羽田美智子の旦那は水中カメラマンの広部俊明?画像あり。宗教?

今回の記事は女優の羽田美智子さん。

整った顔立ちでしっかりしてそうですが、
鞭打ちをどこかの国の刑と思っているなど、天然キャラの一面も。
そんな羽田さんの旦那さんの情報についてまとめてみました。

@ƒCƒ“ƒ^ƒrƒ…[‚É“š‚¦‚鏗—D‚̉H“c”ü’qŽq‚³‚ñ

 

宗教に入っている?

旦那さんの情報の前に、羽田さんが何かしらの宗教に入信しているという噂があります。

日本は信教の自由があるので、宗教に入信するのは自由です。
しかしこの不景気の時代、宗教を盾にしてお金を搾取しようとする輩も多いですよね。

羽田さんが宗教に入るのは自由ですが、やっぱり心配です。
なので宗教に入っているという噂をちょっと調べさせてもらいました

調べたところ、どうやらこの噂はガセのようです。
どうやら人違いから噂がでた模様。

宗教と関係あるのは羽田美智子さんでなく若村麻由美さんのことのようです。

17923_original

 

顔が少し似てるから勘違いされたんでしょうか?

スポンサードリンク

そして若村さんと宗教との関係はというと、
どうやら若村さんの元旦那が宗教の教祖なのだそう。

名前は小野兼弘さん。
宗教団体「釈尊会」の会長をされていました。

default_91f079ed66800e69916c6b6d593fa814

元旦那というのは2007年に肝不全で54歳という若さで逝去されているからです。

失礼ですが、体型的になんとなく納得してしまいました。

 

旦那は?

さて、気になる羽田さんの旦那さんはこの方。

o064204681299748461876

お名前は広部俊明さんというそうです。

職業は水中カメラマンをされており、
日本最大の海底鍾乳洞である「広部ガマ」を発見されたスゴイ方です。

ダウンロード

では、女優の羽田さんと水中カメラマンの広部さんの出会いのきっかけ
は何だったのでしょうか?

スポンサードリンク

お二人の出会いの始まりは、番組の企画
羽田美智子が広部俊明さんと知り合う機会
があり、番組企画の中で羽田さんがダイビング
を行うことになり、しかしそれは初体験のため、
ダイビング中にパニックに陥ってしまう羽田さん
へ、心理学を学んだ経験のある広部俊明さんが
ダイビングできるように指導して、そこから2人は急接近!

この件で、羽田美智子の彼に対する信頼感が
大きく芽生え結果、仕事の悩みを広部俊明さんに電話するようになり、
お付き合いが始まったそうです。

そこから8年ぐらいは友達だったそうですが、
その後特別な人となり、
出会ってから10年目で見事ゴールインされたみたいです。

 

別居している?

お2人は現在別居されているという噂があります。
調べてみるとどうやら本当のようです。

しかし、“夫婦の仲が冷めて別居”というのではなく、
すこし特殊な事情があるのだとか。

ご主人である広部俊明さんは仕事が水中カメラマンとして活動しているため
夏場は仕事の場所である、沖縄で過ごすそうです。

妻の羽田美智子さんは女優という職業柄
沖縄で広部俊明さんと一緒に暮らすというのも難しいでしょうね。

お互いに仕事のために、夏の間だけお互い別居して生活する
という「別居婚」状態とのこと。

別居すること前提の結婚だったようですね。

旦那の広部さんは職業柄一生独身でいる覚悟もあったようです。

傍から見ると少し冷めた夫婦関係のように感じますが、
本当はお互いを受け入れた深い絆でつながっている夫婦のようです。

 

夢工場物語

旦那の広部さんのお名前で検索すると、
“夢工場物語”という関連キーワードが出てきます。

夢工場物語が一体何なのかというと、
その答えは広部さんのブログにありました。

さてブログもオフィシャルになったことだし
水中探検家のブログなのに
なんで夢工場物語があるのかと分からない人のために基礎情報を
自分 広部俊明は1986年にポニーキャニオンから夢工場というバンドでデビュー

来年2011年にバンド結成30周年を迎えるにあたって
(なんとメンバーチェンジなしにここまで来た)
バンドの歴史を振り返ってみようと夢工場物語を始めたわけだ
このバンドがなければ、ダイビングにも出会っていなかったし
水中探検家や水中カメラマンにもなっていなかったんだよね

五人が同じ中学でバンドを結成して活動をしながらここまで来た
今はそれぞれ他の仕事もしてるけど、解散という言葉は出なかったね。

どうやら夢工場物語とは、広部さんのバンド名ということでした。
バンドを立ち上げた時の広部さんの画像はこちら↓

t02200304_0800110610618791594

かなり男前ですね。

顔もですが、水中カメラマンを生業にしたり、
バンドマンとしても活躍したりなど、生き様も男前です。

まさに“わが道を行く生き方”で正直あこがれちゃいます。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA