丸岡いずみと旦那・有村昆の画像。交際歴となれそめは?子供はいる?うつで顔が。。。

アナウンサーの丸岡いずみさんの旦那さんについての情報をまとめていきます!

 

旦那は?

スポンサードリンク

丸岡いずみさんは、2012年8月28日に映画コメンテーターの有村昆さんと結婚されています。

有村昆さんについて↓

20160915-00000024-mantan-000-view

本名  藤村 昆(ふじむら こん)

愛称  アリコン

生年月日  1976年7月2日(37歳)

出身地  マレーシア•クアラルンプール

最終学歴  玉川大学芸術学部演劇学科卒、東京アナウンスセミナー卒

血液型  O型

身長  170cm

体重  59kg

事務所  ホリプロスポーツ文化部所属

特技  殺陣(戸隠流、忍法体術)、和式馬術

趣味  マニアックなDVD鑑賞•収集•紹介、歴史(主に戦国時代、三国志)、ゲーム(オールジャンル、特にファミコン)、自主映画制作、落語、手品

趣味がマニアックですね。

有村昆さんの父親(藤村延魚さん)は、名の知れたホテルマンだったらしく、最終的にはアメリカの「チョイスホテルズインターナショナル」という会社の、副社長をしていました。

日本と違って、アメリカの役職がついている方たちの給料は高額ですからね。

また、藤村延魚さんは、業界では有名な方で、観光ジャーナリストとして出版物も手がけています。

*チョイスホテルズインターナショナルはホテル運営を行う会社です。

2002年9月には、世界46か国に約5100件のホテルを展開し、ホテル数では世界第2位のホテル会社に成長しています。

100218_005125
100218_005125

実家がかなりの金持ちのようですね^ ^;

お年玉は100万円の振り込みだったとか。。。

 

馴れ初めは?

images-62

有村さんが丸岡さんを知ったのは、スポーツジムで走っている時でした。

たまたまその場のTVで見たミヤネ屋での丸岡さんの姿を見て一目惚れ。

周囲に丸岡さんがかなりタイプだということを言いふらし、共通の知人を見つけ、なんとか男女6人の食事会に漕ぎ着けたそうです。

一方、丸岡さんは有村さんのことをまったく知らず、「一体誰ですか?その方は」という感じでした。
有村さんはかなり積極的でした。
その時に携帯番号とメルアドを交換しました。
それから、「デートに行きましょう」といった、迷いのない直球メールが頻繁に届くようになりました。
でも、土、日も取材に出かけるほど忙しかったので、なかなか会う時間が作れません。
初めてのデートは、7月の終わり頃。
すでに、丸岡さんのうつ病の具合は悪くなっていました。
かなり積極的にアプローチされてたんですね。
ストーカーに近いほどだったようですが、結果このアプローチがきっかけで交際に発展したようです。

うつ病にかかった丸岡を支え続けた結果。。。

cb9af_97_979026ee_5c02c1ee-cm

丸岡さんが自身の体調の異変に気付いたのは震災後の2011年7月だったと言います。
震災現場での報道で疲れが溜まり、食欲が落ち、しまいには一睡もできなくなってしまったそうです。
休むことが許されない環境の中、無理をしながら何とか仕事を続けていましたが、8月29日民主党代表選挙の日に、とうとう限界が訪れ、翌日から長期休業を決断しました。

その後、丸岡さんは闘病生活を余儀なくされることに。

有村さんの誘いも、断っていたようです。

ちなみに、うつ病と診断される前に、デートしたのは、2回だけだそうです。

丸岡さんの病状は悪くなる一方でした。

7ll1zyte_20160911154750

症状はかなり重かったようで、精神科に搬送されたこともあるようです。

ご飯をまともに食べられないので体力が落ちてしまって、実家の階段の上り下りもできず。

床にお尻をついたまま、這うようにして移動していましたね。

身なりもグレーのジャージばかり着ていて、髪もボサボサ。

かなり深刻な状況だったようですね。

20131109_okamuratakashi_18

有村さんはそんな丸岡さんを支え続けたようです。

スポンサードリンク

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-56

有村さんはうつ病の本を沢山読み、どうしたら丸岡さんを救えるのか一生懸命勉強したそうです。

丸岡さんとのやりとりが途絶えた後も、有村さんはたくさんのメールを送っていました。
最後にもらったメールには、「返信できないほど苦しいのは分かっているから、返事を送らなきゃと思わないでね」と書いてありました。

