芦川いづみの夫の藤竜也とは?子供はいる?現在の写真。

日活黄金時代を支えてきた女優・芦川いづみさんについて調べてみました。

芦川いづみプロフィール

芦川さんは、1935年10月6日生まれ、東京市滝野川区田端町のご出身です。
学歴は、法政大学潤光女子高校中退、だそうです。

身長を調べられている人もいるようでしたが見つかりませんでした。

高校中退から松竹、そして日活へ

芦川さんは、1952年、高校を中退され、「松竹歌劇団付属松竹音楽舞踊学校」に入学。
そして、翌年の1953年、ファッションショーに出演されている際、偶然居合わせた、「松竹」の川島雄三監督にスカウトされ、同年、「東京マダムと大阪夫人」で、映画デビューを果たされています。
また、2年後の1955年には、その前年に、日活へ移籍された川島監督の推薦で、松竹を退団し日活に移籍されています。
その後も芦川さんは、1956年「洲崎パラダイス赤信号」1957年「幕末太陽傳」と、川島監督の映画に、出演されているのですが、その一方で、1956年には、「乳母車」で、石原裕次郎さんと初共演。芦川さんはこの映画で、ヒロインの桑原ゆみ子役をさわやかに演じ、石原さんとともに、一躍人気者となると、その後も、1957年「幕末太陽傳」
「嵐を呼ぶ男」
1958年「陽のあたる坂道」「紅の翼」1960年「青年の樹」「喧嘩太郎」で石原さんの相手役を演じられ、その清楚な美しさで、人気を不動のものとされたのでした。

映画スターとして華々しい芸能活動を送っていた芦川いづみさんの姿は動画サイトなどでも見られます。

吉永小百合にも憧れられていた芦川いづみ

芦川いづみは、後輩だった吉永小百合に、「マリア様のような女性」と憧れられるほど、魅力的で素敵な女性だったようです。
最近の女優のように小顔で、理知的で現代風な顔立ちの芦川いづみは、当時の女性たちにとっては、ファッションリーダーのような存在でした。

芦川いづみの夫とは?

スポンサードリンク

ダンディーで渋い演技が素敵な俳優・藤竜也さんが旦那さん。

スポンサードリンク

藤竜也ってどんな人?

藤さんは、1962年、21歳の時、東京有楽町で、デートの待ち合わせをしている時に、日活からスカウトされ、芸能界に入られました。
勢いで、映画界へ入られたのですが、「通行人」の役を何年も演じる日々が続き、次第に、ことの深刻さが分かってきたのだそうです。
そこで、少しでも何かをつかもうと、他の俳優の演技を見学したり、ヒゲを生やすことを思いついたり。
しかし、そんな藤さんに、転機が訪れます。
1971年に、日活が、撮影所を一部閉鎖したのです。
藤さんは、フリーとなり、テレビドラマに出演するようになり、1973年、テレビドラマ「時間ですよ」で、スナックの片隅に座る、謎の男を演じ、一躍注目を集められたのでした。
「時間ですよ」は、視聴率が30%を超える、大ヒットドラマとなったのですが、藤さんも、町を歩いていると、すれ違いざまに、振り返られるようになり、テレビの影響力の大きさを、実感されたそうです。
日活が閉鎖した時は、相当焦られたとのことですが、このことが転機となって、以降、テレビドラマ、映画にと、数多く出演されるようになったのでした。
そして、1976年、藤さんは、「愛のコリーダ」で吉蔵役を演じ、大きな話題を呼びます。
この映画は、1936年に、実際に起こった「阿部定事件」を、大島渚監督が映画化したもので、男女の性愛を、非常に生々しく描いているため、一大センセーショナルを巻き起こし、裁判沙汰にまで発展しています。

身分違いの恋だった!?

芦川さんと藤さんは1968年にご結婚されています。
まだ藤さんがブレイクする前です。

当時すでに、芦川いづみは、日活の看板女優で、おまけに藤竜也より6つ年上。
一方、藤竜也はといえば、きら星の日活男性スターの中で、ほんの駆け出しの俳優にしかすぎませんでした。
当然、こんな2人が簡単に結婚できるはずもありません。
しかし芦川いづみと藤竜也には、救世主がいました。
それが、石原裕次郎です。
石原裕次郎もまた、お互い日活で人気絶頂だった北原三枝と、大変な困難を乗り越え結婚していたことから、芦川いづみと藤竜也の結婚を会社が認めるよう、口添えしてくれたといいます。
結婚後、芦川いづみは、先輩の北原三枝に学んで、潔く映画界を引退。
その後、芸能活動は一切行っていません。

芦川いづみに子供はいるの?

そんなお二人の間には、2017年現在、40代後半~50歳くらいの、息子さんがひとりいらっしゃるようですが、芸能関係ではなく、一般のお仕事をされているようで、詳しいことは分かりませんでした。

芦川いづみの現在は?

現在の写真は残念ながら見つけられませんでしたが、一番最近の画像と思われるものを見つけました。

さて、結婚後は、長い間、メディアに登場することがなかった、芦川さんですが、2007年、「日活OB会」で、久々に、公の場に姿を表され、注目を集められました。

下段の左から2番目が芦川さんだそうです。
驚きの美しさですね。
これからも美しい妻として旦那さんを支えていくのでしょうね。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*