赤木春恵の旦那は誰?娘は国広富之と結婚して孫は俳優なの?

おばあちゃん役でおなじみの赤木春恵さん。

最近どうしてるの?

 

赤木春恵さんと言えば?

「赤木春恵 金八」の画像検索結果

赤木春恵さんと言えば、思い出されるドラマはなんですか?

大好き五つ子のおばあちゃんも赤木春恵さんだっけ??
と思ってる方!それは間違いです。
「大好き!五つ子」のおばあちゃんは、茅島成美さんと岩本多代さん
茅島成美さんは、、3年B組金八先生シリーズで教頭先生を演じてたから混乱します!
今回も、画像を探していて、アレ?どっちがどっち?ってなっちゃいました。

赤木春恵さんと言えば・・・
3年B組金八先生シリーズの優しい君塚校長先生
これは、赤木春恵さんにとっての当たり役ですよね。
渡る世間は鬼ばかりのキミさん
泉ピン子さんをいびってる姿、目にこびりついてます。

 

赤木春恵さんって何年生まれ?

1924年生まれの赤木春恵さん。
2017年現在、93歳!というからびっくりです。
そんなにご高齢だったのですね。
確かに、私が小さい頃からすでにおばあちゃん役をされていた気がします。
若いころから老け役をされることも多かったのかもですね。

「死去」とか検索されてる方、辞めてください!!!
まだご健在ですからね。

スポンサードリンク

 

赤木春恵さんは健康?

とても元気なイメージの赤木春恵さんも90代。
年齢を重ねて、身体に色々な変調がある模様。

女優・赤木春恵(93)が、パーキンソン病で「要介護4」の認定を受けていることが16日、分かった。
赤城の娘が同日フジテレビ系「ノンストップ」(月~金曜・前9時50分)で明かした。

パーキンソン病の症状は重いものではないが日常生活は手伝いが必要といい、長文の執筆はできないという。

やはり、年齢も年齢なので、何もなく健康!と言う訳にはいかないですよね。
パーキンソン病は、完治する治療法もなく、大変な病気と聞きます。
ご苦労も多いでしょうね。

 

認知症?!

「赤木春恵 ペコロスの母に会いに行く』」の画像検索結果

映画『ペコロスの母に会いに行く』で認知症の女性を演じたことはありますが、
赤木春恵さんは認知症という情報はありませんでした。
セリフを覚えるのがしんどくなってきたということで、女優の仕事はセーブしているようです。
年齢を考えれば、当然のことですよね。

2013年には森崎東監督の映画『ペコロスの母に会いに行く』に主演し、88歳と175日(クランクイン日の2012年9月5日時点)にして映画初主演を果たす。
これは2008年に当時82歳で映画初主演を果たした菅井きんの記録を大幅に更新するもので、“世界最高齢での映画初主演女優”として、ギネス世界記録に認定された

スポンサードリンク

ということなので、また記録を伸ばされたら素敵だと思います。
なかなか難しいでしょうか?

2017年春には、エッセイを出版されています。

「あせらず、たゆまず、ゆっくりと」の画像検索結果

赤木が14日にエッセイ「あせらず、たゆまず、ゆっくりと。93歳の女優が見つけた人生の幸せ」(扶桑社)を出版した。

文通相手という福山雅治さんが帯を書いたことでも話題になりました。

 

赤木春恵さんのご家族は?

「赤木春恵」の画像検索結果

赤木春恵さんの旦那さんは誰?

1947年、東映のプロデューサーであった栄井賢(本名;小田 賢五郎)と結婚し、一女を儲ける。

赤木春恵さんの旦那さんはプロデューサーさんだったのですね。
旦那さんは、1991年にがんで亡くなってしまったため赤木春恵さんも寂しい思いをされたでしょう。

 

娘さんは?!

赤木春恵さんの娘さんの存在が芸能界で話題になったことがあります。
その話題のせいで赤木春恵さんの娘はある俳優と結婚したと勘違いしている人も多いですね。

1983年6月、ドラマの共演で知り合った水沢アキと婚約破棄。
原因は、赤木春恵の当時26歳の娘との二股交際疑惑。
その後、1988年に一般の女性と結婚。二人の娘に恵まれる。

俳優の国広富之さんとお付き合いの噂があったのです。
国広富之さん曰く、

親同士が昔から仲良しで、
子供の頃から幼なじみの兄妹のような存在だった。

スキューバダイビングの免許を持つ、
同じ趣味の仲間で、男女の関係ではない。

ということでしたが、国広富之さんが当時婚約していた水沢アキさんとは破局してしまったようですね。
しかし、赤木春恵さんの娘さんと国広富之さんが結婚することはなかったようです。

 

お孫さん

「栄井賢 赤木春恵」の画像検索結果

実は、赤木春恵さんのお孫さんは俳優さん。

2013年(第68回)毎日映画コンクールの表彰式が13日、川崎市のミューザ川崎シンフォニーホールで行われた。
「ペコロスの母に会いに行く」で初の女優主演賞に輝いた赤木春恵(89)は「残り少ない人生の中で素晴らしい思い出になりました」とスピーチし、会場を感動に包んだ。

赤木がステージ上に姿を見せると、この日一番の大きな拍手が湧き起こった。
134本目にして初めて主役を張った「ペコロスの母に会いに行く」で女優主演賞を獲得。両膝を痛めており、孫で俳優の野杁(のいり)俊希(24)に車椅子を押されての登場だったが、表情は晴れやかだった。

お孫さんと授賞式に出席したりととても仲の良い関係みたいですね。
赤木春恵さんもかなりご高齢なので、TVでの活躍はなかなか難しいかもです。
でも、まだまだ赤木春恵さんの演技観たいですよね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)