丘みつ子の旦那や子供について。現在は小田原市南町に住んでいる?

みつ子さんは女優さんですが、マラソンなど健康的なイメージがありました。

今回は旦那様のことや、子供さん、現在のことなどについて検索してみます。

プロフィール  丘みつ子さん

おか みつこ 丘 みつ子
本名 森田 光子
生年月日 (1948-01-19) 1948年 1月19日(69歳)
出生地 日本・東京都 北区 王子
身長 166 cm
血液型 B型
職業 女優、陶芸家
配偶者 あり
事務所 ホリプロ・ブッキング・エージェンシー 主な作品

丘みつ子さんの本名は森田光子です。19歳のときに芸能界へとデビューしています。

30代の頃には、女優として母親役として定着してきたみたいです。

趣味はマラソン

丘みつ子さんは趣味をマラソンとしていました。

スポンサードリンク

それは、仕事が原因のストレスで拒食症になってしまったことがあるからです。

また、その病気についてはかなり悩んでしまい、住居の箱根に移住したり、プライベートの充実にこだわることで拒食症を改善させたそうです。

旦那様

旦那様はもとパイロットだそうです。

箱根でいっしょに苦労しながらも穏やかに暮らしているそうです。

エピソードでは、2016年の夏にテレビで「芸能人の田舎暮らしSP」で紹介されたことがあります。

それは、夏の猛威を振るい、危険生物のキイロスズメバチにさされて、救急搬送されたことがあるそうです。

子供さん

子供さんがいらっしゃるか、どうかは定かではありません。

また、いらっしゃっても一緒に住まれているかどうかはわからないです。

シンプル生活

丘みつ子さんはシンプルな生活を大切にしているらしく、趣味は水泳、山歩き、茶道や書道など多岐にわたります。

旦那様との生活は犬でも飼っていたりして、箱根の自然を満喫しているのではないでしょうか?

自給自足の生活

2015年には箱根で自給自足の生活を送っていることが爆報!フライデーで明かされました。

現在は年齢69歳くらいになられるのでしょうか?

テレビのドラマではお母さん役を演じることで「日本のお母さん」と呼ばれることも多かったといいます。

箱根で暮らすことになったきっかけは「拒食症」です。それを克服するために、箱根で自給自足生活が必要でした。

自給自足の生活とは、野菜などの栽培やミツバチなども飼い、朝5時に起きて夜は8時に寝るといったとても健康的な生活だそうです。

女優の仕事

箱根で自給自足生活を送っていても、すべての芸能生活をやめてしまったわけでもありません。

ドラマでは「相棒シリーズ」や「水曜ミステリー」にも出演されているみたいですね。

陶芸

スポンサードリンク

丘みつ子さんは箱根では「陶芸」もされているそうです。

素人の枠を超えて個展やアトリエまでされているみたいですね。

拒食症の改善法

スローライフ

拒食症だった丘さんは病気を克服されたといいます。

その改善法とはいったいどのようなものだったか、気になります。

それは、箱根に移住したことで得られるスローライフです。

丘さんの箱根の家は、広さもなんと905坪といった広いもの。

拒食症改善法

自宅の裏側の斜面からは、芦ノ湖が見えるので景色もとてもいい感じですね。
そのような暮らしは誰でもあこがれるものですが、具体的には拒食症の改善は畑仕事や陶芸をすることだったみたいです!

忙しかった女優の頃の仕事から離れることで、ストレス発散をして元気な身体を取り戻す!それが一番の拒食症改善法でした。

拒食症の原因

というのは、女優の頃の丘さんは、忙しさと同時にスレンダーな身体を保つために拒食症になっていたからでした。

食べ物なども1日2食半で、豆腐やヨーグルト、ハチミツ、胚芽米など良質なたんぱく質を中心にしたものです。

アトリエ

箱根の山には、丘さんの所有する広大な土地があって、住居とアトリエ、焼き場、ギャラリーが併設されているそうです。

作品も年間で100点を超え、個展も開いているそうです。

拒食症改善というよりももはや、陶芸などが生活の一部になっているようで、とても羨ましい限りです!

手作り

丘さんの生活は食品から化粧品などすべてが手作りの生活だといいます。

この徹底ぶりが現代人にはとても必要なことかもしれません。

丘さんが家を箱根に建てられたのは、30年ほどまえです。

セカンドハウスといっても、住み続けることで実家みたいになっていったそうです。

2015年には箱根の噴火の影響をもろに受けてしまいました。

火山灰も降ってきたりしましたが、そこからは立ち退くこともなかったといいます。

箱根の物件は広すぎるので

女優の丘みつ子(69)が18日放送のTBS系「爆報!THEフライデー」に出演し、神奈川県小田原市に3000万円の物件を購入しての暮らしぶりを公開した。

小田原はのどかで良い街ですよね。

小田原 南町の家を購入

丘は敷地面積905坪もある箱根の物件に在住していたが、「あまりにも広すぎる。私がもし亡くなった場合は、うちの(夫の演さん)はあそこで1人で住めるかというと、男の人は特に無理だと思う」という理由で、小田原にある築80年の蔵付き3LDKを3000万円で購入した。

小田原の城下町の南町は、明治時代の名士たちの別荘が立ち並んでいるところです。

小高い丘の上からは相模湾や真鶴半島を望むことができる「理想の別荘街」といわれています。

理想的な田舎暮らしも、一人で住むには広すぎる場合があるのですね。

どちらにしてものびのびと生活しながら女優業にも励める生活はとても羨ましいものがあるみたいです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)