岩本多代の夫は?結婚してる?若い頃がキレイすぎる。

岩本多代さんは、和歌山県出身のベテラン女優さんです。今回は若い頃の画像や、ご主人のことについて検索してみたいと思います。

岩本多代さんのプロフィール

本名 河野 多代
生年月日 1940年3月5日(77歳)
出生地 日本・和歌山県田辺市
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 舞台・映画・テレビドラマ

主な作品

テレビドラマ
『虹を織る』
『大好き!五つ子』シリーズ

岩本多代(いわもとますよ)さんは、たくさんのテレビドラマで活躍されてきたのではないでしょうか?

理想の母親的な存在感がある人かもしれません。画像を見るとすぐにわかる方も多いでしょう。

最近では昼のドラマでも「やすらぎの郷」に出演されていたみたいでした。

芸歴ではなんと50年を超えてらっしゃるとか。長年の芸歴は上品さとともに人を引き付ける魅力ですね。

スポンサードリンク

大阪の高校を卒業してから、22歳でデビューされたみたいです。

特技も日本舞踊と三味線でドラマでもその物覚えのよさで熱心さが隠しきれません。

出演作品もドラマでは

NHK[編集]
大河ドラマ
春の坂道(1971年) – 一の御台
新・平家物語(1972年) – 梅野
徳川家康(1983年) – 朝日姫
独眼竜政宗(1987年) – 大崎御前
春日局(1989年) – ミツ
信長 KING OF ZIPANGU(1992年) – かなえ
葵 徳川三代(2000年) – 西郡局
連続テレビ小説
北の家族(1973年) ‐ 木村泰子
いちばん星(1977年)
虹を織る(1980年) – 島崎八重
澪つくし(1985年) – 坂東千代
あぐり(1997年) – 長堀喜美子
天花(2004年) – 正岡妙子
芋たこなんきん(2006年) – 徳永イシ
幻の殺意(1972年)
新・なにわの源蔵事件帳 第10話「エレキ恐るべし」(1984年)
宮本武蔵(1984年) – およし
花へんろ(1984 – 1985年)
武蔵坊弁慶(1986年) – 磯禅師
詩城の旅びと(1989年) – 木村正子
戦国武士の有給休暇(1994年) – 清照尼
銃口(1997年)
えいごリアン(2005年 – ) – 品川の祖母
再生の町(2009年) – 高岡さわこ
父の花、咲く春〜岐阜・長良川幇間物語〜(2013年) – 野本晴代
花咲くあした(2014年) – 山内葉子
紅雲町珈琲屋こよみ(2015年) – 由紀乃[1]
鴨川食堂(2016年) – 古田幸恵
ほか

など、数多く主演されています。

結婚されていますか?

芸能活動53年?

俳優養成所を卒業されてからは、芸能活動も今年で53年目くらいになるといわれます。

性格的には「自分に厳しい」プライベートでも「自分はプロの役者」といった気持ちをいつも持っているそうです。

女優さんとしては、結婚や熱愛が気になるところですが、ほとんど過去の情報としては残っていないみたいです。

岩本さんが活躍してきだした日本の時代背景としては、高度成長時代といわれほんとうに忙しい日々を送られてきたのではないでしょうか?

年齢を重ねてもさらに若い頃よりも輝いてみえる女優さん。若い頃にはどれだけの華やかさがあったのでしょう?

在日韓国人?

また、岩本さんはうわさでは在日韓国人であるといった情報もあります。
それは、在日韓国人、もしくは帰化している人々の中に岩本姓を名乗る人が多いからだそうです。
2015年には日本テレビ系の新ドラマ、柴咲コウ主演で○○妻に姑役で出演している岩本さんでした。

ドラマでは2000年1月のフジテレビ系で放送された「お見合い結婚」に北海道在住の「光太郎の母」で出演されています。

この物語は主人公が結婚のために、勤務していたキャビンアテンダントを辞めたあとにお見合いをすることからはじまります。

相手は海外勤務のために妻を探しているような男性でした。

不倫?

プライベートでは熱愛のうわさもなく、最近では「不倫している?」とも書かれたことはあったようですが、その影響力を考えると「何の根拠もない」といったことになるのでしょうか?

もちろん、結婚についての情報も定かではありません。
2015年の「○○妻」では夫の投資の失敗で莫大な借金を背負ったことで、自宅も抵当に入り住めなくなる母親の役を演じています。

母親役

その結果、子どもたちの家をたらいまわしにされたりする母親役。

もちろんプライベートとのギャップもすごいものがあるかもしれませんよね。

主人公の結婚生活に関する重大な秘密や、ハッピーエンドの結末ではなかったドラマで、さまざまな結婚形態において演じる母親役は興味をそそられますよね。

どうしても、結婚しているとかしないとかよりも、役柄のイメージで見られる方だと思います。

だから、ドラマの中ではしっかりと「母親役」という位置づけがあるのかもしれないです。

スポンサードリンク

岩本さんの若い頃のイメージとは?

清貧イメージ

岩本さんの若い頃といっても「清貧なイメージ」はぬぐいきれないということもあるでしょう。

清貧=岩本さんではないですが、この頃の女優さんではこのイメージが多かったのではないでしょうか?

岩本さんとよく似ているといわれている女優さんに「長内 美那子(おさないみなこ)さんがいらっしゃいますね。

女優たちによる朗読 夏の雲は忘れない

仕事では鎌倉市共催事業で「女優たちによる朗読 夏の雲は忘れない」で共演しています。

岩本さんと長内さんのほかに日色ともゑさん、山口花林さんなどで戦争を経験した人たちの手記や詩の朗読で出演されています。

今の芸能人の人たちと違うところは、熱愛や恋愛などとは違い、戦争や生きることについてのもっとほかの視点で女優さんなどを観ることもできたのではないでしょうか?

切実なもの

もっと生きることについての「切実なもの」生活について直結しているイメージなど若い頃といっても何か違うものがあります。

それにおいての希少価値がある人たちではないでしょうか?

今とはまったく時代背景が違うことから、名前を聞くとその存在感の大きさがどれだけのものかわかるような気がしてきます。

過去から現在への感動を呼ぶことのできる女優

悲惨な体験記を読むこと

戦争をテーマにした物は暗くて怖いというイメージがあるのですが・・・・
「夏の雲は忘れない」は戦争の怖さを声高にいう作品ではありません。
父母、子供たちの手記や記録は被爆者たちの悲惨な体験だけではなく人と人との絆、愛情の深さを伝え明日への希望に溢れています。
わたしたちの理解を超える残酷な事件、人と人との争いが報道される今日。
世界のどこかで犠牲になっている人たちが今現在も生まれています。
父母子兄弟姉妹夫妻、それぞれがかけがいのない唯一人。犠牲になっていい人間なんて一人もいないのです。

感動が少ない時代に

最近は映画を見てもドラマを見てもどれだけのものを「感動した」といえるかと思うこともあります。

でも、岩本さんたちの女優さんたちの時代ではとくに演じなくても感じることができるようです。

テレビや映画の出演者の氏名を見ただけでも、だいたいそれがどのへんのドラマかどうかわかる感じ。

それがたくさんの出演作品において、つまり岩本さん自身が作品になってしまっているかのようです。

「若い頃がキレイすぎ」といったうわさもありますが、年齢を重ねていっても魅力の尽きない人というのは現実にいらっしゃるのかはしれないです。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)