高島礼子の元旦那・高知東生と復縁してた?過去の馴れ初めはナニ?

高島礼子さんは、太田プロダクション所属で横浜市出身の女優さんです。

バブル時代には、恵まれたプロポーションで幅広い役をこなしてきました。
今回は元旦那、高知東生さんのことや過去の慣れ染について検索してみます。

高島礼子さんのプロフィール

生年月日 1964年7月25日(53歳)
出生地  日本・神奈川県横浜市
身長 168 cm
血液型 B型
職業 女優
ジャンル 映画・テレビドラマ・CM
活動期間 1987年 –
配偶者 高知東生(1999 – 2016)[1]
事務所 太田プロダクション

主な作品

テレビドラマ
『特命リサーチ200X』
『大奥 〜第一章〜』
『御宿かわせみ』[1]
『結婚できない男』
『熟年離婚』
『天地人』

映画
『隠し剣鬼の爪』
『極道の妻たち』シリーズ[1]

本格的に女優としてデビューしたのは25歳のときに、松平健の紹介で「暴れん坊将軍Ⅲ」に出演したときからです。

1999年11月には高知東生さんとハワイ・オアフ島の教会で挙式しています。
しかし、2016年8月には高知さんの逮捕で離婚に至っています。

スポンサードリンク

元旦那、高知東生との復縁?

もと俳優で覚せい剤取り締まり違反容疑で起訴された高知東生被告と高島礼子さんは離婚しています。

しかし、高知被告は離婚後にも高島さんがバックアップしてくれることを希望しているといいます。

保釈金500万円を支払って高知さんが保釈されたあとは、当人同士は顔を合わせてはいないみたいでした。

高知さんが逮捕されたときにいっしょにそばにいたのは、クラブホステスでした。名前は五十川敦子さんといって年齢は33歳のようです。

高知東生が理事を務める「一般社団法人日本トータルビューティー協会」にホステス(五十川敦子)の名前が会員に!
二人は不倫だったのでしょうか?

復縁の情報はないですが、難しいかもしれませんね。

更生に向けてサポートしていく

高島さんの所属事務所関係者によると高知被告の保釈金は高島さんから払ってもらっています。
高島さんは「離婚を決意した代わりに高知さんの更生に向けて可能な範囲でサポートしていく」と周囲には話しているようです。

2015年6月には、高知被告は芸能界を引退することを表明しています。
それは、妻で女優の高島礼子さんの実父の介護に専念するためです。

エステサロンを開業

また、今年の5月には横浜市内でエステサロンを開店し、高島さんの提案や援助を受け入れているみたいでした。

テレビ関係者によれば高知自身のむくみや目の下のクマなど薬物による身体的な影響を隠蔽するものだとか、しらふのはずなのに妙にテンションが高い、初対面なのに古くからの知人のような対応に驚いたといいます。

女性関係も許せなかった

高島さんは、薬物依存のことも恐れてはいるようでしたが、浮気や不倫といった女性関係も許せなかったところも多かったみたいです。

高知被告にすれば高島さんの援助を打ちきられるこことに一番恐れを抱いているようです。

実質上は復縁か?

2017年7月、一部では「高島礼子と高知東生のもと夫婦が復縁したのでは?」という報道がありましたが、2人は籍を入れたわけではなく、実質的な関係として夫婦のような頃に戻っているといわれています。

高島礼子さんの生い立ちから

父親の介護

高島礼子さんは神奈川県出身で、現在は53歳です。
母親が20歳の頃に他界して、以来高島さんを育ててきたのは、私立大学で教鞭を振るつていた父親です。

スポンサードリンク

高島さんは21歳のときにライセンスをとり、レーサーとして活躍していました。

1987年からはレースクィーンとして活動を始めているみたいです。

パーキンソン病の親の介護

2004年から高島さんの父親がパーキンソン病を発祥し、手足の硬直や震えなどさまざまな症状の父親の介護を開始しているみたいです。

状態が悪いときには、高島さんのことも認識できない父親に苦悩の渦中にあるといいます。

デビューは暴れん坊将軍

女優デビューは「暴れん坊将軍Ⅲ」でしたが、これは1988年放送の「とらばーゆ」のCMに出演していた高島さんを松平健さんが抜擢したものです。

その後、数々の作品に出演してきた高島さんでしたが、1993年には「さまよえる脳髄」で女優として大胆なヌードを披露しています。

映画でも活躍

1996年から公開された映画「陽炎」シリーズでは主演を担当し、高島さんが演じる女胴師・不知火おりんは彼女のあたり役となりました。

テレビでも活躍の場が目覚ましく、明石家さんまさん主演のドラマ、「恋のバカンス」や「甘い生活」そしてドキュメンタリーとドラマが掛け合わされた「特命リサーチ200X」などに出演しています。

多くのドラマ出演

その後、阿部寛さん主演の「結婚できない男」山崎豊子さんの小説の原作で「女系家族」などさまざまなドラマ出演をしています。

また、1999年からの「極道の妻たち」シリーズでは5作品で主演を飾っています。

高島さんの私生活は?過去の慣れ染はナニ?

過去のふたりの馴れ初め

そんな2人の馴れ初めについて2人は、1996年の共通の知人の紹介で知り合ったそうです。

その後、お互いお酒好きということで意気投合し、交際に至ったと言われています。

そして1999年にご結婚され、ハワイで挙式を挙げました。。

当初は、高島さんの方が女優として活躍をされていることから格差婚と言われていたそうですね。。

高島さんと高知さんは、テレビドラマ「結婚できない男」で共演しています。
高知さんは建築家を演じています。

主人公は阿部寛さんで建築家で堅物でなかなか結婚できない役まわりです。

高島さんと高知さんは、1997年に公開された「陽炎3」でも共演しています。
高知さんにしてみれば、まだもとの妻のいる時期でもあったということです。

高島さんと高知さんの結婚式は、1999年の2月に高輪プリンスホテルで行われたみたいです。
その頃から高知さんは麻薬取締官から内偵捜査を行われていました。

高島さんと高知さんの相性を占ってみますと、過去からのご縁はソウルメイト的なふたりだそう。

懐かしく感じてすぐに意気投合するような関係性をもっているそうです。
ふたりは相性的に見て強く影響しあっているのでしょうか?

おしどり夫婦

しかし、結婚会見など2人の仲睦まじい姿にいつの間にか「おしどり夫婦」というイメージになっていったそうです。

このように過去には「おしどり夫婦」とまで言われていた二人でしたので、離婚後には援助のことや、お父さんの介護のこともあり合う機会も多かったのかはしれないです。

高知さんの更生に向けて

もしかしたら、高島さんは高知さんの更生に向けて復縁したいと思っているのかはしれないです。

以前は人も羨むばかりの仲のいい夫婦。

ふたりの間には子どもさんはいないようですが、高知さんもこれからは高島さんの仕事に影響が出ないようにしっかりと更生してほしいものです。

 

 

→ [関連記事] 高島礼子の旦那・高知東生が引退を決意した理由とは?

 

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)