宰をされています。

CMで

綿引さんはゲームのCMにも出演されています。「ピカチュウげんきでちゅう」では、CMでコミカルな味を引き出しています。

「ポケットモンスター」のCMでは、「ポケモンおじさん」とまで言われるようになりました。

病気

綿引さんは約12年ほど前に「胸部大動脈瘤」を患ったようです。

しかし、樫山さんの一言に救われたといいます。

「病院に行かなきゃ!」と、樫くことを嫌がる綿引さんを、強引に病院に連れていったといいます。

病院へ行くと大動脈瘤が破裂しかかっていたそうです!

「女房の一言がなければ・・」と今でも感謝しているそうです。

 

 

樫山文枝は遠い昔一世を風びしたNHK朝どら「おはなはん」の主役。
綿引氏は黒柳徹子さんの「徹子の部屋」に出ておられた。
全てを聞いたわけではなく、うとうとしながらの話なのだがおととしの11月、胸部大動脈瘤(りゅう)破裂で生死の境をさまよった。
芝居の練習で着替えている時に胸のあたりでぶちっと何かが切れる音がしたとか。
そのあと、家に帰ったが駅の階段は必死の思いで登り、何とか家にたどり着く。
奥さんの文枝さんがたまたま家に居て、おかしな夫の雰囲気に、病院に行こうと言われ、自分で運転して行ったとか。

悪役

 

綿引さんは、今でこそ頼れるお父さんを演じていますが、かつては悪役も多かったそうです。

演劇に目覚めたのは、かつては野球少年だったものの高校生のときに腰を傷めたときからでした。

俳優座、「令嬢ジュリー」を見てから演劇の世界に目覚めたそうです。

「世の中にこんなきれいなものがあるのか?」と感銘を受けたそうです。

 

これからも、おふたりでおしどり夫婦として末長く活躍してください。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*