佐田真由美の旦那は野村訓市。画像。ブログは?子供は学習院で名前は?

モデル、女優として活躍されている佐田真由美さん。
彼女の旦那はいったいどんな仕事をしているんでしょうか?
また、子供の顔写真もあり!必見です!!

WS000009

 

旦那は野村訓市?画像は?

佐田さんは2008年10月1日にプロデューサー、
クリエーターとして活躍されている野村訓市さんという方
と結婚されました。

 

1973年東京生まれ。幼稚園から高校まで学習院、
大学は慶応大学総合政策学部進学。

WS000005

WS000006

めちゃくちゃおしゃれな方です。

さて、プロデューサーとかクリエーターとか
名乗っているけど、実際どんなことをしている
のか気になりますよね。

世界のフェスティバルを追ってのアメリカ、アジア、ヨーロッパへの
旅をしたトラベラーズ時代を経て、99年に辻堂海岸に海の家「SPUTNIK」をプロデュース。

また同名で「IDEE」よりインテリア家具や雑誌なども制作

現在「TRIPSTER」の名で幅広くプロデュース業をする傍ら、雑誌などで執筆業も行う。

家具や雑誌を作って売ったり、執筆してみたり…
本当にいろいろなことをされていますね。

確かにこれじゃ「何屋さんしてます」って名乗るのは難しいですね。

 

そんな野村さんですが、彼にはある“ポリシー”があるみたいです。

佐田真由美の旦那、野村訓市さんはインタビューで、
一貫して決めていることが「好きな仕事だけする」ということだそうです。

そして肩書き商売というのを嫌い、
肩書きだけで判断されることはおかしいと感じるそうで、
そのため相手の肩書きも信じないそうです。

好きな仕事だけする。

これは誰もが憧れることではないでしょうか?

 

世の中では、いい高校、大学を出て、
安定した優良企業に入ることが幸せなことだと言われていますが、
個人的には本当に幸せなのは、自分の好きな事をして生計を立てること
だと思います。

 

理想はそうでも現実は難しい。
っと言われるかもだし、実際にそうだと思うのです。

しかし常識に縛られている部分も結構大きな気がします。

たとえば、「何々屋さん」のように、
一つの商売だけで経営をするのが常識だとされていますが、
流動性の高い今の時代だと事業を存続させるのはなかなか難しい気がします。

 

しかし野村さんのように常識にとらわれず、
「何々屋さん」ではなく、自分というブランドを活かして、
言い換えると、「職業 野村訓市」としていろんなことに手を出していく。

その結果として複数の収入源ができる。

こう考えると、自分を好きなことを仕事にするのは、
そこまで難しいことではないのではないか?
と思えてきますね。

スポンサードリンク

正直、世間から見ると野村さんの仕事のスタイルは
今では非常識かもしれませんが、今後は常識とまではいかなくても、
“よくある生き方”に変わっていくのではいかと予想しています。
(最近は専業のyoutuberも増えてきてるみたいですしね。)

 

子供の名前は?

佐田さんと野村さんの間には、2人の娘さんがいるみたいです。

2009年4月6日に長女が、
2010年11月4日に次女が誕生しました。

さて、気になるのは名前と画像ですよね。

 

子供は一般人なので、ネットで調べてもわからないかな?
と半分あきらめていたのですが、
佐田さんがアメブロでオフィシャルブログを運営されていて、
そこで長女の名前と画像を見つけることが出来ました。

WS000008

WS000007

「タニヤちゃん」って言うんですね。

ちょっとハーフっぽくてめちゃかわいいです。
将来の夢はやっぱりモデルさんなのかな?

次女に関しては残念ながら名前も画像も
見つけることはできませんでした。

 

学習院?

2人の娘さんが、あの名門校の学習院幼稚園に通っているとネットで話題になりました。

WS000011

都内のとある閑静な住宅街で話題になっているこの“母ちゃん”とは佐田真由美(37才)のこと。

ところが4月中旬のある朝、次女(4才)の手を引きながら自宅マンションから出てきた彼女は、近隣で見かけられる普段の様子とはひと味違った気品あふれる淑女スタイル。

紺のロングコートに薄めだけど、しっかりメーク、パールのイヤリングが控えめに光っていた。

最寄り駅から電車に乗ったふたりが向かったのは、都内にある格式高い超有名私立幼稚園。

この日は、次女の入園式だった。

 

「実は昨年、佐田さんの長女もこの幼稚園に入園しているんです。
野村さんは幼稚園から高校までこの学校に通ってましたから
“自分の子供たちも絶対にこの学校に入れたい!”ってずっと言っていたんです。

とはいえ、歴史も伝統もある超名門で、良家のお子さんも多く、
単に倍率だけでははかれない狭き門でしたから、
佐田さんのお受験へのプレッシャーは相当なものだったと思います」(佐田の知人)

そんな中、彼女は2人の子供を見事合格させたのだった。

 

名門校と、ぼかされていますが、
野村さんは幼稚園から高校まで学習院だったので、
2人の娘さんは学習院に通っているのは間違いありませんね。

教育熱心な佐田さんもプレッシャーは相当だとは思いますが、
一番プレッシャーもストレスもかかってたのは娘さんだと思います。

でも無事に合格できたみたいで、2人とも良く頑張ったなって感心します。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*