東ちづるの旦那(夫)の現在は難病で闘病中?病名?子供は?

今回は、東ちづるさんについて、ご紹介したいと思います。

旦那は?

どんな男性と結婚したのか気になりますよね。

夫の画像はコチラ。

WS000007

彼女が結婚相手に選んだ男性の名前は、堀川恭資さんです。

年齢:48歳
職業:和食店経営・キャスティングコーディネーター
結婚指輪も新婚旅行もないまま夫婦生活がスタートしたが、2009年8月にサプライズで挙式

交際期間は?

8年間という長い間、お付き合いした結果、めでたくゴールインしました!

年齢は、彼女よりも、2歳年下ということで、姉さん女房ってな感じでしょうか!?

 

入籍日は?

2003年8月28日

結婚式を開くにあたり、東ちづるさんは以下のようにコメントを残しています。

スポンサードリンク

入籍から6年遅れて挙式を挙げた。

東ちづるさんは、取材に、

「結婚っていいですよ。自由とか喜びが倍で、つらさは半分になる。」

と答えた。

WS000008

 

病気なの?病名は?

2010年に、堀川恭資さんが「ジストニア痙性斜頸」にかかっていることが判明。

夫の病気を発見した時の状況について、以下のように情報があります。

異変を感じてから病名が判明するまで1年半かかった。

思うように話せず、一時は車いすも必要だった。

治療を行い、今は軽い散歩や運転もできる。

 

夫の変わった様子に危機感!?

「夫はそれまでもたまに右肩に違和感があるといっていたんです。

決定的だったのは、友人とゴルフに行った際、
ゴルフのスイングが以前と変わったと言われたそうです。

最初は整形外科に行きましたが、異常なしと診断されました。

スポンサードリンク

いくつか病院も行きましたが、原因がわからず、
ストレスでは?と言われたり、自律神経失調症ではないかと言われたり・・・
それで神経内科の医者にかかってようやく病名が発覚したんです。」

 

ジストニア痙性斜頸ってどんな病気?

局所性ジストニアの一種。

通常は25~55歳の間に起きるが、80%以上が50歳以前に発症。

《局所性ジストニア》
意思と関係なく筋肉収縮(けいれんなど)を引き起こす神経性の病気。

 

どんな症状が表れる?

《症状》
筋肉の異常緊張により、本人の意思とは関係なく首が不自然な姿勢となる。
筋肉に痛み、しびれ、けいれん、強烈な肩こりなど起こす。

《症例》
頭が回転・ゆれる
頭が前後左右に傾く
正面が向けない
首がけいれんする
肩が上がる

 

原因はわかってるの?

通常は原因不明

しかし、少しだけわかっていることも・・・

疲労やストレスで悪化する傾向がある

「病は気の持ちよう」ということでしょうかね(´・ω・`)

 

治療法は見つかってるの?

原因不明のため、現状では対症療法しかない。

治療法(1):内服薬

治療法(2):ボトックス注射

治療法(3):手術療法

治療法(4):バイオフィードバック療法

これだけ発達した国においても、いまだに解明されていないことは多いですよね。

いや、むしろ、解明されていることよりも、解明されていないことのほうが多いかも。

 

夫が病気でも、明るく振る舞う嫁の姿に感動!

東が明かした。

首の筋肉が緊張し、けいれんしたり左右に傾く「ジストニア痙性斜頸(けいせいしゃけい)」で、
異変を感じてから病名が判明するまで1年半かかったという。

10年夏に判明した当時は思うように話せず、一時は車いすも必要だったが、
治療を重ね、今は軽い散歩や運転もできるという。

東は「最近はだいぶよくなったし、3年ぶりに温泉に行こうって、話もしているんです」

と近況を明かしている。

 

子供は?

子供さんはいないようです。

結婚した時期も晩婚といわれる年齢だったこともあるかもしれませんね。

不妊報道などもされていません。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA