虻川美穂子と旦那「桝谷周一郎」との馴れ初めは?名前は?お店はカレーレストラン?

虻川美穂子さんはお笑い芸人として有名ですね。
結婚してから最近はテレビではほとんど見かけなくなりました。

きっと幸せな結婚生活・家庭生活を営んでいるんだろうな。と思っています。

 

虻川美穂子の旦那は誰?

夫は桝谷周一郎さんです。
東京広尾のイタリア料理専門店「オステリアルッカ」の店主をつとめるイタリアンシェフです。

1973年1月10日生まれで結婚したのは42歳の時でした。

優しそうな方ですね!

夫の生き様がかっこいい!

桝谷さんはもともとパイロットに憧れていて、中学卒業後にパイロットを養成する学校に進学したようですが、この学校に入ってもパイロットは狭き門と知り、わずか3ヶ月で中退します。

見切りが早いですね。

パイロットの夢破れた後、16歳の時に料理の道を志すことを決意しました。
その後に調理師学校に通いつつ、神楽坂にあるフランス料理店で技術を磨き、卒業後は有名ホテルに就職するも、メインダイニングで働くことが叶わずに20歳の時に退職しました。

スポンサードリンク

このタイミングがよかったのか、イタリア料理店を経営する友人の父に誘われて、シェフとして働くこととなる、この店で働きながらも別の有名料理店で修行を積みました。

この間に常連客であった芸能プロダクション社長に誘われ、中国でイタリアンレストランを開業した後、25歳の時に東京に戻り一号店をオープンすることになりました。

開業した時は神楽坂なのですが、現在は恵比寿にお店を構えています。

その後、事業に失敗し一時は借金が2000万円にまで膨れ上がり、自己破産を考えるもなんとか店が軌道に乗り、現在の人気シェフへの道が開けていったようです。

飲食店は借金前提ですから、不安定ですよねー。
しかも、1店舗だけでやっていけるほど甘くはない。
多店舗展開して規模の経済を働かせないと、なかなか商売のうまみが出てこない業種です。

本人いわく、「北京での修業時代が一番つらく、日本人として誇りを失いかけるほど強烈な経験をした」と語っています。

彼がよかったのは、マスメディアに近い人間が近くにいたこと。
これは幸運でしたね。それ自体が広告みたいなものですから。

TBS系の情報半組「はなまるマーケット」では、番組の中の1つのコーナーである「まかないレシピ」という番組に出演し、自身のレストランで出るまかない飯を披露していました。

その時のロケで、現在の奥さんである虻川美穂子さんが桝谷さんに一目惚れしてしまい、交際がスタートしました。

途中、熱愛が週刊誌にバレて報道されるなどがありましたが、順調に交際を重ね、フジテレビ系の「はねるのとびら」で虻川さんが桝谷さんに公開プロポーズして結婚
2010年10月24日に入籍しました。

虻川さんと結婚したことも影響しているのか、桝谷さんはテレビの出演が増え、彼がシェフをつとめる「オステリアルッカ」もテレビで取り上げられる機会が一気に増えました。

また、虻川さんとのつながりで芸能人がお店を訪れるようになり、ますます繁盛することになったようです。

結果オーライですね!
集客さえできれば、お店は回ります。

しかし・・・・

 

離婚危機なの?

「踊る!さんま御殿!!」に2人で出演した時には、桝谷さんの虻川さんに対する態度があまりにひどいと話題になったこともあるようです。

いかにも虻川さんを見下してるようで、虻川さんも嫌そうな顔しており、とても幸せな結婚生活を送っているようには見えず、すぐに離婚するのではないかと心配されていました。

その後、虻川さんが別の番組で、

「旦那が一緒のベッドで寝てくれない」
「スキンシップをとろうとしても拒否される」
「旦那ばっかり結婚後うまくいって私はまるで利用されているよう」

などと涙ながらに訴えているのが放送されると、「やっぱり売名だったのか」と言われるようになり、離婚秒読みとまで言われるようになりました。

彼はバツイチ子持ちなどの噂が飛ぶようになりましたが、これはデマのようです。

そのほかにも・・・

スポンサードリンク

2011年に放送されたアメトークでは、

「私はいつでもOKなんですよ。新婚ですから。旦那が疲れてなかなか・・・。
だから自分から攻めたりしたのですが、ちょ、ちょ、美穂子、美穂子って言われたことがあって・・・」

と発言し、翌年のナイナイアンサーでは、

添い寝をしようと近づいてみると「暑苦しいから離れて!」と言われて傷ついた。

と告白しています。

もっとプライベート情報を見ていきましょう。

2012年12月に放送された解決ナイナイアンサーでは、こんな不満をぶちまけていた。
「添い寝をしに行くんですよ。そしたら、暑い!暑い!とかいうんですよ」
芸人が話しを面白くするために冗談も交えるが、彼女の場合は半分以上が本音のようだ。

さらに、「桝谷さんは店が終わると、近くの飲食店でご飯を食べてから深夜に帰るので、夫婦で食べることはほどんどないんですって、一緒に休日を過ごすのも、月に1回程度しかないって嘆いていました」(虻川の知人)

夫が家でご飯を食べない理由は、虻川の料理にあるという。
虻川さんは料理が苦手なんですよ。味付けが極端に薄いため、桝谷さんは、炒め物にマヨネーズをつけるそうです」(同上)

一刻も早く子供がほしい虻川は努力をしているが夫は冷たいそぶりをみせるばかりで、虻川にも不満が。

「虻ちゃんが慣れない勝負下着でアピールしても、旦那さんは断ることが多く拒否をしているそうです。」(芸人仲間)

付き合ってる時と結婚してからの温度差は必ずありますが、これくらいになるとつらくなってくるかもしれません。

2013年8月、夫・桝谷周一郎氏から別れ話を切り出されているという。

女性お笑いコンビ・北陽・虻川美穂子が、深刻な離婚危機に直面しているそうだ。
飲食店オーナーで夫・桝谷氏から「もう無理」と別れを切り出されており、関係修復を望む虻川が必死に抵抗するも、桝谷氏の決意は固い様子だ。

「このところ、虻ちゃんが何か思い詰めたような顔をしているので心配していたんです。そしたら、夫婦関係がうまくいっていないって・・・」(放送作家)

夫に他に女ができたとかではなく、単純に合わないということです。もともと桝谷さんはしおらしい女性がタイプ。対する虻川はガサツな性格。最初から合うはずもなかった・・・と言えばそれまでなんですけどね。番組企画で結ばれた2人だけに魔法が解けたといった感じですね」(事情を知る人物)

夫の申し立てを、虻川は「お願いだから捨てないで~」と拒絶しているそうだ。
しかし、夫の決意は固く、虻川も「もうダメかも・・・」と周囲に弱音をこぼしているそうです。

まぁ実際には離婚していないんですけどね。

2014年3月上旬の夜、都内のイタリアレストランで虻川美穂子は機嫌良くワインを飲んでいた。
「両親と食事に来て多用です。飲み過ぎた~といいながら、店員に絡んでいましたよ」(客)

23時半頃、食事を終えた一行が帰ろうとすると、白いエプロンを巻いた男性が外まで見送りに。
この男性こそが、虻川の夫でこの店のオーナーシェフ・桝谷氏である。

2010年9月に虻川は結婚をしたが、結婚当初はラブラブだったのだが、結婚をしてから半年ほど経つと、「旦那が疲れ切って帰ってくる毎日で、夜の夫婦生活も寂しい」とテレビで暴露するようになる。
離婚危機であることがわかった。

離婚危機を乗り越えるために、最近の虻川は、夫婦の時間を少しでも作るために、夫の店をよく訪れるようになったそうだ。

「虻川さんはよく見かけますよ。週に1回は来てるのではないでしょうか?」(常連客)

虻川が夫の店に通い詰めるのは、他にも理由があった。

「2013年の夏頃、結婚して3年経つけど、旦那とは年に1回しか一緒に夕食を食べられないと。桝谷さんは夕食の時間は基本仕事で、帰ってきても桝谷さんが食べているのを見ているだけなんだそうです。だから、虻川さんは自分が店にいけば、彼の顔を見ながら夕食が食べれると思い立ったのでしょう」(虻川の知人)

しかし、そんな妻の気持ちは逆効果になっているようだったという。
「あんまり頻繁に来るので、桝谷さんもちょっと仕事にならないと、うっとうしがっていましたよ」(飲食店関係者)

仕事とプライベートを一緒にされると困りますね汗

 

子供は?

2014年には虻川さんは妊娠を発表し、2015年2月3日には無事に第一子となる長男を出産しました。

子供は帝王切開で誕生したそうです。

帝王切開での誕生となった理由としては、初産が40歳という年齢であったため、とか逆子であったためといわれています。

 

名前が決められない?

そんな虻川美穂子でしたが、自身が出演を果たしているヒルナンデスにて、子供の名前を考えていることを発表していました。

何かいい名前はないか?と子殿も名前を募集もしていたため、ネットで虻川美穂子の子供の名前がどうなったのかと騒がれていたようです。

いい名前が浮かんだら事務所に連絡してください。などとも話していた虻川美穂子から、名前をどうしようか悩んでいた様子が伺えました。

その後も特に名前が決まったという報告はないので、未だに名前は決まっていないようですね。

自分の子供の名前くらい自分たちでつけようぜ・・って思ってしまうのは私だけでしょうかw
まぁ今はさすがに決まってるでしょうけどねw
公表されていないだけでしょう。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*