有村さんの思いやりが感じられるエピソードですね。

当時のことについて丸岡さんは、

7af85415

夫(映画コメンテーターの有村昆さん)とは交際前でしたが、実家に戻っている間も連絡を取り合いました。
鬱病だと電話で告白したら、「誰でもなる病気だよ」と、意外な言葉が返ってきました。
そんな考え方をする人もいるのだと、ほっとました。

その後、丸岡さんの症状は回復、仕事復帰もされています。

復帰前と比べて顔が丸くなったと言われていますが、年を重ねても美貌は健在ですね^ ^

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-54

有村さんとも、再び連絡を交わすことになりデートを重ねて交際に至ったとのことです。

交際中も有村さんは献身的に丸岡さんに尽くしていたそうですね。

徳島と東京の遠距離恋愛。有村さんは忙しい仕事の合間に時間を作って、徳島まで会いに来てくれました

デートのたびに外出していては、「ご両親が心配するだろうから」と、有村さんは実家まで挨拶にも来てくれました。

朝一番の飛行機で来て、その日のうちに夜行バスで帰っていきましたが、両親は、「誠意のある男性」だと喜んでいました。

この有村さんの誠意が伝わり二人は結婚することになりました。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-57

丸岡さんは昔から、「自分の具合が悪い時に一緒にいられる人と結婚したい」というのが、第一希望でした。

丸岡さんの希望に、まさにぴったりハマったのが、有村さんだったのです。

うつ病だった丸岡さんをサポートする有村さんの優しさが結婚の決め手だったのです。

まさしく理想の相手といえますね^ ^

結婚生活は?

images-63

以前テレビで、丸岡いずみさんが、有村昆さんの異常な愛情行動について暴露していました。

なんでも、愛情表現が豊かすぎて、ウザイとのこと。笑

ビデオ撮影が好きな有村昆さんは、何でも映像に撮りたがるそうで、奥さんの映像もかなり撮っているとか。

内容は丸岡いずみさんの姿だけをひたすら撮影しているもので、撮影しながら「はぁはぁ…」と犬のように興奮するらしいです。

ちなみに、タイトルは『いずみん』。

いつかは、撮りためたテープで映画を作ると豪語していました。

さらに、有村昆さんは匂い好き
1日に2、3回丸岡いずみさんの頭のにおいを嗅ぐだけではなく、最近では、脱いだ衣服の匂いを嗅ぐまでに成長されたそうです。

結婚一周年を記念して『結婚記念日』という歌を4日間寝ずに作詞作曲し、カラオケ店に自前の機材を持ち込んで妻の前でオリジナルラブソングを熱唱されたそうです。

奥さんを溺愛されている様子が分かりますね^ ^;

やや変態じみたエピソードですが、それだけ丸岡さんに対する愛情が大きいのでしょう。

また、二人の愛情がわかるこんなエピソードも↓

 

ドッキリで妻の浮気が判明。。。

映画評論家の有村昆(39)が、9月29日放送『芸能界煩悩CUP』(フジテレビ系)に出演。

今回、番組では有村にドッキリを仕掛けた。

彼の妻であるフリーアナウンサー・丸岡いずみ(44)が街中で男性と腕を組み歩いている“浮気写真”を撮られ、パパラッチから「この写真を買わないか?」と脅される……という内容だ。

マネージャーから件の写真を見せられた有村は「お腹痛くなってきた」と、困惑のリアクションを。

しかも丸岡アナに事の真偽を確認すると、「申し訳ないと言うしか……」と認めてしまう始末。

夫・有村は「写真が世に出てしまうと、いずみん(丸岡アナ)のイメージが……。キャスターとして頑張ってきたわけだから、なんとかしてあげたいと思う」と、妻を第一に考える態度を見せる。

しかも「こうなった原因はいずみんが悪いかもしれないけど、気持ちを浮つかせてしまった僕にも原因がある」と、優しすぎる仰天の気遣いまで。

結果、有村は“宝物”として大切にしている愛車・デロリアンを売却することを決意! その売却額(約1000万円)をパパラッチに払い、浮気写真を揉み消してもらうよう申し出たのだ。

w600_209f0eb1701cef551825646ff511434eab1822ad45b5e204

もちろんこれはドッキリなので、すんででスタッフが突入してネタばらし。

デロリアンを売却する必要はなくなったが、ここまで想い、愛してくれる夫を持った丸岡アナは幸せ者だ。

wildstyles_arimurakon16

本当にいい旦那さんですね!

今後も二人で、幸せな家庭を築いていってほしいです^ ^

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*